2011年06月30日

比叡山ヒルクライム完全燃焼〜★

比叡山ヒルクライムが終わると同時に、完全に燃え尽き症候群だ・・・。

CA390793.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



特別に脚が強い訳でもなく、特別に心肺が強い訳でもない自分。
どちらかと言ってしまえば、予想以上に全てにおいて劣っている。
ただ、どんなに遅くても自転車に乗ることは大好きだし
どんなに苦しくても一生懸命になれるのは好き・・・。
険しい山の練習も上りだしてしまえば途中で嫌になったりすることはない(多分)




自分の体力と脚力がスプリント向きでもなければ、
ヒルクライムに向いているとも思えないが、
今より少しでも成績が伸びるとすれば100%勘違いしてヒルクライムではないか?・・・
昨年自転車を始めて3ヶ月目に無謀にも挑戦した信貴山ヒルクライムでは、
下から数えた方が早い順位だったので今回の目標は、【真ん中の順位】
っていやいや、これでも私には目標は高く〜なのですよ・・・




今のままの練習量では真ん中の順位なんて絶対無理だ・・・っと、
比叡山ヒルクライムに向けていつもより頑張って練習に励んでみた。
当日までの一ヶ月の練習量は晴れた日は必ず野外を走り、ざっと1055km。
一ヶ月に1000kmを走るのはとどきそうでとどかない目標だと言われたがその通りだった。
山を上った後に距離をかせぎたくて一日に一人で100km走ってもやっとこさ。




前夜は22時には床につき、途中電話で起こされるが朝6時に起きたので
睡眠時間はたっぷりとれた。
スタート地点から3,7km離れた指定された駐車場は路面が草むらでギョッと思ったが、
以前の大会で親切に話し掛けてくださった方を見つけてご挨拶。
いつも笑顔で応えてくださり一人で参加している私も勇気付けられ心強くなる・・・。




会場までの上り坂は私の脚には厳しそうだったので
なるべく緩斜面の坂まで車で移動してウォーミングアップを一人寂しく開始する。

以前教えてもらった軽いギアを使ってクルクル回し行ったり来たりする。
いつも人に頼ってるのでどの程度やればいいのかさっぱり分からないが、
心拍が180を超えたのでこんなもんか?っと終了する。
スタート地点へは車が入れないのでそこで主人に見送られ会場までの2kmを一人寂しく走行した。
会場までの上り坂を見て拒絶していたが以外にもシッティングのまま上れた・・・。
あまりにも脚がクルクル回ったので『ん?もしや?・・・』っと期待した。




メカニックが少しでも楽に上れるようにとバイクを軽量化してくれ、
リアのボトルゲージもライトも外せるものは全て外して、
サドルバックも、ツールボックスも下ろして比叡山HC当日の車重は【6、7s】
そのお陰もあってか今日は軽いな〜なんて喜んでいたら、
スタート地点に並んだ女子の自転車を見て驚いた!・・・



『ライトも、空気入れも、サドルバックも、ツールボックスも積んでいる・・・』
更に、お守りなどの可愛らしいマスコットがサドルの後ろにブラブラぶら下がっていた。
おまけにリヤのカセットは殆ど、いや自分の周りは全員25Tだと思われる。
ヒマワリのように大きく花びらが満開に開いているのは自分だけだったw・・・
自分の大きく咲き誇った28Tのカセットを思わず隠したくなった。



ついでに言うなら、自分のクランクはコンパクトより小さい32Tだしw・・・。
『あぁ・・・あぁ・・・あぁ・・・あぁ・・・ここまでしないと上れないのかっ!』っと笑えてきた。
が、『自分の脚力にあったギアで上るのが正解ですよ』っと応援者に励まされた。
ヒルクライムが強いという女子を紹介してもらったので心拍数を聞いてみれば、
心拍計をつけたことがないから知らないと言う・・・。
『山を上ってみれば山登りが好きだったんです』って、そんなものなのか?・・・




自転車の写真を撮ってもらったり、素敵なジャージを着た女子と喋ったり、
井戸端会議状態の中、脚にオイルを塗る人もいた。
スタート時間が遅れたので、時間通りに飲んだエネルギー源が消化されるのではないか?
っとちょっぴり心配したがそれ以外は相変わらず平常心。





いよいよスタートすると、クランクもカセットのサイズも周囲とは違うので、
周囲の人と脚を合わせたかったが合わなかった。
以前、車でコースの下見をした時に、今ある力で出来るのは
1,5kmまでの上りをどうやり過ごすかだと思っていたので、
20名ほどが先行する最後尾につける。というかその時点で心拍が180に達していた。
頑張り過ぎてしまうと最後までもたないし、そのままなんとかやり過ごす。


練習で心肺が少しは強くなったと思っていたが、
ゼーゼーハーハーと言いながら苦しみながら上っていると1km付近だろうか?
先にスタートした男性が自転車を押しながら上り、必死で上っている私にカメラを向けた。

『おいおい、なにを無断で撮ろうとしているんだー?!』しかも、デジカメでw・・・
『その写真をいったいどうする気だ?、まさか無断でブログにアップしないだろうな?』
『苦しんでいる姿を撮るんじゃないっ!』っと言ってやりたかったが声にならずに睨んでいると、

ありがとうって感じで手を挙げて会釈されたwww・・・



サングラスをしたまま睨むと、カメラ目線を送っているとでも勘違いされたのだろうか?
いまだに謎でなんだか気味が悪い・・・。





少々気分が悪いまま、1,5kmを上りきると、
後は、心拍が185を超え心拍計の警告音がピコピコピコピコ鳴ろうが必死で上った・・・
後ろから脚をクルクル回した女子に抜かされるとその後ろについてケイデンスを上げる。
抜かれたら抜き返すを繰り返し、序盤飛ばして落ちてきた人を抜く。



後半の下り坂の手前で、
『あと200メートルで下りに差し掛かります』っというガイドの声が聞こえる。
そのあと200メートルの上り坂で自転車を押したり、ウンウンと蛇行しながら上っている人を
ダンシングやサドルの前に座りクルクルと脚を回して何台か抜く。
恥ずかしがっていた28Tのスプロケットがこの時ばかりは役に立ったと思う。



下りに差し掛かった瞬間、ピンク色のジャージの女性に抜かれる。
その時に、ウィーンウィーンっと音がしてこの女性も電動デュラだと分かる。
ウィーンウィーンと言う音に反射的に反応してその女性の後ろに乗る。
台数は覚えていないが何台か抜き、このまま楽に乗っていれば良いのか?っと思ったが、
ゴールまで2kmほどなので行ける時は行こうっとその女性の前に出てゴールを目指し全開で逃げた。


心拍計がピコピコピーっと鳴っていてうるさかった。
下りでも脚を休める事無く回し続け心拍はデータ上ずっと190オーバー。
そして自分と同じ電動デュラの女性からは逃げ切れたようだが、
『この方の背中を見て走りたい』っと目標にしていた女性を下りで抜いたのに、
ゴール直前の急勾配で物凄い勢いで抜かれた。
最後まで諦めずに下りのスピードの勢いのままアウターで上りきるが、
抜かれた瞬間の距離は残りの5mほどではどうすることも出来ず悔しかった。
ゴール付近で応援してくださっていた方々の盛り上がった声援が聞こえた。



ゴール後、目標にしていた方に最後に抜かれて一人で凹んでいると、
ブログ閲覧者の方が声を掛けてくださり延暦寺までの2kmほどは一緒に走ってくださった。
自転車で繋がってブログで繋がって実際にお会い出来るって感動しました・・・

CA390786.JPG




当日誕生日だった主人が、
私が10番台でゴールできたらビックリだっと言っていたので、
そのことを念頭にそれはもう自分なりに相当精一杯走った。
ゴール後、出迎えてくれた主人に、
『抜かれるよりも抜いたし指示された通りに走れたので、
10番台前半でゴールできたのではないかと思う。良い結果だと思う〜』
っと期待させてしまったら、実は2グループに分かれてのスタートだったらしく、
自分の順位を単純に二倍したら結果20番台の着順だったwww・・・。
しかし、目標だった【半分の順位】は達成したし、
リザルトの結果では目標にしていた方より上位だったので勘弁してもらおう(笑)



日頃何から何までこれだけのサポートをしてもらっているというのに、
主人の誕生日に何も準備していない私ってどんだけ鬼嫁なんだかっ・・・汗




CA390787.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

『参加者は延暦寺の参拝料無料です』っとアナウンスされてましたが、
エントリー費に参拝料を含むっと記載されていたので無料ではないだろ。
っと内心問いただしていたが参拝しなかったのでどっちでもいい・・・。

最後に、当日お話させていただいた皆様ありがとうございました。
またどこかでお会い出来る日を楽しみにしています・・・桃春。
posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

電動デュラ【Di2】導入〜★

自転車に乗り始めて今月の末でちょうど一年・・・。



それまでママチャリにも殆ど乗った事のなかった主婦の私が、
勢いで買ってしまったLOOKのフレーム・・・(確か小径車を買うはずだったんだけどw)
そのフレームがいつ、ヤ●オクに出品されるのかと周囲がかなりヒヤヒヤしたものです・・・。



それからというもの、チームの仲間と一緒に走ったり、
ショップの練習会に参加させて頂いたり、競輪選手に指導して頂いたり、
練習やポタリングをはじめ、エンデューロやクリテリウムに、ヒルクライム、
またサーキットや競輪場を走る機会を与えてもらい充実したあっという間の一年間だった・・・



みんなと一緒に走る練習会で足を引っ張らないために独りで秘密練習をいっぱいしたな〜
それでも、練習会ではいつも一番遅くて心の中ではいっぱい泣いた・・・
普段、練習していない人にあっさり負けてしまうのが本当に悔しかった・・・
自分独りじゃこんなに自転車が大好きにはなっていなかったと思う・・・




自転車を乗り始めるきっかけをくれた仲間や、
始めて自転車に乗った日から今まで見放さずに多くの事を指導してくれた●●さん、
いつも一緒に楽しくて苦しい練習をしてくださった皆さんや、
少しでもみんなに追いつけるようにと多種多様な技法を提供してくれるメカニック、
そして自転車の事は全く分からなかった私のこのブログに、
心温まるコメントを頂き励まして下さった皆様のお陰だと感謝しています・・・。





そして今度は、一年間楽しく走り続けてこれた記念に、

【電動デュラ】を導入〜ときたもんだっ〜!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

TS3E0390.JPG





この一年間の自転車への食いつきようは、

『もうー、自転車なんて止める〜』


なんて言わないだろう?っという安心感が自分にも芽生えたのでしょうか?・・・


いや一ヵ月後には、『もう飽きた〜』なーんて言ってたりして(汗・・・)






CA390771.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

継続中【上り練】で得たもの★

兎に角、まわりのみんなより体力不足な私w
おまけに背中のポケットから補給食を上手く取れない私の為に、
走りながらでも気軽にゼリーの補給ができるようにしてもらってからは、
一人でコンビニ休憩ができない私も随分助かっている…。

CA390769.JPG


CA390767.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






上り練習を続けていて得たものと言えば、


『羞恥心を捨てることができた』


あ、これは得たものなのか?それとも失ったものなのか?…




以前では一人の時は必ず、仲間と走る時も女子が私一人となる時は必ず履いていた
ヒラヒラのスカートをついに脱ぐ事が出来ました…。
初めて自転車レースに出たときは、レーパン姿になるのが恥ずかしくて恥ずかしくて、
レーパンの上にショートパンツを履いて出場していました…。


『恥ずかしがらずにレーパン姿になれたら速く走れますか?』…なーんて真剣に考えたものです…


今迄なら一人の時はなるべく地味な色合いの服装を選んでいたのですが、
最近は逆に、走行車などに気付いてもらえるように派手な色を選択するようになってきました。



先日は閑静な住宅街で、

『うわっ!あの人、派手ーっ!!!』

っと大声で叫ばれましたwww…


声のした方を振り返ると、小学生の女子がしまったっという顔をして手で口を押さえていて、
思わず心の中で、『#$%’)%$#$%&())()=”』ブツブツと、
君達にもきっと自転車の楽しみが分かる時が来るよ〜っと言い返していましたw…








そして、『なぜ上るのか?』っと言うことを理解し、
あれだけ嫌がっていた上りの練習を自ら進んで行くようになりました…
ここ3日間、降りしきる雨空を窓から眺めては山が恋しく思える自分がいたりする…
(高熱が出る前兆か?)




一番大きく成長したのではないかと思うのが、
『ゼーゼーハーハー』と時には井戸の底から聞こえてきそうなウメキ声や、
産気づいた妊婦のような苦しそうな声が出なくなりました。
心肺が少しは強くなったような?…気がする。
いつも孤独な一人練習なので、単に追い込んでいないだけだとしたら悲しすぎますがw…



あとは、クリテリウムを走るために5キロ増量した体重がすっかり落ち元に戻った。
次の挑戦はヒルクライムなので人間の軽量化ができたと思えば良かったのかな?…

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

次の記事は大会前のメンテナンスかな?…







posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

トライアスロン始めちゃおっかなっ!?★



『出来るわけねー!!!』


何度も言いますが、
私、泳げないし、持久走も苦手だった事を思い出した…トライアスロンなんて出来るわけないw




LOOKからKOM EVOにフレームを変更したら、
シートポストが短くなり、ボトルが積めなくなった。
そもそもボトルゲージを付ける為のボルトの穴も開いてません…。



一人ぼっちの孤独な練習では、写真を撮ったり、コンビニ休憩などで足を止めるのが面倒なので、
トライアスロンの自転車みたいにボトルを3本積み仕様にしてもらった…。



CA390765.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





ボトル3本積みとなると長距離でも安心になり、また調子に乗り山上り練習をしたその足で、
7月18日に京都府精華町で開催される【けいはんなクリテリウム】のコースを下見に行って来た。




途中、そこまでの道順が分からなくて道に迷っていると運良く原付に乗った警察官を発見っ!
声を掛け道順を尋ねると、

『何処から走って来たの?』…『宇治田原方面からです』…
『学生さんか?』…『いいえ』…
『社会人か?』…『はい』…

『女の子一人で頑張ってるね〜』…『は、は、はぃ…』




、てな会話をしながら、
原付に携行していた地図を広げて現在地と目的地を丁寧すぎるくらいに親切に教えて下さった…。




すると突然、『事件も無いから送って行ってあげよう』っと言って100CCの原付で先導してくださる事に!





レースの先頭集団ってこんな気分なんだろうな?…
ゴールスプリントって気持ちが良いんだろうな?…

っと浮かれていると、









これは本当に道に迷い助けてもらい有難い…はずなんだけど、





『お、お、お巡りさん〜〜〜速すぎるぜ〜〜〜www…』





私にとっちゃ結構な上り坂を、結構な速度でブイーンっと惹くお巡りさん…w
ゼーゼーハーハー言いながらサイコンはピコピコピーっと音を鳴らして心拍195ですよw


あぁこんな事になるなら、『ただの主婦です』っと言っておくんだったwww…。




クリテリウムの周回練習をするはずが、一周走ってグッタリでギブアップw(−−;)






『既にボトル3本とも空っぽですや〜ん…w』


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^

posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

山登り練ベストタイム更新の褒美★

毎日毎日、孤独な山登り練ばかりしていて辛くなり、とうとう逃げ出したくなった・・・w

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




そんな時、チームの仲間から、

『休養することも練習の一つのメニューである事を忘れないで』

っと助言をもらった・・・。



有難い助言通り丸一日しっかり休養をした・・・。
追い込んだ後の脚のためには軽いギアで負荷を掛けずに脚を回す【回復走】というのがあるけれど、
逞しく成長してしまった上腕二等筋には何をすれば良いのでしょうか?・・・w
このままでは間違いなく水泳選手に間違われそうですが、


『私、多分、泳げません』(ハハハ)









・・・毎日山を登っていて精神的に辛くなるのは嫌なので、
ベストタイムを更新したら自分へのささやかな褒美を与えることにした・・・。




ま、ヤル気が出るならどんな形でも良いのであるw・・・






単細胞が調子に乗ると怖いのです・・・





京都にある猿丸神社の上りのベストタイムを一気に3分も更新した!



って、『今までどれだけ遅かったんだ?!』という突っ込みは心の中だけでお願いしますw






【ご褒美は】

以前、コメントで美味しいパン屋さん情報を提供してくださった、

京都の黄檗にある【たま木亭】へ行ってきた・・・


CA390754.JPG




ここのパン、クリームパンはクリームがたっぷり入ってるし、
角切りベーコンがどっさり入っていたり、兎に角何でもドッサリでビックリ!
安田美沙子さんが一番美味しいパン屋さんだと紹介していたのが頷けた・・・。
山上りの練習をする楽しみが出来た・・・。

CA390758.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

初めてフルーツ大福を食べた時の事が忘れられません・・・
次の褒美はフルーツ大福を買いに行こう〜・・・

posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

孤独な山上り練継続中〜★

孤独な山登り練習を開始してから一週間が経過・・・


三日坊主で終わると思っていたけど何とか継続中。


CA390752.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





そろそろ疲れてきたな〜っと思った頃に、
仲間が一緒に走ってくれて下降気味だったモチベーションが救われた・・・

仲間と一緒にスタートした山の上りではあっという間に置いてけぼりだったが、
仲間を必死で追いかけたお陰でまたベストタイムを1分も更新出来た・・・。


平地では牽いてもらいながらだが40km/hペースを千切れずに走れたのを誉められ気分上々。




だが、ここへ来て初めて苦手な上り練習に根を上げた・・・w




『体が重い・・・』



『今日は、自転車が煽られるくらい風が強いよぉ〜』・・・w

『体がだるくて重いんだよぉ〜』・・・w

『れ、れ、練習休んでもいいかなぁ〜』・・・www



っと子どもじみた言い訳をアレコレ並べてみたがどの言い訳も通用しなかったwww・・・






『体がしんどいのは分かってるっ!』

『ここからが良い筋肉が付いて良い脚になるのだ!』

『しんどくなってからどれだけ頑張れるかだ!』

『ここで止めたら今までの苦労が水の泡だ!』



『明日はきっと雨が降るからもう一踏ん張りしておいでっ!』・・・



そう宥められ、『明日は雨だ。きっと雨だ!絶対雨だっ雨だー雨だー!』
と、雨乞しながらいつもよりも急勾配の山を選び、
雨予報が続くのならばっと、いつもより距離を延ばして走った・・・


そして、雨乞いしながら眠ったというのに、




なのに、なのに、翌朝は曇りだw

『雨なんて降ってないや〜んっw』






『明日からは絶対雨が降るから!』

っと言われ、今日もまた山を上りに行って来た・・・。




走りに行くまでは嫌だ嫌だと言ってても、
走り出すとやっぱり楽しくて仕方ないのですが・・・。





毎日走っていても、追い込めていないせいか筋肉痛にはなっていないが体がだるい。
体がだるいっというか上腕が重いw・・・
まさかと思いながら鏡の前でボディービルダーのようにポーズを取ると、
右腕の上腕二等筋がヤバイ事になっていたwww・・・


自転車以外に、上腕二等筋を活かせるスポーツをした方が良いのでしょうか???・・・www

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

孤独な山上り三昧★


『上りが速くなる為には何度も上るしかない』



っという言葉を信じて、今日も京都にある柳谷観音を上る・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



2日:孤独な山上りをする為に60分3本ローラーを回す


3日:LOOK566から【KUOTAKOM EVO】にフレームを変えてから初の柳谷。
   タイムが1分短縮した。1分も?というべきか、たった1分?と言うべきかどっちだろ・・・


4日:勾配10%以上が続く上り7キロの山〜実家〜自宅で100キロ走る


5日:また柳谷観音を上る。
   頑張って上ったつもりがベストタイムより10秒遅れw


6日:またまた柳谷観音を上る。
   昨日のタイムロスを反省し、ダンシングやシッティングを取り混ぜて攻める。
   ベストが30秒短縮。っが目標タイムより2分30秒も遅いw・・・


8日:チーム員が一緒に上ってくれると言うのでこれから上りに行く。





どちらかと言えば、自転車に乗り始めた頃は、『上りよりも断然下りが大好きでした』・・・。
けれど自転車に乗り始めて直ぐの頃、
実は、思い出したくもないくらい怖すぎてブログ上では封印していますが、
一人である山を60キロで下っていてリヤタイヤをロックさせてしまい激しく落車した事がある・・・



ジャージやタイツが破けて、サングラスやドリンクボトルが飛んでいき、
膝と肘、くるぶしから流血、右肩から着地して最後に後頭部を地面にドンッ・・・


車が来てなかったのが不幸中の幸い・・・。
外れたチェーンを掛け、ハンドルやブレーキの不備を確認するが
ずっと心臓がドキドキしていた・・・
傷ついた自転車に乗るのも不安だし何より怖くてもう下れないと思い、
クリートが減ることなんて気にせず、トボトボと自転車を押しながら下った・・・


その時に、自転車を押しながらトボトボと歩く姿を見て助けて下さった方がいた・・・
『大丈夫ですか?怖かったね。怖かったね・・・』っと何度も声を掛けてくださった。
怖くて震えが止まらず本当は泣き出しそうだったのを必死で堪えた・・・
『怖かったね』と言う優しい言葉に今にも泣き出しそうで、
ギタギタに傷だらけになり歪んだフレームのサングラスを外せなかった・・・。
応急処置でブレーキを調整してくれ自転車に乗り一緒にゆっくりと山を下ってくださった・・・。




山を下っても暫く心臓がドキドキしていてお名前を聞いたのかどうかも覚えていない。
ただ覚えているのは自転車に書いてあったメーカーのみ・・・。
あの時、私を助けてくださった方にお礼を言いたくてあの山へ登る・・・。
きっとまたいつか会えるのではないか?っと思って一度は嫌いになった山へ登る・・・。


あの時の恐怖が忘れられなくてあの場所が近付くとあの時の恐怖が蘇るが、
あの時、私を助けてくださった親切な方にお礼が言いたくてあの山を登る・・・。





あの方にお会いしたくてあの山を何度も上るが、下りはゆっくりゆっくりと・・・。
そろそろ下りよりも、上りの方が好きになりつつある・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ホイールのスポーク交換をした★

雨が続いて屋外に走りに行けない間に、ホイールのスポークを組み代えてもらった・・・。



CA390726.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




【SAPIMのLaser 1,5mmの丸スポーク シルバー】だったのを、

【SAPIM CX−Ray 2,2×0,9mmのきしめんスポーク ブラック】に変更。


CA390734.JPG



美容院で、ショートカットからその日のうちにロン毛にする為のエクステの、
色や、値段、今日は何束付ける?という話ならよく分かるのになぁ・・・





体重と、パワーを考慮して、
今までのスポークの張りは軟らかめだったので、少し硬めに組んでもらう・・・

【変更前】

TS3E0365.JPG



【変更後】

CA390744.JPG





【バーテープ小細工巻き】

CA390727.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


高速スピードでも薬指と小指でしっかり握れるように、
下ハンドルの先端を薄い物を使って細くするという小細工を施してもらいました・・・
どんどん進化していくバイクに人間が追いついていないのが悲しすぎますが、
それでも自転車に乗る事が、『楽しい』のが唯一の救いですw・・・


posted by 桃春momoharu at 00:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

土砂降りの美山ロードを走った★

先日の日曜日は京都で開催された【美山ロード】に参加して来ました・・・。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


2週間前から体調を崩し、
一週間前には40度の突発的な発熱と長引く咳が一向に回復の兆し無しw
喉を痛めて出なくなった声が前日に何とかハスキーボイスにまで復活。
昔から、ハスキーボイスに憧れていたのでここぞとばかりに、
『中村あゆみ』の翼の折れたエンジェルを熱唱しようとするが、
肝心なサビの、『うぅ〜翼の折れたエンジェル〜』の『うぅ〜』が全く出ないw・・・


『ダンシングオ〜〜ルナイト』や、『ボヘミア〜〜〜ン』、なら叫べるのだが・・・w

っとそんな事はどうでもいいのだが、





その上、台風直撃という悪天候の予報で周囲のモチベーションは低かった・・・。



周囲:『明日は間違いなく台風直撃で大雨だろうね〜・・・体調も悪いしね〜・・・』


っとどうも私に、【DNS】をするように促しているようだった・・・。








けれど、私の応えはこうだった・・・。
『雨の中、走るのは全然怖くないよっ!みんな同じ条件だし無理はしないから大丈夫っ!・・・』
練習会で仲間と、山岸選手に特訓してもらったので走りたかった。試したかった・・・。


だったら、
『九鬼ケ坂峠の手前で売り切れても良いから先頭集団で走れ!』・・・という約束で出場させてもらった。




そう、きっと、悪天候で大雨の中、
この私が無事に完走する事よりも、落車する事を想像する方が簡単だったかも知れない・・・
初心者の私にはあまりにも危険すぎると心配だったろう・・・




レース当日は予報どおりの土砂降りの雨。途中、警報も発令された・・・
どこもかしこもびしょ濡れだったので車の荷台でローラー台をクルクル回す(笑)
冬用のインナーと冬用ジャージが直ぐに汗ビッショリになり夏用ジャージに着替えた。


スタート前の待機所では、『良い自転車に乗ってますね〜』とか、
『この自転車、山に強いんですよね?』とか、『軽いんでしょ〜?』っと
自転車をネタに沢山の方に声を掛けて頂きました・・・。
KOMの事は何も知らなかった私ですが、買ってから好きになる事もあるのですね・・・
突然私の元へやって来たKOMですが、益々この自転車が大好きになりました。



そしていよいよスタートですが、相変わらず全く緊張しておらず、
写真を見ればどこかを見て笑っているw・・・
おまけに歯を見せて、いったい誰に笑いかけているのか謎であるw



序盤、同じジャージを着た二人組みの女性が先頭を牽く・・・。
その後ろに、高校生風の二人組が続く。
その後ろに私が着き、必死で着いて行く・・・。


以前より、男子のレースでは先頭にいると、『回しましょう』っと声を掛け合い先頭交代したり、
時には、『先頭交代してやれよー!』っとどやされたり、
結構喋りながら走っていると聞いた事があり、
いつか私も先頭の雰囲気を味わってみたいと思っていました・・・。




そして、今回初めてその先頭集団の雰囲気を味わう事が出来ました・・・。

『めっちゃ雨降ってるや〜ん・・・』
『これ走ったら温泉浸かりたいわ〜・・・』
『終わったら何食べる〜?・・・』

え?、そうなん?そうなん???・・・
っと、走りとは全く関係ない話をしながら余裕で走る選手達・・・。


そんな楽しそうな会話を聞きながら、いっぱいいっぱいな自分w・・・。
先頭集団を走った事が無い私にとっては明らかにオーバーペースでしたw・・・
ってか、皆さん本当にビギナーですか?ってくらい速くて強くて驚いた!


練習で苦手だったトンネルの手前のちょっとした上りも必死で着いて行き、
谷間の上りも、『千切れるものかー』っと踏ん張り2列目を走る・・・。
もう、いつ千切れてもおかしくないペースだったけど、
前車の後輪から上る水しぶきを避け、顔にぶち当たる雨を何度も飲み必死で走った・・・。



っと、九鬼が坂峠の手前で苦しくなった時、後方から大きな歌声が聞こえてきた・・・
雨の音で何を歌っているのか聞き取れないが兎に角デカイ歌声だった・・・。
私も、『うぅ〜・・・うぅ〜・・・翼の折れたボヘミア〜〜〜ン・・・』っと歌いたくても声が出ない。
と言うか、歌をうたう余裕なんて私には全く無かったっw・・・
女子の先頭はみんななんて強いんだろうか!・・・



そして、私のレースは約束どおり本当に九鬼が坂峠の手前で終わったw・・・。
峠に差し掛かる左カーブで後ろにいた殆ど全員にゴボウ抜きされたので、
【KOM】が山で強いのかどうなのか全く試せなかったwww。

下りは、予想以上にブレーキが利かなくてどのカーブもオーバーラン!w
しかし、晴天のレースならもっとペースは速いんだろうな???・・・
もっともっと強くならないとっと思い知ったレースだった・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 01:14| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする