2018年04月18日

伊吹山ヒルクライムに出てみたけどやっぱりバンクが好き★★★★★


先週末は伊吹山ヒルクライムに出てみました。
エントリーリストが発表されると、やっぱりね上れる人しか居ないよね〜。
そもそも上れない私は自分との戦いに挑むという時限の低さであり、
スタート地点に並ぶと周囲に驚かれました…ははは。
『舞洲クリテに居なかったのに伊吹山に居るからどうしたん?』って…。


これは以前、シクロクロスで何度も一緒のレースを走っているL1の選手に、
『ロードレースだけでシクロクロスは走らないんですか?』
っと言われた時に匹敵するくらいの嫌味か?!あはは…


いやいや自分自身が一番、何故いまココにいるのかと驚いていた。

自転車を始めて一年目に伊吹山を一般クラスで上ったときは100人中30番台で、
お恥ずかしながら実業団では過去一度も完走したことがないのですよ。
一年目はDNF、二年目は完走できたと喜んでいたら、
先頭タイムから8%ルールが適応されて最下位から3名だけが何故かFAD。
先頭は52分台でゴールしたのに8%ルールを免れた人もいて納得行かず、
そしてそれ以降の伊吹山を含むヒルクライムでは8%ルールが適応されていないのは何故だ?

まぁ、最近ずっと上っているのでフルコースを完走することを目標にと思ったら、
悪天候で自分としては初めてのショートコース(10,7km)だったが、
スタート前に、『関門に間に合わなかったりして?』って言ったら、
『それは無いだろうー!』っと冗談言って笑ってたのですが、
残り1kmを切ってからいよいよ本当に関門ギリギリでゴールに辿り着いたw
ゴール後は目を瞑るとグルグルグルグル頭の中が回ってましたw



868B4F66-EB95-4913-BC78-E037277AFDE0.jpeg

一応目標の完走はできたので自転車先生が労ってくれたw



==========

そして昨日は関西サイクルスポーツセンターへ、
電車移動で片道3時間かけて行って来ました。

ガールズの門脇真由美プロと、N君と一緒に練習させてもらいました。


773FB2B0-ED2E-4B53-A85E-F27377453CBB.jpeg


三人での周回練習も千切れなかったし、
400m走は後ろに着いているN君から二本とも逃げ切り勝利。
今まで33秒、34秒だった400m走が一本目で32,3秒、
二本目に31秒台に入れることができ門脇プロとの差が0,8秒まで縮めることが出来た。

ペーサーでの練習では高速域でのコーナーリングが上手く出来て63km/hが出せたので、
ギアを(54−14)という今までに経験したことのない重いギアにされて走ると、
なんとこれまた未知の領域で65km/hオーバーを体験することができました。


A8BF5458-6F0C-4ADE-AA38-246AEFB68ECF.jpeg

帰りはどうやら疲れ果てていたようで、
路線を間違えてしまい乗ったことの無い路面電車で帰ることに…。


あぁ、でもやっぱりバンクは楽しいのだ。





読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
【関連する記事】
posted by 桃春momoharu at 23:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

2018舞洲TT、トラックフェスタ第一戦★★★★★


F614643D-1CB7-4F13-995D-7D01BDB619D9.jpeg

先週末土曜日に開催された舞洲TTは、
このところバンク練習で以前よりも踏めるようになってきたので、
と、楽しみにしていたのですが、


E799B69E-FC07-45A0-A92F-70B2CC433F93.jpeg

スタート前に最大のミスを犯していることに気付きました…
TTに出る資格なしだと反省しています。
もう脚を止めて棄権しようかと思った時に、
完走さえすればポイントがもらえることに気づいて最後まで走るが、
全力で走れず不完全燃焼で終るwww

ゴール後に駆け寄ってくれた仲間が、
『しっかり踏めてましたね』っと言ってくれたのが更に悔しい。
よくあのタイム差で済んだことだと。情けない…。
二度と同じ失敗をしないように気をつけよう。



==========

気を取り直して翌日は向日町競輪場で開催された、
『関西トラックフェスタ開幕戦』に参戦してきました。



会場に着くと会う人会う人に、
『舞洲クリテに行ってないんですか?』と問われるが、
今シーズンは冬の雪が降る日も、雨の日も毎週毎週、
片道3時間電車に揺られてバンクに通い、
向日町競輪場で開催されているローラー練にも参加させてもらっているので、
私の心は、『関西トラックフェスタ』に出場すると決めていました。



舞洲クリテと開催日が被っていたせいか?
女子のエントリーも少なかったのですが、
同大会にエントリーしていたナショナルジュニア代表の、
松井優佳選手の走りが見れることをとても楽しみにしていました。


最初の種目の200FTTは、
暴風向い風で軒並み周りがタイムが伸びていませんでしたが、
私はベストタイム更新で、更に松井優佳選手に勝ち、
京都府自転車競技連盟のスタッフの皆さんが驚いてくれました。


EF8AB60A-737B-4EFD-A8CB-79A1DF68AEFF.jpeg

二種目めのケイリン予選では一番くじ。
関西サイクルスポーツセンターから城本さんが来てくださったので、
城本さんの指示通りに動いてみて、
前日にハマーさんから教わったことを思い出し、
実践してみると外側から捲くられ反応できず。
ゴール前で粘って3着で決勝へ進む。



午後からの決勝は、松井優佳選手と同じ組で出走だったので、
松井選手を徹底マークしていましたが、


6737472A-FB6D-4951-8BF8-0D9939034C12.jpeg

最後の肝心なところで自分が先行してしまい、
後ろからアタックされて反応遅れて3着。


98512B56-997C-474C-9F58-C6C3689AADD4.jpeg

ケイリンTLクラス2位表彰。



スクラッチも初めて参加してみましたが、
ジャンが鳴ってからの動きをもっと勉強していきたいと思いました。
経験することで反省もできるので今後も頑張りたいです。


C1581434-1753-4D8A-A2D7-65DB1B9DB245.jpeg

スクラッチTLクラス2位表彰。



F42E3482-7896-4168-8716-695E37847519.jpeg

500mTTは、スタートでフラつきロス。
そのロスは取り返せない。1秒の重みを感じる。
0.1秒の重みを感じるところまで突き詰めたい。


21ED7223-FC41-46D8-A92C-4DB7C938879D.jpeg

三種目とも二位で賞金をいただきました。
当日は、お世話になったスタッフの皆様、選手の皆様ありがとうございました。


いつもはTT系の二種目だけしかエントリーしてなかったけど、
今回は200FTTから始まり、
ケイリン予選、決勝、
スクラッチと初めてフル参戦してみました。
そして競技合間はずっと監視付きローラー。もう体力が…w

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 20:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生年月日が同じかずみちゃんとのお誕生日ライド2018★★★★★


90D0DB05-3275-46AF-9CC5-9347535D246A.jpeg

3月23日、お誕生日より少し早い日。
桜はまだどこも開花宣言がされていませんでしたが、




72E8CB0C-C1BD-4667-B72F-098313289666.jpeg

二人とも桜餅と外郎が好きだと言うことも分かった、
生年月日が同じかずみちゃんと一緒にお誕生日ライドに行きました。

そして、自分の誕生日は覚えているのに、
結婚記念日は今年もまた忘れていたことに気付きましたw


52E4EC37-9A02-4A6F-A9F5-86F87BED7199.jpeg

さて、かずみちゃんが目的地は三田市にある、『未カンさん』に決めてくれたので、
私は地図を調べて大まかなルートのポイントを記しておく。



C1039F2C-9B6C-4398-B7C9-315B02E51BF1.jpeg

ワコールのCW−Xのタイツがサイクリングには重宝する。



片道約50kmの道程をかずみちゃんが頑張って着いてきてくれ、
上りも頑張って一回の休憩だけで目的地に到着。



7756FAEB-55F0-48B9-928F-A6AB2FBD8432.jpeg


2704F95C-1093-48A5-8D83-FF2DACB0EA35.jpeg

306672BC-D053-48AE-A544-20B507B16368.jpeg




09B8B5DD-7F7C-4A81-893E-0C3DE7454EAE.jpeg

お誕生日のお祝いにと鴨肉のサラダをサービスしてくださり、


D6D7354C-804D-4A0F-951D-BBF91716F627.jpeg

五感で楽しめるランチをいただきました。




D0ADE5C7-F9B4-4063-8F55-6287B52109B6.jpeg

復路は、距離は伸びるけど一番平坦道のR372を帰ることに、
でも物凄い向い風でしんどかったのに、
かずみちゃんが頑張って着いてきてくれたので、




1CAE2138-5BBC-4260-84D6-599CED451FE0.jpeg

B3D11742-C4DE-452B-928B-F82CF2F4376C.jpeg


私の知らないパン屋さんに寄ることができました。
かずみちゃんは色々なお店を知っている!



E0254DA9-62D1-487D-8F6E-26CC8F9E14DE.jpeg

残ったパンを二人で買い占めて、



11278773-C43E-4E7C-B36E-F0A82AB66AA4.jpeg

パン屋さんの裏の畑でいただく。



F3F82876-38B6-4898-931E-9CADFC9B0A71.jpeg

どのパンも美味しかった…

往復約120km。
一年目も二年目も雨だったから初めての晴天で良かった。
二人で120kmもよく走れたなと思う…




40代最後の歳をお互い楽しみましょう。
そしてまた来年のお誕生日も一緒に走ってお祝いできますように…

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 19:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年3月〜★★★★★


2018年3月は例年にはなかったバンク練習に力を注ぎつつ、
上りの練習にも取り組んでいましたがブログ更新が追いついておらず、
写真のあるものだけを載せていきます…。


1D747235-15D7-43C5-B4A6-F4C30D271B0D.jpeg

家から比較的近い向日町競輪場で開催される『サイクルクラブ』に、



40FC8299-5D19-42F8-912C-C503B3F75A28.jpeg

コバさんと、takuくんと参加しました。


1F79AB42-46E8-4325-986B-130CA1BC9E1B.jpeg

関西サイクルスポーツセンターで指導してくださっている、
城本さんが来てくださりバンク内から指示をくださるが、
その声が風に流されて何を言っているのか全く聞こえないくらい強風でした。


9DDC76E5-3C06-471E-9E39-AC7869D647A3.jpeg

が、500mTTの記録はまずまず。

6E2BEE45-B6C2-4967-B8DC-A7BE56145F5B.jpeg

男子に混ぜてもらってのケイリンは毎回楽しくて、
そして出た以上は負けるのが悔しいのでもっと利口にならなくては。


FE82845E-FF2C-412D-A04F-401313FE47CB.jpeg

帰りにはここのお店が定着してきて、


EEB30282-FE45-4EF9-AC2D-D140223F631D.jpeg

takuくんと一緒に3月生まれの誕生日を祝ってもらった…



=======

9B33FF1F-877A-49DC-82F7-0BB1B84C29D2.jpeg

自転車先生とtakuくんと上り練へ。


79D9D77C-A883-4632-B729-832E10ED5124.jpeg

お天気が怪しかったので美味しいパンを食べるライドで終了かと思いきや、


6F942EE4-8E97-4CEC-80C9-AE09FE9D57C0.jpeg

ココどこよ!


50282231-BCC8-4B6D-97F8-EB917FECC341.jpeg

やっぱり上らされるのですね〜。



A555DE9A-AB63-448A-A4BB-3C3CFB03CC0F.jpeg

683082F1-0952-4FEA-B244-80B3DFB9E685.jpeg


A6EEAA0B-16A6-4CDB-80B8-296DA7E0390C.jpeg

私を除く二人は、『サイクリング』だと言ってましたが、
私にとっては、『上りの苦行』でした。


C275F6A6-4573-43B9-89B3-5248D7E00B22.jpeg

狸も見れたし、



D00A0BA3-A648-4370-B714-1F521F9E8FD6.jpeg

B42461DA-D3EE-470A-A03B-E796010A52AB.jpeg

トロッコ列車も見れて楽しかったので良しとしましょう…




==========

6203F305-18A1-46C5-987D-BE6F71BBD61B.jpeg

雨の日でもバンク練は天候に関係なくあります。ので通います。


FB7481EF-E038-4175-88A6-A42B8E5F0D25.jpeg

いつも練習を頑張りすぎて気がつくと鉄欠乏症を起こして皆に迷惑をかけてしまう…


EAB2E91C-998C-4E71-A3F1-9B3CA9FA023E.jpeg

『肉を食え』っと、


CABCBD7C-914D-42E1-86C6-CB68B16CF919.jpeg

美味しい豚カツ屋さんに連れて行ってもらいました。
いつも私のメニューは監督か自転車先生が決めます。必ず定食級w




==========


DE77D582-9F42-40B6-8BAD-9831ADEC5B6B.jpeg

ウエダさんと自転車先生と上り練習『北摂練』へ…

しかし、集合場所をスタートして直ぐに絶不調であることが判明する。
早々に離脱しようと思うが二人がゆっくり上ってくれるので頑張るが、
60km地点で強制終了させられた日。


F45DD1D0-1FB0-49BD-84C3-2F3E0E3AF549.jpeg

『肉を食え、肉を』


==========

42817272-F0B9-43DB-9741-F65FD8BC84F4.jpeg

MOJYUMA練習会。



F7768521-8D21-4BEF-9D41-62A581D4C2C6.jpeg

コースは、京北町から美山〜佐々里峠を上り京北町に戻るという、
【元、国体ロードコースをノンストップで二周回】


近江さんがバイクペーサーをしてくださり、
私は全員の荷物や補給食を積み込んだサポートカーで参加。


一番の勝負どころは佐々里峠になりますが、
一周目も二周目も皆の頑張って追い込む姿を見ていると泣けてきます。
二周目の佐々里峠は昨年まではチーム一上りが遅かった自転車先生が勝利。
この冬の間にずっと一緒に上っていた成果が出始めているのでしょうか…


1E2EB22F-CBE5-4659-8EF3-68E84B292426.jpeg

普段、上れるtakuくんは両脚攣ってペーサーからもドロップ。
このコースをノンストップで二周回するのは、
いかに補給をしっかり摂れるかにも注意が必要のようで勉強になった。


C9987C9B-A776-4E7B-8945-2BF92CA3A494.jpeg

帰りは車を自転車先生が運転してくれたので私も自走で走れました。
皆が完全に出し切ってからの状態で一緒に走ると、
ゴールスプリントは私が取れそうな気がしました…


BBFB6F63-5353-4173-B7AD-A845E166AD5E.jpeg

満開の桜がとっても綺麗で、


607B032A-C5D2-435C-BF87-868A20F841A6.jpeg

花より団子のみんなと記念撮影をしてみました。



==========

DDB5013A-5B08-4D08-A932-6AA32322C24E.jpeg

YONEXのフレーム5号機をTT仕様で組んでもらったので、
監督にポジション出しに付き合ってもらいました。
もう一回、もう一回、やっぱりさっきのをもう一回…
と、1ミリ単位で注文つける私に凝りもせず付き合ってくれました。
実走は自転車先生と一緒に。


8C44D0FE-AB44-4A85-8DD3-318FD73A3472.jpeg

練習後は、以前から気になっていた居酒屋さんの、


8DA18B90-FB08-4CF0-8C6A-ADB3E9D1BB96.jpeg

限定付け麺を。


47461179-6E49-4438-AD4B-4737C5C1EC96.jpeg




B69F8894-3B2A-4759-933E-3259779F6E9F.jpeg

天丼定食も美味しそうでした。


==========


1EB30240-B0E7-4FDD-AF62-B484058489D4.jpeg

今年の桜は咲き始めも満開になるのも早かったですが、



790EEA99-A571-4058-9630-BA55FAEC3376.jpeg

毎日、日に日に変化していく桜を堪能できました。


FEC38B97-8339-4276-A61C-A57D3F0F8B42.jpeg


9422F323-5A30-4095-9574-F9BA5545E9EF.jpeg

私の中で、羊羹とリアルゴールドの組み合わせはまだ頑張れるという証。


DAA00DDF-61E5-48B3-9B80-36475389834A.jpeg




読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 18:25| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年、西日本チャレンジロードレース★★★★★


どうもお久し振りでございます。
2018年度のロードレースシーズンが開幕し頑張っております。
私の今シーズンレース開幕戦は3月に広島森林公園で開催された、
【西日本チャレンジロード】から始まりました…

そう、通称『西チャレ』です。
上れない私が何故このレースにチャレンジしたのかというと、

今までは全日本選手権に全く興味がなかったのですが、
ある人が、毎回お酒の席で熱く熱く語るんですよ…
『全日本選手権は凄いぞ!
スタートラインに立ったときのあの緊張間は今思い出しても鳥肌が立つ。』と…。

そこで、もし今後私がロードレースを終える日が来ることを想像したときに、
私って、『全日本シクロクロスも全日本トラックも出場したけど、
全日本ロードレースだけは出場したことが無いなと…』


『出れるときに出てみたい。40代最後の歳の記念に』…そんな気持ちが高まり、
そこからまずは全日本選手権出場資格の切符を取ることに挑戦しました。
過去のリザルトを遡って見てみると、
西チャレに出場している女子は毎年7,8名程だったので、
完走すれば15位までに出場権利が与えられる切符が取れるのか…。

しかし、現実はそう甘くはありませんでした…。
エントリーリストが発表されるとな、な、なんと、25名もいた。
当日は早々に受付に行くと係りの人が、
『完走すると切符取れますから頑張ってください』と言う?
受付の机に貼られたリストには、これまたなんと私を含む7名しか載っていなくて、
お友達の名前や他の選手が載っていなかったので、
そんなことが本当ならと浮かれそうになるが、
そんなはずはないと係りの人に調べてもらうと、
プリントミスが発覚しやはりエントリーは予定通り25名。

苦手なコースで25人中15人に入る自信もなく、
なかなか腹を括れずにソワソワしていると、

03CB3224-1603-40FD-A694-995A25B831FF.jpeg

私と同じく上りが苦手で、
この広島森林公園では集団でゴールしたことのないスプリンターの自転車先生が、
なんと、2人逃げを追う集団でのスプリントを決めてゴールに先頭で飛び込んできた。


A96900F9-83DD-4FBA-BF97-F409E74048F7.jpeg
クラス3位

そんな勇姿を目の前で見て自分も勇気が出るかと思いきや、
スプリンターでも上ることができるんだというプレッシャーで怯えるw

もう、誰かに声を掛けられると泣き出してしまいそうなくらいで、
その場から逃げ出したくて大きな大きなため息を何十回ついたでしょうか…




187F4186-B95B-4E74-8101-75F77BA35C83.jpeg

緊張が解けたのは、一つ前でスタートしたジュニアのクラスで、
スタート直後に落車がありその影響で女子のスタートが約20分遅れとなり、
スタート地点から一旦離れてトイレに行っても良いと許可が出たときでした。
突然呪縛から解き放たれたかのように落ち着いてスタートできました。
先頭から6番手辺りで合田選手の番手で下っていけたので、
ずっと合田選手の上り方を学ぶことができ、
下りの速度は実業団のレースよりも遅かったので余裕があり、
上り返しも上手く前で走れていました。

時々、別クラスの集団から遅れたジュニアの男子が、
女子の先頭集団が近付くと慌てて加速し女子の先頭集団に割り込もうとするので、
声を掛けて下りてもらいつつ集中して走っていると、
突然呼吸が乱れ集団から離脱してしまう。
ここでもっと頑張らなくてはいけなかったという一番の反省点。

それでも直ぐ前に先頭集団が見えていたので追いかける。
後ろは序盤の下りで分裂してしまっていたので後ろには誰も居ないw
三段坂では前が見えているのに完全に単独走。
後ろから男子が数名来たのでラインを譲って集団に乗らないようにすると、
おや???その男子の集団に400番台の女子が3名混じっていた?



で、三段坂は最初から最後まで一人で上ったが、
自分比ではあっという間に三段目の山頂にたどり着き、
『あれ?こんなに短かったっけ?』と、そこから全開で前を追う。


一周目の最終コーナーで、自転車先生が現在の順位を15位と教えてくれるが、
(そんなはずは無い。一人にしか抜かれていないので8,9番手のはずだが、
やはり三段坂で男子集団に紛れていた400番台は女子だったのか?)
他所のチームの監督さんが先頭まで1分だと教えてくれたのは嬉しかった。
上りであんなに千切れたのに1分差まで追い上げれたのかと…


2周目に入るときに他所のチームのお友達の女子が、
『ヤノさーーーん!』と大きな声援を送ってくれたのが励みになり、
モチベーションも上がり全力で前を追っていると、
上りで後ろから追いつかれて抜かれ、下りで前に出て後ろが見えない所まで逃げたのに、
三段坂の途中で追いつかれ追い抜かされると着いていけなかった…
(なんでやねんーーーw)



三段坂の二個目でまた二人に追いつかれ、
あっという間に抜かされ着いていけずに単独で上るw
三段坂の最後の上りには自転車先生が居てくれて、
『絶対前の二人抜けよーーー!!!』と声援を送ってくれて、
山頂過ぎてから全力で追いかける。
下りが速くても上れないと何の徳にもならないと思った日。

最後の最後の上り返しで前の二人にやっと追いついた。
二人パックの先頭の人はずーっと前を牽いていたのか?
背中から怒りのオーラがメラメラと出ていて、
後ろの人はずーっとツキイチしていたのか?
随分と余裕そうだったのでその様子を観察しながら、
最後のホームストレートでどう走れば前の二人より先にゴールできるか考える。


最終コーナーを曲がるとずーっとツキイチしていた選手が前に出てもがき出した。
上りで少し離されてしまうが諦めずに追いかける。
平地に入ってもパワフルに踏んでいく彼女を早目に抜くと、
再度抜き返されそうだったのでギリギリまで待ってゴールラインを先行した。


実業団レースでは他のクラスと時差スタートで途中合流した場合、
バイクコントロールにより先頭集団にラインを譲るようにアナウンスされるので、
今回のレースも自分の認識として他のクラスとは一緒に走ってはいけないと思っていたが、
先頭集団から遅れた者は別クラスの選手と走ることは認められるのだろうか?

実業団や公式の大会では認められなくて、市民レースでは認められるのだろうか。
他人の後ろにドラフティングするテクニックはレースを走るどの選手にもあるだろう…



そういえば昨年の美山ロードレースでの九鬼カ坂の上りで、
男子が女子の背中を押しながら上っている姿が撮影されていたが、
これもテクニックだというのだろうか?と疑問に思っていましたが、
テクニックではなくてモラルの問題?
今大会で優勝した合田選手が三段坂の上りで周りに男子が数名いたのに、
ラインを外して上っている動画を観たときにそんな疑問は払拭できました。
まぁ、自分が先頭集団で走れていればそんな疑問も浮かばずに済むということです。


目標だった全日本選手権への切符も取れましたが、
上りに関してはまだまだ練習していかないといけません。


6C8F327C-B67C-4EDF-9455-59397CF8CC04.jpeg

ゴール後に、自転車先生からもらったおやつが美味しかった…

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ

posted by 桃春momoharu at 17:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

バンク練習【城本塾】60km/h超走/競輪場でローラー練習★★★★★


広島でのレースのことをバンクでの先生である城本さんに報告したら、
上りの弱い私が広島のコースで無事に、
『全日本選手権出場資格』が取れたことを誉めてくださいましたが、

三段坂の動画を見せたら、

『え?!嘘やろ!遅−−−ッ!!!』と、

二度見されるくらい驚かれ大笑いされました…w

上りがこんなに遅いってことは、
平地と下りが如何に速いかという証明だと慰めてくれましたw
ここは、喜ぶべきところでしょうか?www


3F43CE46-740C-452F-9C57-8AF575276352.jpeg

さて、広島でのレースが終わり大好きなバンク練習へ。
今回は、N君とU君と、高校一年生のS君と一緒に練習させてもらいました。
高校一年生のS君とは自転車よりもオートバイの話に花が咲く。
一緒に1000mFTTをしたらバンクの一番上から掛け下ろした瞬間に千切れましたw
残り一周でS君との差をじわりじわりと詰めていくが追いつかなかった。
1000m走は過去に一度しか計測したことがないのですがしんど過ぎてびっくりw



発走台からの200m走は、
城本先生にバイクペーサーをしてもらってる時よりも、
自力だけでの方がタイムが良くて城本先生が嘆いていました…


高速巡航からのラスト全力走では61km/hでも千切れずに、
あと3〜4km/h上げても着いてこれたなと確信。
暖かくなり寒い冬の間よりも空気抵抗が少なくなってきたのかな…。


31049F1C-0B5C-4539-A926-3ED8F2AC3445.jpeg

しっかり補給しながら良い練習ができました。




C76B73A9-DF25-4A08-8B39-B6134C4C7A99.jpeg

木曜日は新紅葉峠での上り練をしてから、
向日町競輪場へサイクルクラブさん主催のローラー練へ参加。


00173EAE-31F9-4EEF-B479-D4BF0201E08E.jpeg

競輪場のローラーは安定しているので家ではなかなか出来ない、
50km/h超走を5分間連続してやってみました。
みんなで良い汗かいて楽しかったです。


読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 16:48| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

ワコール【CW−X】サポート商品が届きました/新紅葉峠〜日吉周回★★★★★


5B3BFFC1-A828-4A3A-95E6-CF11ABDF37D8.jpeg

ワコール【CW−X】様よりサポートして頂く商品の第一弾が届きました。
まずはレースや練習では欠かせないスポーツブラです。

私は自転車を始める前からスキーやスノーボード、オートバイのレースでも、
CW−Xのスポーツブラを愛用しています。
肩甲骨周りの動きやすさと胸のホールド感がお勧めです。
まだ一度も使われたことのない方も是非いかがでしょうか…

CW−X



154A87D2-FA83-4E0C-837C-0474B8AAA72A.jpeg

ワッペンも頂いたのでジャージ類に縫い付けました。
2018年のロードシーズンが始まります。頑張ります。
応援してくださる皆様どうぞよろしくお願いします。


==========

このところ気候の寒暖差に体調を崩さないように気をつけ、
良い練習後には、良い食事と、良い睡眠を心掛けています。

C449F23A-4682-4014-A16A-F27A6D9B514B.jpeg

今朝は少し冷え込みましたが新紅葉峠を上ってきました。
そこから日吉ダム外周を走りノンストップで八木町へ。
一人だと休憩するのが面倒でほぼノンストップで100kmほど走ってしまいます。
明日も暖かくなるといいなぁ…。


読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 18:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

バンクをハシゴ★★★★★


朝8時に家を出発し関西サイクルスポーツセンターへ【城本塾】に参加してきました。

1D2EEBAE-7B47-4DDE-A6C2-196C75023864.jpeg

U君との37km/h〜の周回練習から始まり、
N君と同時スタートでN君を追いかける400m走、
200m地点で追いていかれましたが必死で追いかけベスト更新。

バイクペーサーの速度がどんどん上がって来て楽しいのですが、
バイクの後ろに付いていた大きな板を外されてからは風避けがなくなり、
バックストレートの向い風では苦戦します。



数種類のメニューをこなした後に、
バイクペーサーによる低速から超高速のインターバルを数回した直後に、
高速巡航5周回が追加され悶絶しながらもやり遂げるが、
この直後に我慢しきれずゲロリンパw…
そろそろ限界を感じていたのでしょうか?
『もう終って着替えて良いぞ』と言われたと思ってそそくさと着替えたら、
『着替えるの早過ぎーーー!』と摘み出され、そこから周回させられました…。
冷静に考えると追い込んだ後にクールダウンしないなんて有り得ない話だ…


U君も、N君も最後まで一生懸命追い込んでいて良い刺激をもらえます。
親子ほど歳の離れたこの子達の頑張る姿には毎回胸が熱くなります…。


D07440F1-10E9-4F7B-9472-00972DA353B8.jpeg

練習後に食べた大好物のイチゴが美味しすぎて幸せでした。



そして、いつもはここで帰宅するのですが、


69B584A6-5D35-4BC1-8793-A780EEF5B604.jpeg

今回はそのまま電車を乗り継ぎ、
本日バンク二軒目、向日町競輪場へ移動。




BB38646F-A883-436C-8907-97B6ABDDC9BB.jpeg

京都サイクルクラブさんが主催する、
【ローラー練】に参加してきました。



D8756262-DBBD-480B-A9B9-5F86C4119755.jpeg

元、競輪選手の山岸さんがお手本を見せてくださったり、
個別に指導してくださったりと会費300円以上のお値打ちが。



75180767-EEB4-4F8F-A410-7B36C30E55A8.jpeg

また、ピスト車も貸してくださるので電車移動でも身軽に参加できました。




CDBDE417-1AAA-44BF-B54E-490F292EB9F1.jpeg

三本ローラーを後ろ向きに乗るのが難しく皆で挑戦したり、
止まりそうなくらいゆっくり乗るのが意外と難しかったり、
20時までみっちり皆で楽しく練習させていただきました。
この練習会は事前予約制なのですが、
時間の合う時はまた是非参加させてもらおうと思います。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 21:35| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

MOJYUMA練【北摂へ135km獲得標高2003m】★★★★★

久々に獲得標高2000m上ってきました。
普段から上っている人からしたら大袈裟だと思われるでしょうが、
上りが苦手な私にしたらこれはそこそこな事である。
ここ最近の記録では2016年4月にMOJYUMA練で、
兵庫県篠山市付近の山を攻めた時が1700m超え。
過去最高記録は24時間以内で走った京都〜鳥取砂丘の【3364m】

上りよりも平地が好きな私が一日で2000mも上ったのに、
補給も怠り、練習後のケアも不十分で(どれだけの支障が出るのか実験した)
翌日は脚がジンジンして痛いし熱いし夜中に何度も目覚めましたw



北摂方面は最近ちょくちょく上りに行っているコースですが、
みんなで走っていると少しでも遅れをとらないようにと必死過ぎて、
なかなかルートを覚えられなくて同じコースを二周回していることにも気付かずw

銭原の上り一本目は上りだし序盤でチームの皆から遅れだし、
直ぐに前にいた男性二人を私が抜くと密かなバトルが始まる。
ずっと4倍くらいを踏んでいて勾配の緩むところで追いつかれ、
コーナーで後ろを確認するとまだ後ろに居るーw
(抜くのが早すぎたか?)っと思いつつ抜かれたくないので逃げる…

上っても上っても終らない上りw
もうそろそろ限界か?もうそろそろ後ろの人は諦めてくれたかな?
っと思っているところに上からチームの皆がリピートしてきてくれたので、
そろそろ山頂が近いのだと思い、ここで4,5倍くらいを踏んでしまうw
がしかし、そこからが長かったのなんのってw

チーム員が傍で一緒に上ってくれると甘えが出てしまい、
あと300m、あと250m、あと200m、あと100m…
と、自転車先生に残りの距離をカウントしてもらっていたら、
最後の最後で右横からニョキッとタイヤを差し込んでくる陰?!
てっきりチーム員のtaku君だと思ったらずっと後ろにいたおじさんw
咄嗟に私も反応して差し返すという醜い争いを(笑)

上りは、誰かに勝ちたいとか誰かに負けたくないとかではなくて、
『自分に負けたくない』という領域からまだまだ抜け出せないw
それでも皆が居てくれるとどのくらい上るんだろう?
という恐怖は少しだけ和らいでいるのかな…。
同じ道を二本目上っていたなんて全然気付いてなかったけどw


上りでは必ず皆から遅れるけれど、山頂から毎回皆がリピートして来てくれるので、
『お待たせしてすみません』ではなくて、
『私よりも沢山練習できて良いですね』と思わせてくれる…。



上りでうんと追い込んだ後の急な下り坂は、
後ろの私を気に掛けてくれるF井さんから送れてゆっくり下るようにする。



E16CD2D7-4A95-4B86-967E-2444EC939952.jpeg

同じ道を二回走ったことにも気付かずに、
エマコーヒーではレジで幾ら払ったかも覚えてないし、
席につくとジャケットやニットキャップその他がびしょ濡れで暫く放心状態。


93382AE0-AE03-40EC-901A-70C8DD445CFD.jpeg

楽しみにしていた『あんバター』がたくさん残っていて嬉しかった。



04C2C207-3163-41A9-8DD5-99ADDA8B88BC.jpeg

一口齧るとホワーッと良い匂いが鼻から抜けた…



4F653173-157A-4D44-B7F0-CF3E113DFA0A.jpeg

今までこの付近を何度も何度も走っていて、初めて来ました『野間の大けや木』



328C098A-19A9-4928-B19A-6E06CBE533B0.jpeg

あまりに大きくて全体像が写真に入りきらなかった。


さて、どれだけ上れば終わりが見えるのだろうか?…

清坂峠↑
銭原↑
高山↑
勝尾寺↑
どうぶつ村↑
茨木学園↑
銭原(二本目)↑
妙見↑
野間峠↓
R106
逢坂峠↑
デイリーヤマザキ↑
るり渓↑
船坂↑


るり渓を上る前にTSSが180を超えていて、
本気でこっそり逃亡しようと考えてしまった…。
るり渓の山頂ではドリンク休憩ができると思っていたのに、
山頂をそのままスルーされ本気で鬼オコな気持ちになったけど、
遅い私にペースを合わせてくれている皆は山頂で止まると激寒よねw



DE56F823-C3AB-470D-B96A-F7C1CDBEB262.jpeg

そして散々上ってからの最後の〆は高速巡航からのスプリントが予想されたので、
エネルギーをチャージする。
本日の反省は補給が全然追いついていないこと。
休憩場所はエマコーヒーだけだったし、
背中の補給食もエマコーヒー前に一回しか摂れなかったw


最後の八木町への1%の上りはtaku君が得意だと言っていたので集中する。
F井さんに先頭交代され再びtaku君が先頭の時に千切れ掛け、
後ろに居た自転車先生に押してもらい、
最後、F井さんの牽きでペースが緩むが自らの力で列車に乗るのが精一杯w
いつもならスプリントを仕掛ける場所に来てもスプリントが出来ずに終了w
スプリントが出来ずに終る敗北感ときたら…。


DD470BEE-80BF-4117-8419-0F17C4491CA6.jpeg

家に帰ったら、『最高に上った日』だというお知らせが来ました。
(ガーミン520にしてからの記録)

走行距離:135km
獲得標高:2003m
TSS:278,7

C57E7417-A8B4-49A5-875F-B2B222ED8598.jpeg

一緒にのぼってくれてありがとう…。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 12:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

バンク練習【門脇真由美プロと】★★★★★


5C102012-4995-471B-8769-62C50EA8A692.jpeg


『明日は門脇プロと一緒に練習させるから』と言われ出動することに。
前夜は嬉しくて嬉しくて興奮して夜中は一時間おきに目が覚めた。
ん?これは興奮ではなくて緊張か?w
だとしたら、普段のレースではやっぱり私は緊張していないんだろうなと思う。

朝一のメニューは、門脇真由美プロと二人で周回練習を。
一周毎に先頭交代をして最後は高速で追い込むと言うウォーミングアップ。
門脇プロのリードに従い周回していきましたが緊張して手に汗握るw
プロ選手の後輪をハスルなんてもってのほかだし、
かといって車間開けて早々に千切れるなんてできない。

残り10周くらいからは先頭交代のタイミングで、
まだ千切れていないか?と毎回後ろの私を振り返って気を遣ってくださるので、
自分だけ息が荒れていましたが千切れたくなくて頑張る。
ラスト2周は門脇プロのゴリゴリペースに必死で着いていくが、
残り1周回目の残り半周でじわじわ離れてしまったw


『めっちゃ悔しい〜w』

千切れてめっちゃ悔しかったくせに、
ゴールして赤バンに下りて少し離れた門脇プロにスッと近付き、
いかにも最後まで一緒にゴールできたかを装うのが上手いのなんのってw
でも、自分だけヒーヒーとなった荒げた息を隠すことはできなかった。ふぁ〜w


その後も、練習内容のレベルが回を重ねるごとに上がっていき、
60km/h走とゆっくり走の一周回毎のインターバル練習や、
バイクペーサー60km/hが上手くできるようになってきたとのことで、
今度は後ろからバイクに押されての60km/h走行等など。
高速、超高速域に関しては怖がらずにできているので合格点をもらう。

発走台からのスタート練習では、
今年から競輪学校に入学するT君に『フォームが綺麗になった』と誉めてもらう。


そして、
『乳酸とはなんぞや?!』
ということがよく分かる練習だと事前情報を教えてもらったメニューを三本。
事前情報を聞いて生きて帰れるかと不安になるが追い込む練習は好きなので全力でやるー!
1本目より2本目、
2本目よりも3本目。
と、回を追うごとに脚に力が入らなくてなっていくのが分かる…。
ふぁ…。たった三本なのに…。

三本やりきって脚がガクンガクンで直ぐにピスト車のペダルを回すのを止めたくなるが、
止めると前転しちゃうので要注意。脚がガクンガクンでこれはやばい。
『乳酸とはなんぞや』を体験できましたよ!
普段のトレーニングではプロテインは一切使用していませんが
練習後即、プロテインを飲んでいたU君が羨ましかった…。


練習後は、門脇プロの運転手役に任命されたので私が四輪車のハンドルを握る。
バンク練習でも緊張して手に汗握りましたが、それ以上に手に汗びっしょりw
目的地まで超安全運転で送らせていただきました。
一緒に食べに入ったお寿司屋さんでは私の方が人生の先輩ではありますが、
お仕事では間違いなく私よりも高収入の門脇プロに遠慮なくご馳走になりました。

とても良い練習をさせていただいたことも有難いですが、
何より、プロを育成する為に情熱を注げる人や、
その姿についていこうとする方々がいる環境で学ばせていただけ、
私も一生懸命追い込むことができとても嬉しく感謝しています。


A54918AF-F271-4801-AD2C-3F72B6CF4E3D.jpeg

城本量徳さんにお譲りいただいたペダルです。
大切に使わせていただきます…。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますのでよければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

image.jpeg

200%Jersey

↑サイクルオーダージャージのお問い合わせやご注文はこちらからどうぞ
posted by 桃春momoharu at 19:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする