2017年09月24日

日本スポーツマスターズ 番外編、【前夜祭】


image.jpeg



日本スポーツマスターズの前夜祭は、

image.jpeg

神戸ポートピアホテルで開催され、




image.jpeg

大勢の選手、スタッフや関係者が集まりました。


image.jpeg

自転車レースのMCでもお馴染みのお二方の司会で進められました。



image.jpeg

image.jpeg

高円宮妃殿下様のご挨拶や、


image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg


大会シンボルメンバーによる挨拶や、


image.jpeg

鏡開きにより幕が開かれました。



image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

たくさんのお料理があり、お腹いっぱいで全ての種類を食べきれなかった…

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

サンバダンスを皆んなで踊って楽しんだり、


image.jpeg

日韓交流で、日本語と韓国語を何と読むかのジェスチャーゲームなどもありました。


image.jpeg

京都代表からは私一人の参加でしたが、
他府県選手の方や、自転車以外の競技の選手、


image.jpeg

シンボルメンバーとの交流も持て楽しかったです。


image.jpeg

最後は記念品のアレコレをいただいて帰路へ。


また来年の出場を目標に頑張ろう〜

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ。









posted by 桃春momoharu at 09:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

完全休養な日々★★★★★


日本スポーツマスターズが終わった翌日から完全休養。
を、自転車先生と固く約束する。
約束しないと天気は良いし風も穏やかだしサイクリングにでもっと、
コソコソと出掛けたくなる。
あぁ家の空気入れを没収してもらえないだろうか…

でも分かってる。一度ガチガチに張った筋肉は一旦緩めてあげて、
また練習を再開すれば更に良い筋肉になってくれることも分かってる。
うぅ…焦らず我慢がまんだ。


image.jpeg

そんな私の休息日を利用して、



image.jpeg

本日は自転車先生のマネージャー兼アシスタントをすることに。



image.jpeg

我がチームMOJYUMAには月間距離報告があり、
年間走行距離総合優勝者には賞金がでるというのに?
先週のマスターズでは全身全霊でサポートしてもらい、
一ミリも自転車に乗せてあげることができなかったので、
今回は私がそのお返しをする番…。




image.jpeg

午前中にスタートして片道約80kmを走る計画。



image.jpeg

あぁ、楽しそうだ。
実に楽しそうだ…。




image.jpeg

軽快に走っていると、
途中、本家本元の★柄パンツの競輪選手の二人を抜いてしまった…。
後ろから追ってこないかちょっぴりドキドキした。
いや、ちょっぴりじゃなくてかなりヒヤヒヤ。
競輪選手の二人が見えなくなるまでバックミラー直視w





秋の交通安全週間でもあり法定速度をしっかり守る。

平地も下りも上りも法定速度をしっかり守れというので、
上りもしっかりと法定速度を守っていると、
シッティングからダンシングで着いてくる着いてくる。

そのまま法定速度を守り続けていると、
ダンシングが荒々しくなりガツガツガツガツ着いてくる。
最後の頂上が見えたところでニヤリと笑みを浮かべてドロップ…

image.jpeg

苦しそうだ…。
楽しい…
実に楽しい…。


image.jpeg

目的地に到着すると80km走って消費カロリーたった700kcalなのに、
『もう脚パンパンや〜』っとへたり込む。
追い込めたようで良かったです。


image.jpeg

美味しいご飯を食べて、温泉に浸かってリフレッシュもできたし、
さぁ、自転車乗って帰ろうか〜…。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ。
posted by 桃春momoharu at 20:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

日本スポーツマスターズ2017兵庫で表彰台★★★★★

9月16、17日はニ連戦で日本スポーツマスターズに参戦してきました。


8月に開催されたシマノ鈴鹿ロードでは、集団内で特に何の動きもできなかったので、
最後のゴールスプリントは入賞しなくて4位で良かったと思いました。

マスターズの一週間前に開催されたJBCF舞洲TTとクリテリウムは、
翌週の本番の為にと金曜日にトラックの練習で追い込んで翌日TT。
正直、全身の筋肉がパンパンでした。
いつもトラックの練習でお世話になっている小原さんにも、
踏めなかったでしょ前日にトラックに入るなんて追い込みすぎー。
早く休んで回復させてと苦笑いされました。

翌日のクリテリウム当日は更に体が疲れきっていて、
心拍が上がらない状態だったので敢えて心拍計を外しました。
アップをしていても心拍が一向に上がりませんでしたが、
それでも走らなければならない理由が私にはありました。

それは、春の舞洲クリテリウムのゴール後に、
『私と同調して走りたい』、『もっと積極的に走りたい』と言いに来てくれた選手達が、
今回はどんな走りをするのか、勝手に私に約束してくれた選手の真相を確かめたかったから…
レース直前に、『最初から逃げれるよう積極的に走ります。』とか、
『お春さんに着いていきます』っと宣言しにきてくれた選手達…。

(あの〜…ワタシノチョウシガトテモトテモヨロシクナイ…w)

とは、口には出せなかった…。


まぁ、一生懸命に走って応援してくれる皆を盛り上げたいって事なんだろうと、
最初から逃げると言ってきた選手よりも私は更に先行して走る作戦でした。
リアルスタート直後に6、7割くらいでダッシュしたら後ろにオレンジ色の選手が着いてきた。
あれ???オダエリちゃんに、TTチャンピオンの伊藤選手が続く…
伊藤選手が行ったら行こうと思うが行かないので一旦仕切りなおす。
そうこうしていたら予想以上に自分の体力の限界が早く訪れたw

25周回中9周回目に終了。
レースは、私に積極的に走ると宣言した選手達が前を積極的に引いてたので、
強力選手が後ろでずっと休んでいて最後の美味しいところだけ持っていく展開。
レースでは、『上手さとセコサは紙一重』なんて言われたくありませんね…。

私に積極的に走ると言ってきた選手はみんな宣言通りに頑張っていたので、
しんどい時こそ私も本気で頑張らなければなりませんでした。
レース後、会場に来れなかった自転車先生からのラインが入っていて、
『だめでも良いから練習したことをやってみること』
『やった結果駄目になっても決して無駄ではないから』
という言葉を見て救われた気がしました…。


舞洲クリテリウムから一週間後の
本命にしていた、『日本スポーツマスターズ』までは、
疲れた体を休めることに専念しました。

結果は、500mTT 3位表彰台
     2km個人追い抜き 5位入賞

image.jpeg

日本最高峰のマスターズの大会に京都代表選手として初出場させて頂き、
好成績を収められたのは、応援してくださった皆様や、
出場するに当たりお力を貸してくださった皆様、
そして大会当日は台風による悪天候で開催自体が危ぶまれた中、
運営してくださったスタッフの方々のお陰であると心より感謝しています。
本当にありがとうございました…。


image.jpeg

さて、レースは悪天候のなか開催され、
初日のお天気が土砂降りだったのですが、
私は雨のレースこそ強い。と思っています…。

振り返ると私がトラックに入ろうと決めたきっかけは、
昨年の山口県で開催されたJBCFのクリテリウムのゴールスプリントで、
一人の外国人選手が逃げ、それを捕まえられないと分かった追走集団が狙える表彰台は二席。
私は最終周回で集団の先頭に出て最終コーナーから残700mほどの早掛けスプリントを開始。
捕まるか捕まらないかという一か八かだったけれど、いけると信じてスプリント。
それまでゴールスプリントに残っていれば後ろから差されることは殆どなかったのに、
ある選手に勢いよく刺されました。その時も土砂降りの雨が降っていました…。

後日聞いた話、私を刺した選手はトラックが得意だと知り、
『トラックが得意な選手にスプリントで刺されるのは仕方がない』…
と言われたのですが、その言葉が私に火をつけ、
私も真剣に取り組んでみようとトラックに入ってみることにしました。
その選手は私がトラックに興味を持ち取り組む姿を歓迎してくれたので、
まずはその選手を目標にして練習しました。
使用ギアの歯数やギアの選択方法などたくさんのことを教えてもらいました。


最初はピスト車にはブレーキが無いということに恐怖を感じ、
フェンスにつかまるか、誰かに支えてもらわないと漕ぎ出すことさえできませんでした。
しばらく練習していくとスタートダッシュにも力が入れられるようになり、
レースではスタートの際にペダルから足が外れると失格だということで、
私もいよいよ皆が付けていたシューズとペダルを縛るバンドを付けることになりましたが、
最初はバンドを縛る、緩める、外すといった動作を何度もイメージトレーニングをしてから、
いざ本番。フェンスや柱、支えてくれる人を鷲摑みにして、走る前に異常な脇汗…。


と、そんな苦労はたくさんあったのですが意外とトラックを走ることには直ぐ慣れて、
向日町、明石、岸和田、333mの奈良、
この荒れた路面で走れればどこでも走れると言われた関西サイクルセンターも無難に走れました。


一年に一度開催される最高峰の、『日本スポーツマスターズ2017』に出場を決めてからは、
大会までに二ヶ月しかなかったので、月一回開催される『関西トラックフェスタ』や、
ネットで調べたりお友達に教えてもらい、各バンクで開催される『愛好会』に参加させて頂いたり、
『関西サイクルスポーツセンター』の年間パスを購入して、
一時間しか乗れない日であっても往復4時間かけてできるだけ乗れる日は通いました。


関西サイクルスポーツセンターでは、ロードやシクロクロスでもご一緒していただく、
シマちゃんや同い年のみちこさんに親切にしていただき、
時にはタイム計測をして練習とは言え真剣に勝負を挑みました。
けれど、私は毎回シマちゃんの圧倒的に力強いスタートダッシュには一度も勝てませんでした…。
ビデオを何度も見直したり、100mまでのタイムや走りを分析し、
発走台からのスタートで100mまでのダッシュを何度も練習していく中で、
結局、自分には軽いギアでならスタートで2秒稼げるということが分かりましたが、
軽いギアだと200mを越えてからの速度維持をどうするのかなど、
練習は予習復習に加え、監督に分析からの練習内容を組んでもらいました。


練習内容が決まれば、自転車先生の後ろに着いて何度も走り、
後ろにつけなくて悔しくて泣いた日もありました。
ウォーミングアップの速度に着いていけなくてアップの為のアップをした日もありました。
一本のレコードラインの上を綺麗に走れるように誘導してもらったり、
その走りを動画に撮ってもらい監督と自転車先生とで作戦会議。
元競輪選手の小原さんが毎回毎回細かいところを指導してくれて修正。
その日に注意されたことは次の練習で同じ注意をうけないようにと意識していましたが、
頭が浮くことを何度も注意されポジションも1mm単位で改善。
大会までに時間がない中で本当にたくさんの方に協力していただきました。


いよいよ大会一週間前は、
関西サイクルスポーツセンターでお世話になっていた元オリンピック選手の城本さんが、
門脇選手が出走するガールズケイリンの観戦にお誘いくださり気分転換へ。
目の前で戦うガールズ選手に魅了され闘争心を燃やすこともできました。。


【レース当日初日の種目500mTT】は、
実際スタートするとあっという間の約40秒間です。
そのあっという間の時間を戦うために、
努力と時間や情熱を周囲の協力のもと何倍も何十倍もの時間を注がせてもらいました…。


image.jpeg

私以上に、周囲の熱意が凄くて、急遽高価なホイルを貸してくださったり、
一度はお断りした私が持っていなかったギア板を宅急便で送っていただいたり、
レース3日前には、誰よりも速く走りたいと思うとプレッシャーを背負い込んでしまい、
そっとしておいて欲しいと自転車先生にも八つ当たりしてしまいました。
良い結果を出したいと思うレースほどレース前に平常心を見失い欠けますが、
いつもレース当日に緊張しないのはレース前に心身の整理ができるからでしょうか?…


初日は朝から雨が降っていて台風の影響で結構な雨量でした。
雨の日のトラックはどんな感じなのかと試走へ。
お借りしたディスクや、ギア比の確認や自分の調子のチェック、
一番不安だったのが、お借りしたホイルに付いていたタイヤのエアー圧。
いつも自分が入れているよりも2倍の量を入れることと、
いつもよりもかなり細いタイヤで、それを練習で一度も試したことがなかったので、
自転車先生に一着3万円するMOJYUMAの合羽をお借りしてまずは試走へ。
結構な雨が降っていましたが滑らないし転がるし軽い…
完璧な装具も軽いが、自分の脚が軽くてよく回り楽しくて仕方がなかった。


image.jpeg

悪天候の中、チームMOJYUMAの仲間がそれぞれ応援に来てくれた。
城本量徳さんも時間を作って現地まで応援に駆けつけてくださいました。
チーム員がレース開始までの時間はずっと側に付き添ってくれ、
ローラー台の準備や、荷物を持ってくれたり、自転車を運んでくれたり、
アップオイルを入念に塗りこんでくれたり、
と、MOJYUMAの仲間が私のマネージャーに徹してくれました。
私の時間を共有してくれる信頼できるこの仲間に全てを任せようと思いました。
安心していっぱい甘えさせてもらいました。


今大会までに一番苦戦したことは、体重を5kg増量させることでした…。
トラック選手に比べると約7〜10kg足りておらず、
もともと踏めないので兎に角体重を増量させろという指示w
(太れない。だなんて世の中の女子を敵に回しましたか?)

食べて食べて3kgまでは割りと難なく増えたのですがそこからが辛かったw
チーム員と食事に行けばいつも残飯処理をしてくれていた仲間に救いを求めようものなら、
自転車先生の目が三角になり、残せるものなら残してみーっと睨まれるwww
中でも王将での、フライ麺に餃子と海老天がセットになった『レディース定食』、
メニュー名はレディース定食でそれぞれが少量ずつのセットかと思わせて、
フライ麺の量は普通サイズでしたーーーっ!!!
腹八分目を通り越し、腹一杯、ハチキレル、もう出ちゃうかと思いましたw…


image.jpeg

その甲斐あってか見事に5kg増量に成功です。大きくなりましたよね!

ローラーを二回に分けて心拍がそこそこ上がるまで軽くアップした後、
チーム員に、『今日は脚が軽いし何より体が軽い。』
『わたし、本番強いので今日いけるよ!』
っと珍しく自信の表れを宣言できました。
シーズン通してレースを追いかけてきて滅多にイケル発言なんてできないし、
いまだにどうすればレースにベストな調子を持ってこれるのかなんて分からない…
わたしの場合、調子の良い時なんて年間2,3回しかないかもしれない…。



image.jpeg

スタートは雨風が強く発走台は使わずに手持ちスタートとなりました。
スタート地点についたらホルダーをしてくださった方がバランス良く支えてくださり、
スムーズにスタート準備ができました。直ぐに12秒のカウント開始。
練習してきたことを思い出しいつも通り走ろうと思いました。
そして、最後のゴールラインを踏むまでは全力出し切ることを誓う。


image.jpeg

前を見たら自転車先生が肩を大きく回して深呼吸しろという合図を送ってくれたので、
フーッと深い深呼吸をするととても集中できました。

『見ててね…』


自分がスタートするまでに男子のスタートからずっとイメージトレーニングをしていたので、
フライングすることなく上手くスタートできました。


image.jpeg

が、腕を真っ直ぐにしてのスタートを何度も練習しましたが、
どうしてもタイムに繋がらないので普段のスプリントの時のように、
自分がやり易いようにスタートする方法にしました。


image.jpeg

本番前の最後の練習で思いのほかDHバーでの操作が上手く行き、
500mTTをそれまでずっと練習してきた丸ハンドルから、
DHバーで走ることに急遽変更したので、
ダンシングでスタートして座ったまでは良かったが、
追い風で速度が乗っていたので3角でフワリとレコードラインを外してしまい、
一瞬焦ってブラケットに持ち替えそうになる気持ちを堪え、
後はゴールライン目指して全開で走りぬいた。練習以上に上手く走れた。


image.jpeg

結果を聞く前に、自分の中で予測したタイムとほぼ同じで、
『41秒50』で自己ベストを更新し、とても満足だった。
その後、自分のタイムを上回る選手が居なくてドキドキして、
その場にいた自転車先生の腕にしがみついて震えていた…。


最後の組で出走した500mTTで世界チャンピオンの和知選手が今回7連覇で、
小沼選手が二位だというアナウンスは流れ、
自転車先生が計測していたストップウォッチでは、
わたしが3位ではないか・・・と思われたが、
もう1名タイムをアナウンスされていない選手がいたので、
正式に発表されるまではずっと祈るような気持ちで待っていた。



どれくらい待っただろうか…。
監督も、自転車先生も、チームの皆もソワソワしていた。
掲示板に貼り出された結果は自分で見るのが怖くて自転車先生に見てもらった。


すると、500mTTの結果は3位でした。
ホッとしたのと嬉しかったのとで目から涙が溢れました…。
監督も驚いていましたし、自転車先生も感動してくれましたし、
チームの仲間がとっても喜んでくれた顔が忘れられません…。


image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

世界チャンピオンで今大会7連覇の和知選手と、
2km個人追い抜きでは4連覇の小沼選手という、
強豪選手と同じ表彰台に肩を並べられたことを誇りに思います。



image.jpeg

皆様からたくさんのお祝いの言葉をかけていただきましたが、
この日まで一緒に練習してきたライバルが、
トイレから出てきたときに目を真っ赤に染めていて、
その姿に私は彼女の気持ちを察して背中をギュッと抱き寄せると、
ポロポロと涙を流しながら私に、
『おめでとう!この条件でベストを出すのはさすがですね』、っと言ってくれた。
彼女の言葉が何よりも嬉しかった…
いままで追いかける立場だった私が今度は追われる立場になる。
ライバルを祝福できる彼女は今よりもきっと強くなる…。





そして、二日目の【個人追い抜き2km】は、
前日から更に悪天候が予想されたので、
応援団が現地まで移動するのも心配で自宅からの応援に切り替えてもらう。

朝には雨も止んでいましたが風は前日よりも激しく、
暴風で其処らじゅうの物が飛び散っていくは、
バンク内にも飛んできた落ち葉が舞っていました。
そんな状況で試走をすると何度か叩きつけられるような暴風はありましたが、
それよりも心配なことに自分の脚の付け根に痛みがありました。

試走後に監督と、城本量徳さんに電話で相談し、
前日よりも軽いギアで走ることに決めました。
普段から人並みよりも軽いギアなのに更に軽いギアを選択。

そうこうしていると自宅待機をしているはずの自転車先生が、
高速道路を飛ばして会場まで応援に来てくれました。

image.jpeg


スタートまでには、監督と自転車先生が万全の体制でサポートしてくれて、
いよいよスタート地点へ。
自分よりも先にスタートした選手が2分50秒台をだしていたのですが、
そのタイムへの対処が瞬時にできず、
更に、慎重にスタートし過ぎて前半の速度の乗りが悪かった。




周回ごとに踏め踏め踏め踏め、耐えろ耐えろと声援を送ってくれる監督と、
周回タイムを大きな声で読み上げてくれる自転車先生に応えるように走る。
最後は同時にバック側からスタートした選手を追い抜きゴールし、
中盤の3秒のロスを後半二周で取り返し自己ベストを更新しましたが、
結果は一秒差で表彰台を逃して5位でした。




昨年の同大会でのタイムから自分の目標タイムを設定していたのですが、
3分を切れば表彰台かなという設定では低すぎました。
2kmに関しては練習不足もありますし、今後周りと同じギアが踏めるようになれば、
必ずタイムは上がると思うので今後も頑張っていきたいと思います。


動画を観る度に、監督と自転車先生が大声援を送ってくれていて何度も泣けます。
自分の走りよりも二人の大声援が見所です。
まだまだ修正できるところを見つけることができたので、
これからの練習が楽しみです。

image.jpeg

マスターズ500mTT世界チャンピオンの和知選手や、


image.jpeg

今大会の個人追い抜き4連覇の小沼選手を、
目標に頑張って行きたいと思います。





大会を終え、
前夜祭の金曜日から三日間運転手やサポートに徹してくれた自転車先生は、
私が運転する帰りの車の助手席で発進して一分も経たないうちに大口全開で眠ってしまい、
疲れきった目の下の隈を見て感謝以外の言葉が見つかりませんでした。

ずっと練習に付き合ってくれた監督には盛大な手料理で感謝しました。

image.jpeg

最後になりましたが、
この日まで私に協力してくれた皆様や、応援してくださった皆様、
そして悪天候で開催が危ぶまれたなか運営してくださったスタッフの皆様、
ライバルとして一緒に戦ってくれた選手の皆様には、
本当に心より感謝しています。
『ありがとうございました』…

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ。







posted by 桃春momoharu at 23:20| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

ガールズ競輪へ★★★★★


image.jpeg

このところ、関西サイクルセンターでお世話になっている、
元オリンピック選手の城本量徳さんにお誘いいただき、
お弟子さんであるガールズ競輪界の門脇真由美選手の応援に行ってきました…






image.jpeg

私服姿だと城本さんにしばらく私だと気付いてもらえず、
競輪学校に落ちた人ですよっと言ったら分かってもらえた…笑






image.jpeg

和歌山競輪場へは初めて来ました。


image.jpeg



image.jpeg

門脇真由美選手が出場する第6レースまでに、



image.jpeg

車券の買い方をまずは予習してみようと、



image.jpeg

一冊410円の競輪ダービーを広げてまずはそれ(競輪新聞)の見方から始まり、
とりあえず、車券は買わずに模倣買いをした自転車先生が大穴を的中させた!




それでは〜っと、
第5レースに、
以前、奈良の愛好会に参加した際にいらした野口正則選手が出走するので、

image.jpeg


image.jpeg


5番の野口正則選手を買ったら、


image.jpeg

自転車先生が人生初競輪の車券を買って初めて当てた!…



そして、いよいよ応援していた門脇真由美選手が出走する第6レース、

image.jpeg

私は、門脇選手から他全て押さえて買いました。



image.jpeg

コース内に選手が入場し発走台につき、
観覧席に向かって選手揃ってお辞儀をするところや、


image.jpeg

選手がスターとするまでの緊張した時間や、
そんな姿を見て声を掛けられる城本量徳さんのお姿に胸がジーンとなりました…



image.jpeg

自転車先生は、第7レースも当てたのに、
私と、監督はどれも当たらず惨敗でした…
また、ガールズ競輪が近くで開催されるときには行ってみようと思います。



image.jpeg

競輪場の近くにあった和歌山ラーメンを食べて帰ってきました。

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 16:13| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

独りの100kmよりも一緒に走る50kmに価値がある★★★★★


午前中は、お友達のかずみちゃんに教えてもらいずっと行きたかった場所へ。

image.jpeg



image.jpeg

4年間も毎日のようにこの直ぐ横を走っていたのに知らなかった…



お次は、ぐるーっと走って、

image.jpeg

天然酵母のパン屋さん『ふくくる』さんへ…



image.jpeg

自転車ラックも設置されていました…



image.jpeg

良い匂いに誘われて古民家の玄関を潜ると、


image.jpeg

焼きたての天然酵母のパン…



image.jpeg

簡易的なリュックサックの中に入るだけのパンを買う、



image.jpeg

リュックを占領したのはこの焼きたての食パンで、
暫くの間、背中がホクホクと温かかった…。


image.jpeg

また、ぐるりと走って、



image.jpeg

夕日が沈むのを、


image.jpeg

最後まで見届けてから、



自転車先生と待ち合わせて二部練へ…。
最近はバンクに通い詰めだったのと、TTバイクでの練習が続いていたので、
自転車先生と一緒に乗るロードバイクでの練習は10日振りくらいでした。


私達がよく走っている、『園部周回40km』は、
TTができる上りがあり、40km/h巡航ができる長い平地あり、
上り基調もあり、下り基調ではケイデンス200rpmを練習できたり、
車が少なく、また40kmのうち信号も少ないため、
上手く行けば信号に引っかからないこともある。
コースの終盤には温まった体で全力でもがける走路もある。
久し振りにこのコースを走って改めて素晴らしいコースだと思った。

この素晴らしいコースを独りで2周、時には3周回することもあるのですが、
自転車先生と走るときはゴールまで必ずノンストップで走るので、
時に、『お願いだから信号に引っかかって…』と祈りながら走ることもある。
昨日も、追い込まされ、追い込まされ、追い込まされて過呼吸を起こす…

一呼吸ついたら、また追い込まされて追い込まされて、また過呼吸…
たった40kmのコースで3度の過呼吸を起こしてしまう…。
顎の上をナイアガラの滝のようなヨダレが流れているのを拭う余裕もないw

でもその度に、『渡良瀬TTは全然追い込めてなかったな…』と反省した。

最後はゴールを目指してギリギリの力でアタックすると、
自転車先生にシッティングのままギアも掛けずにサーッと抜かされて終了w…
苦しくて苦しくて苦しいけれど、
久し振りにこの感覚が物凄く気持ちよくて楽しかった。

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 20:57| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

2017 ど素人感満載の渡良瀬TT★★★★★


先週末は栃木県にある渡良瀬遊水地内にある(5.3km/1周)の、
タイムトライアルチャンピオンシップに参戦して来ました。


image.jpeg

レース当日まではメカニックさんにYONEXのフレームをTT仕様にしてもらい、


image.jpeg

追い風なら私でも60km/hくらい出そうな場所でポジションを出したり、
向い風でもしっかり踏めるようにタイムを計ってもらったり、
と、監督にも練習に付き合ってもらいました…。


レース前日の土曜日には、コース試走をする為に金曜日の22時に出発。
片道約580kmのうち400km地点まで私が運転し、
自転車先生に運転を交代してもらう…
軽自動車の燃料メーターの目盛りが残1つだったので、
直ぐに給油するように伝えて助手席で眠っていると、
走り出して50km地点でサービスエリアにピットインした模様…。

ガソリンスタンドに入ったのだろうと思っていたら、
どうやら眠かったようでパーキングで2時間ほど仮眠を取る。

車が動き出したのを確認後に私はそのまま助手席で眠りにつく。
すると、レース会場最寄の高速出口より2km手前で、
『エンジントラブルランプが点滅している!』…と叩き起こされた…。


50km/h走行でなんとか高速道路を降りて一般道へ。
高速道路の出口直後の上り坂で止まりかけ、
咄嗟に、自転車先生と二人で体を前後に揺さぶりながら、
残り2m程の上り坂を上りきり、坂道を下った所にあったコンビニに辿り着いた。

JAFに連絡し、JAFが到着するまでに、
私が20歳の頃に新車で買ったロシア製のラダニーバという車が、
納車から半年ほどで高速道路で突如ボンネットから白煙を噴出し、
レッカーされて廃車になったという記憶が蘇ったり、
レース会場に辿り着くまでの手段をあれこれと考えたり、
最悪の場合も想定していたが、


暫くしてJAFが到着し給油してもらうとエンジンもかかり、
エンジントラブル警告ランプも消えた…。
その後、1km先にあったガソリンスタンドで燃料を満タン+αにし、
やれやれとホッとしてレース会場へと向かう。



image.jpeg

前夜は、屋根の上に自転車を二台積載した軽自動車では、
80km/h巡航が限界だった土砂降りの雨も上がり、
風が強くて路面も乾いていたので、着替えて準備をし試走開始。
レースで入賞する人は男女共に前日から試走に来ているんだなという印象。

image.jpeg


コースの距離やタイム計測をしながら試走をしていると、
私のガーミンにどうも大きな誤差が生じていることが発覚する。
午前中から試走を開始し50kmくらい乗って終了。
その日の反省会では、ガーミンの数値を頼らずに自分の感覚を信じて走ることにする。


レース当日の試走やアップでは脚も良く回っていたし、
何より体調がすこぶる良い感じで今日は『イケル』予感。

が、しかし本番は、

image.jpeg


image.jpeg

5,3km走ってゴールと同時に自分のタイムがアナウンスされたのを聞き耳を疑う???
昨年、体調不良で走った時よりも遅いタイムだったので、
あれれ?と思い耳を澄まして再度アナウンスされたタイムを聞きチーンwww

『あぁ、やってしまった…』

前日の反省会でガーミンを頼らないと宣言していたにもかかわらず、
ガーミンの区間ラップを信用して走ってしまった…w
自転車先生に、『どないしたん?』っと心配されたので、
『ド素人ですいません…』と返しておきましたw


レース後は、高速道路でもトイレ休憩のみで何処にも寄らずに直帰しました。
自転車先生が270kmほど運転してくれて私と運転交代。
私はビビリなので燃料メーターが残1つになった時点でガソリンスタンドに給油に入ると、
ガソリン代がJAFよりも高かったので5ℓだけ給油し250km弱走って運転交代。
その後、自転車先生が自宅付近のガソリンスタンドまでノン給油で帰ってきましたが、
給油をするとまたエンジントラブル警告ランプがつく手前のギリギリのギリギリでした。

今後はこの反省を生かせるよう努力してまいる所存でございますw





今回の、渡良瀬遠征で楽しかったといえば、


image.jpeg

MOJYUMAの熱狂的ファンのヒロコさんご夫妻にお会いできた事や、



image.jpeg

レース会場で、ブログを閲覧してくださっている方がお声を掛けてくださったことや、


4年目にしてやっと、会場近くにある『ティーダさん』に行けたことや、

image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg

ヒロコさんご夫妻との晩餐会…


image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg


色々ありましたが、

image.jpeg

『失敗は成功のもとなのである…。』

サポート協力:
YONEX株式会社様、
ワコールCW−X
ウインクレル株式会社

写真提供:FABtroni+camera様、MOJYUMA広報部

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 12:11| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

バンクでの練習を優先に★★★★★


毎年、土日曜日で二日間開催されるシマノ鈴鹿ロードは、
いつも土日曜日共に走っていましたが今年は土曜日のみ参加して、
翌日曜日は、『関西トラックフェスタ・奈良』に参加させてもらいました。


image.jpeg


image.jpeg

競輪場には一周400mのバンクや、500m、
そしてここ奈良は一周333mなのですが、
私が今まで走ったことのあるバンクの中ではどうやら一周333mの奈良が好き。

二ヶ月前に初めて走った200FTTでは速すぎるだろ?
っと周囲からの疑惑が掛かっていましたが、
今回も同じようなタイムが出たので目出度く疑惑が晴れました!


バンクに入るようになってから毎回タイムを更新し続けていた500TTを、
今回も楽しみにしていたのですがスタート直後にリヤディスクに異変を感じて、
スタート直後に一旦座ってしまい全力での計測はできませんでした…。


image.jpeg

直ぐに、BOMAさんが別の物を準備してくださり大変助かりました。



二ヶ月前の6月下旬からバンク練習に取り組むようになり、
毎回追い込む練習は厳しいですが、それが楽しくて仕方がなく、
周囲の熱意や応援にも大変感謝しています。


image.jpeg

image.jpeg

一緒に頑張るマスターズの皆さんに励まされたり、




image.jpeg

時には、チームMOJYUMAの仲間も一緒にトラックに引き込んで。



image.jpeg

いつも熱心に指導してくださる元競輪選手の小原さんには、
『2kmを2分40秒で走ってみましょう』っと言われ、
『そんなの無理ですよ〜』という私の不安な心を読み取られましたが、
このタイムで走れたら優勝しちゃうんじゃないの?っという無茶振りにも応えてみる…


image.jpeg

そして小原さんのツキイチに、後ろには自転車先生に着いてもらいながら走ると、
ラスト2周目にはオエオエと悶絶しながら苦しみましたが、
なんとも綺麗に2分40秒を狙って走らせてもらえた。


そんな苦しみモガク私を見て監督にも熱が入る…


ある日、『お土産持って帰ってきたよ〜』


と、満面の笑みでいつもより膨らんだカバンから取り出した物が、


image.jpeg

『手作り背筋マシーン』だっだ日には、
『やったー』と浮かれた気分を返しておくれ…とちょっぴり切なくなったw



『お土産だぞ〜』…

という甘い囁きにはもう騙されないぞ。
っといつもより膨らんだカバンに期待しないでいると、

image.jpeg

ある時は、カーボンのハンドルが出てきたり…。



image.jpeg

関西トラックフェスタで村上博幸選手が指導してくださった時に、
発走台を失敗すると1,5秒から2秒はあると言っていたので、
苦手なスタートを改善し、
みんなの応援や期待に応えられるように、
日本スポーツマスターズの大会まで頑張って練習に励みたいと思います。


200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 19:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

2017シマノ鈴鹿ロード★★★★★


毎年、8月の最終週の土日に開催されていたシマノ鈴鹿ロードが終ると共に、
夏の終わりを感じていたけれど、
今年は8月の第3週目の土日に開催されたせいかまだまだ暑い。
そして、夏のシマノ鈴鹿ロードが終るとJBCFのレースも後半戦が始まる。

昨年の同大会は体調を崩し熱があるのに薬は飲めないし、
で、マスクをして無理矢理走ったりと苦しい思い出が蘇るが、
昨年は昨年。いつまでも前年度の記憶に囚われずに前を向き、
早朝練習や厳しい練習にも参加してきたけれど、

実は、この『シマノ鈴鹿』があまり好きではありませんでした…

その理由として、コースに上りがあるというのも一つの理由ですが、
日々一緒に練習している自転車先生が、
毎年出場する種目において殆ど入賞するので、自転車先生の気合の入りように、
勝手にプレッシャーを感じて追い込んでしまっていたのだろう…。

今年は、そんな胸の内を自転車先生に話し、
シマノ鈴鹿は『夏のお祭り』だという気分で参加することにしました。

JBCFのレースでは緊張しないのに、シマノ鈴鹿だけ物凄いプレッシャー。
今回もスタート前に心拍140台w…
隣にいたスーパー中学生は心拍計は付けていないとにっこり笑顔。

一周目のシケインはシッティングのまま上りきる。
ずっと上りの練習を欠かさなかったせいか例年よりも楽に感じた。
一周目のシケインから上りの度にアタックがかかるが、
決定的なものにはならないだろうと反応せず。

ガールズ競輪の選手が同クラスに出走していたのでマークしていたが、
走り方が激しく複数回の斜行で隣の人と前輪を接触させるなど、
危険を感じたのと、2周目のホームで私よりも息が上がっていたので、
マークを外して集団後方で静観しながら走る。



2周目も、3周目も決して楽ではなく上りの度に集団にしがみ付く。
3周目のシケインの後、二名の選手の逃げが決まるが、
上手くローテーションが回っていないようだったので集団に待機していると、
逃げとの距離がどんどん詰まり、立体交差辺りで逃げをキャッチする。



ここまで来たら最後のゴールスプリントに備える。
オレンジ色のジャージの選手を使って前に出て、
抜いて…。抜いて…。
気付けば、ゴール前によく落車する選手のスリップに付いてしまっていて、
自分のスプリントがとても好く伸びていたので早目に右から抜こうとすると、
右側の赤いジャージの選手が左側に寄ってきて一旦座ってしまうwww
再度、右側から抜きに掛かるが一旦座ってしまったので終了w


目の前の隙間に自分の前輪を差し込む勇気がなかった…。

レース直後に、MCガラパさんが、
3位はモジュマエリア075の矢野智子選手だというアナウンスが何度も流れたようで、
そのアナウンスを聞き、自転車先生がピットロードで初めて出迎えてくれていましたが、
自分が4着だったことは自分が一番分かっていました。

表彰台の下でも暫く結果が審議のまま待たされましたが、
もし自分が3位なら、誰か一人別のクラスの男子が混じっていたか?
それともゴールスプリントで私の右側のその隣の選手が進路妨害とか?
と、表彰台の前で結果が確定するのを待ちましたが、
やはり4位でした。



image.jpeg

土曜日の【3周の部女子】のゴールスプリントの写真が見当たらないのですが、
写真や動画をお持ちの方がいらしたら是非ご連絡ください。
ハンドルを投げるとか何とかならんかったのかー?!
っと自転車先生に怒られる覚悟はできています…


4位の賞品は、ボトル一本のみ。

image.jpeg

3位までの入賞と、4位の賞品の差で上位3位の価値を思い知るw






そして毎年、シマノ鈴鹿への意気込みが熱く、
私にプレッシャーを与えていた自転車先生はというと、

image.jpeg

5周の部で二位、



image.jpeg

3周の部で三位、



image.jpeg

今回初めて走った二時間エンデューロ(ソロの部)で三位、



image.jpeg

と、出場した全ての種目で入賞していました。
が、どの種目も優勝できなかったので悔しそうでした…。
シマノ鈴鹿で優勝すると翌年は無料招待ハガキが届くって知っていましたか?
『毎年、毎年、無料で参加してたのにッ』と、とても残念そうでした(笑)



今回私は、4位という結果に終ってしまい、
今年、クラス最年長で入賞したらもうこれでシマノ鈴鹿は引退しようと思っていましたが、
まだ来年も走れるかな?という気持ちを持てて良かったのだろうか?…
上りが苦手な私が上りのあるコースで、
しかもゴール前が上っているコースで入賞できたら感無量だな…。


image.jpeg

今回は、私共が立ち上げたサイクルオーダージャージ200%Jersey
で製作したジャージを着て出場しましたが、
いつものジャージを変えてカモフラージュするはずだったのに、
このレインボーカラーは余計に目立ってしまいました(笑)


読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 14:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サイクルオーダージャージ】の受注を開始しました★★★★★


この度、私共サイクルショップPEE’Sの新企画として、
サイクルオーダージャージの受注を開始しました。


image.jpeg

https://c-o-pees.wixsite.com/200jersey


image.jpeg

早速、私も新しいワンピースを作ってみました。


image.jpeg

こちらのジャージは、
シマノ鈴鹿ロードで好評だった【MOJYUMA075】レインボーカラーです。


チームでの発注は勿論、少数枚でのご要望にもお応えできますので、
何とぞ、御用命下さいますようお願い申し上げます。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 12:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

5時から始まる真夏の早朝練★★★★★


image.jpeg

自転車先生との早朝練の集合出発時刻は午前5時…
毎朝スマホに送信されてくる熱中症情報には、
『今すぐ激しい運動を止め涼しい室内で過ごしましょう』と書かれてある…
自転車は、うーーーんっ?激しいか…。

寒さにも弱いけど暑さにも弱い私が真夏に元気に走れる時間帯は、
午前4時頃から7時半頃までと、
夕方5時から夜7時過ぎまでの合わせて6時間…。




出勤前なので安全に近場で短時間で追い込める場所を選んで走る。
というか上る上る…毎回ベストタイムを更新できるように上る。
いつもは上りのレースに合わせて上っていた山を、
上りのレースが終っても上り続けている…。不思議。



image.jpeg

一人の時もいつも自転車先生と走る早朝の時間帯に上りにいく。


image.jpeg

朝一は涼しくて清々しいけれど、


image.jpeg

少しでも遅くなるとお日様が照り出して暑いので、
時計とにらめっこしながら急いで帰る…。
急いで帰って朝食とお弁当を作って、旦那を起こして仕事へ見送り、
えんやこらさっさと家事を済ませて自分も出勤する。


image.jpeg

上るためにわざわざ物凄い遠回りをしてから出勤してみたり、




image.jpeg

山を上りダム周りを高速巡航で追い込んだ後は、
また木陰の涼しい2kmの山を周回する。
フロントはアウター縛りに、リアのギアをローからトップへと、
一周毎に一枚ずつ掛けていき最後はアウタートップで上る。



image.jpeg

一人じゃ絶対にやりたくないメニューだけど、
修三せんせーが来てくれたり、ナカータさんが参加してくれたり。




image.jpeg

チーム員がたくさん集まっても、2kmの周回なので遅れても平気…



image.jpeg

先日は、チームルパンの近江さんがバイクペーサー練をしてくださいました。


普段のチーム練習会では、
強い男子の皆に私が追い込む練習をさせてもらっているので、
この日は私がサポートカーに乗り頑張るみんなを集団の後部で、
いつでも自転車ごと回収してあげるから安心して追い込みなさいよっと見守る…。



集団から千切れるとバイクペーサーに背中を押され、
ヘロヘロになりながら集団に戻されるがまた千切れる…
それでもまた背中を押され頑張る姿を見ていると、
涙が込み上げるくらい感動しました。
(たまには皆も死に物狂いで頑張りたまえッ!)



image.jpeg

久し振りに美山まで走った日は、
このところずっと平地練習よりも上り練習ばかりしていたせいか?
35km地点でオールアウトしてしまい美山までの残りの10kmは、
ヘロヘロでグダグダでどうしようもなく辛かった…
アイスの味も覚えていないよ。あぅ…。



image.jpeg

夏も終わりに近付くと早朝練習の時間帯からも解放されるかな?…
浴衣を着るためだけに伸ばしていた髪もそろそろ切れる…。
あ、今年の夏は日中に走っていないので大好きな川遊びを一度もしてないや。


読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 11:27| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする