2012年03月31日

【cervelo R5 VWD】2台目?!〜★★★


CA391381.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



自分の、【スペアカー】だったら非常に有難いんですけどね・・・んな訳が無い。





私よりも半年程後にロードバイクデビューしたチーム員の彼は、
練習も無しにあっという間に私を追い抜き、置いてけぼりにするのです・・・
確かに男子に勝とうなんて貧脚の私には到底無理な話なのですが、
『練習無しで』っていうのは聞き捨てなら無いわけでして〜・・・。


一番身近に居る彼を何とかしてヤッツケラレナイモノカ?・・・(大きな希望)





『山の上りで、もう少し車体が軽くなったら目の前の彼をやっつけられる!』
(長距離の後半、彼が疲れだした頃限定だけどw・・・)



そんな願いに応えようとメカニックが薦めてくれた、【cervelo R5 VWD】・・・




『よ〜しこれで彼をやっつけてやるぞ〜!エイエイオー〜!』




っと浮かれていたら、私と同じフレームを購入しちゃった彼・・・。




【cervelo R5 VWD 姉弟】、の誕生です


ん?親子か?

いや、ギリ姉弟で許してもらおう〜(笑)


ええ、勿論、『彼をやっつける』っという浅はかな夢は無残にも砕け散りww・・・
一緒にスタートした柳谷観音ではスタート直後の平地で千切られ2分20秒差をつけられたw
結局、一度も彼に勝つ事無く終わりましたwwwww・・・・・


これからは、『全然乗ってないんですよ〜全く練習してないんですよ〜』・・・
なーんて言葉は信じないようにしますっ!(キッパリ)



CA391377.JPG


レース中、メインカーのトラブル発生時に用意される予備車の事を、『Tカー』と呼ぶそうですが、
彼も同じDi2デュラ仕様だし、サイズも同じだし、いつでも、どこでも、どんな時も、
ハンドルさばきはプロ並みの彼に安心して委ねられる・・・


『いつでも彼のTカーとして備えようと思いますッ!』


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 15:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

momoride4月号発売/レース中にウォーミングアップをする★


momoride-4月号発売ですっ(←そんなの無い無いっ・・・)


表紙2.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



=============================

さて、先日の日曜日は今シーズン初のクリテリウムに参加してきました。
『女子のクラス分けが無いから実業団女子と一緒に走れますよ!』っと言われ、
自分の実力が云々よりも、実業団の走りを目の前で見れるって凄いじゃない!
しかも実業団の方と一緒に走れるなんて何と素晴らしい!・・・



っと本当にエントリーしてしまった訳ですが、
レース当日は、もう三月も終わりだというのに寒くて寒くて寒すぎる・・・
強風が吹き荒れ、ビデオカメラの三脚や、
折りたたみ椅子が風で吹き飛ばされるくらい風が強い。
しかも、雨が降ったり止んだり、時にはみぞれ、帰宅中には雪が舞っていた・・・


そんな悪天候は、日頃から寒さに弱い私には強敵だった。
試走では体を冷さないようにと兎に角いつも以上に冬装備。
いつもと違うのはシューカバーの下にカイロを貼らなかったことくらい。
終了時間いっぱいまで走ったが何周走っても体が全然温まらなくて、
逆に足先が冷えてしまった・・・。



スタート地点に並ぶと、
10人中半分は実業団や大学生選手や速くて強い人だったそうです・・・

20120325_110024.jpg



スタート直前に、
私の専属コーチが、『後ろには下がるなよ!』っとデカイ声で渇を入れてくれたのですが、
その声に私が返事をする前に、他の誰かが『ハイッ!』っとデカイ声で返事をした・・・

結局自分は返事をし損なったままスタート。
ズッコケそうになっていると、クリートがなかなか嵌らなかった(笑)


スタートで遅れた分を直ぐに取り返し、
指示通り1コーナーはイン寄りで回る。
2コーナーを出て直ぐにスルスルッと前へ出て2番手のポジションをゲット!
我ながら良いポジションが取れたぞ〜っと思ったのも束の間。
自分の後ろで、『●●ちゃん、そこ前に出て!押さえて!』
っとワラワラと慌てた声がするや否や、後ろから5,6人がドッと前に出る・・・




悲しい事にその一瞬の力強さが自分には無かった・・・
残念すぎるが、寒さで体が全く動かなかった・・・こんなの初めてだ。
一瞬で先頭から千切れ、もうレースにはならないと判断し、
一周目のゴール付近にいたコーチに、脚を止めてゆっくり近付き、
『ゴメン。無理だった。やめてもいい?』っと声を掛けたが、
まさか一周目でリタイヤするなんて思ってもいないので伝わらない・・・


『頭下げて追え追え!頑張れッ!』

っと声援を送ってくれた・・・。



そんなに一生懸命応援されたら頑張ってしまうわけですが、
寒さで動かない体がどうしようもなく悔しくて、
2周目も、3周目も応援してくれるコーチの前を通り過ぎる時は溢れる涙を堪え、

途中、小学生がスタートし混走だったのですが、
小学生の先頭集団に引いてもらうなんてそれだけはアカンやろう〜
っと道を譲り、何とか最後まで走りきろうとするのですが、
観衆の前を通り過ぎるときは恥ずかしさでいっぱいなのでありました・・・。


結局、一周2キロ×4周のレースは、
最後の4周目にやっと体が温まり動き出し始めましたが、
レースはそう、4周で終わりなのです・・・。(ガーン)
レース中、終始ウォーミングアップをしていた私です(うぅぅ・・・)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 02:39| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

初パワータップ体験で大収穫★★★


先日チーム練習が雨で中止になったところ、
チーム員がパワータップ付き車輪を貸してくれるというので、
室内にて一緒にローラー練をしました・・・。



日頃は三本ローラーがメインで、
固定ローラーは退屈を感じるのであまり好きではありませんが、
メーターを眺めながら目標を持って記録にチャレンジできるとあれば、
普段【サイクルメーター】がトラブルとやる気を喪失する自分にとっては、
それはそれはとても楽しいことである…


CA391361.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






まずは、お友達のお手本を見る・・・

CA391362.JPG





お友達はポジション変更のため、「あーだこーだ」と会話しながらクルクル回すわけです。
なので開始早々に息が切れて、
練習会が中止になる間際に作ってしまい要らなくなったドリンクを早々に摂取するのです・・・


その様子を見ていて思う・・・。

『そんな訳ないやろ〜〜〜』
と・・・ハハハハハ。


しかし、自分の順番が廻ってきて、
いつもよりかなり重いホイルを回そうとして、即効で息絶え絶えに・・・w



自ら、『ウォーミングアップは3分だと』言ったけど、
そのウォーミングアップで薄っすらと額に汗をかく・・・。

ローラーするのに着込みすぎだと笑われた、
ウインドブレーカーを脱ぎ捨て、
長袖ジャージを脱ぎ捨て、
ネックウォーマーを脱ぎ捨て、
野球拳をしているわけでもないのに一体どこまで脱ぎ捨てるつもりでしょうか?・・・

っと萌え萌え感な思わせ振りをしつつ、
レッグウォーマーは膝が冷えるので脱ぎ捨てないっ。
って確かに着込みすぎですね。(笑)



で、自分の脚力はどのくらいなのだろうか?っと取り合えず回してみると308W。
いつもはこんな力では回していない・・・
一瞬の最高パワー値はお友達の三分の一でした・・・
ま、日頃から重い負荷を踏めてない踏めてないとは思っていましたが、
ここまで踏めていなかったとはトホホホホ・・・。


そのまま回し続けて、
『200Wを切らずに回す』というルールでは、
33秒で心肺の限界を迎え『アカンッ』っと一言発して脚が止まるw



本日のローラー総時間、18分でした…
たったの18分で汗ポッタポタですわよ…




一時間ずっと同じくらいの力で回せと言われれば、
せいぜい160〜170Wくらいでしょうか・・・




しかし、どうすれば踏み回すことができるのかという事が体験できたのは、
とても良い収穫だったし、
あまり好きではなかった固定ローラーが新たなゲーム感覚で出来たのは大満足だった!

『えーーー!!!』、自転車ってこんな風に漕ぐのですか?っと今更ながら思った・・・
『まだまだ、もっともっと伸び代がある』っと思えばポジティブに・・・。
今回初体験の数値は予想通りとてもとてもショボカッタのですが、
今後の成長を期待して恥を承知で記しておこう〜(てへへ)


いつかみんなのローラー台を集めて、
みんなで一斉にローラーを回してみたいと思う私は変ですか?笑



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつもクリック応援感謝しています^^

posted by 桃春momoharu at 18:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

桃春、琵琶湖に出没の巻★★


以前よりブログを通じてお友達になった、
ルパンさん、銭形警部さんと琵琶湖まで行ってきました。




CA391347.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


琵琶湖までは、京都府の宇治川ラインから3号線を走り、浜大津の公園を目指します。





宇治川ラインをルパンさんは脚をクルクル回して高回転で飛ばします。
お昼の休憩後で悲しくも完全に心肺は休憩モードのアタシ。
自転車の軽さは誰にも負けてないので、『千切れてなるものかー!』
っと自分的には、かなりハイペースでついて行くが、
宇治川ダムの管理所を目前にして早くも千切れてしまう・・・
ルパンさんには、『走るの久し振りですか?』っと言われる始末w(笑)




『す、す、すみません・・・ふ、二日振りですが・・・』


って、アタシ一応、女子女子!!!




厚かましく言えば、

これでも一応、『か弱き乙女やん〜』


心拍200bpm越えってここ最近のレースでも滅多に見てませんが。
てか、多分、宇治川ラインTTは今までの最高タイムを叩きだしたであろうと思います・・・





宇治川ダム管理所で目的の、ダムカードをゲットし、



二枚目のダムカードをゲットしに次の目的地である、喜撰山発電所へ・・・

CA391348.JPG




しかし残念ながらココはダムカードを発行していませんでした・・・

CA391349.JPG




その後、宇治川を左手に見ながら石山方面へ・・・
ダムカードを貰った後は心拍も落ち着いて、
ルパンさんと銭形警部さんのローテーの後ろを35km/hペースで、
レイノルズのホイルを楽しみながら快適に走る・・・


暫くすると、ちょっとした小山でルパンさんのペースが上らず、
私が三人の真ん中に入る・・・。
『わーいわーい快適〜。レイノルズ快適〜〜〜っ!!!』
っと後ろを振り返ると、



あ、ルパンさんが居ない・・・っ




千切れてるというより完全に居ない・・・(滝汗)

どうやらルパンさんの脚が終わったらしく、
休憩を挟みながら何とか琵琶湖に到着しました・・・。



CA391350.JPG

琵琶湖に到着して、美しい景色を堪能する。





CA391352.JPG


『わーいわーい、ビワコォ〜〜〜』っと一人はしゃぐ私ですが、




ルパンさんは、写真左側の日陰でアララ完全グロッキー・・・

CA391351.JPG



みんなで補給食を分け合い、協力し合って110キロ走って無事帰宅。







この3人で走ると何かが起こる何かが・・・
一度目は銭形警部さんがパンクだったし、
二度目はルパンさんがハンガーノック。
今度は自分の番でしょうか?・・・コ、恐〜

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。
琵琶湖一周をご一緒していただける方いませんか〜?
posted by 桃春momoharu at 23:19| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

最高速34km/hしか出せなかった原因は・・・★★

自転車に乗り始めて一年半ちょっとが経ちましたが、
当初は、レース会場等のスタート地点に並べられた数多くの自転車の中で、
『自分の自転車がどれなのか分からない・・・』っというくらい、
自転車の外観には全く興味の欠片もありませんでした・・・。

最悪、他人の自転車と間違えて持って帰らないようにと、
ペダルの色を目立つ黄色にしてもらっていました(どんだけ〜w)

最近ではようやく各メーカー名を覚えました・・・
仮に最悪間違えたとしても、
跨ってみればポジションの違いに気付くと思います(あぁ・・・)



もしも、同じ銘柄の同じサイズの、同じ仕様の自転車が2台あったとしたら、
私には間違わないという100%の自信がありませんでしたので、
自分のマークである『桃ステッカー』を作ってもらいました(てへへ・・・)


CA391329.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




プリントではなく抜き文字ステッカーです。
これできっと他人の自転車と間違えないと思われます。
私のファンだと言ってくださる方にはもれなく貼って差し上げます!
黙ってトップチューブに10枚くらい貼っても怒らないでくださいませw





さてさて、前記事にはたくさんのコメントを頂き感謝しております・・・
その中でも多かったコメントは、
『桃春さんのことだから何かやらかしてるでしょ〜!』・・・なのですが(笑)
コメントの数に対してキャパが対応しきれず、
早かった2名の方だけアップさせていただきました。
コメントを頂いた方には本当に申し訳ございませんがご了承を・・・



カーボンホイルの試乗後、
『普通の主婦には、カーボンホイルは回せなかったか!』っと笑われました・・・
心拍を少しでも下げたくて172,5mmのクランクを取り入れてみたのですが、
それが長すぎるのか?とか・・・
メカニックはクランクを170mmに戻してテストし直してみようと提案してくれたのですが、
自分としてはどうしても納得がいかず・・・。


自分が乗ってみた感覚では、
毎日乗って身体で覚えた体感速度は40km/hは裕に越えているはず・・・
ケイデンスも100rpm辺りを回せているはず・・・
でもギアを上げてもメーターの速度が変わらない?・・・
ちょっとした下りでも34km/hしか出ない・・・何故だ?・・・


理論や難しい事は苦手ですし、知識もありませんが、
試乗会に行きアレコレ試乗した中で、自分が好きなバイクは、
フロントフォークの角度がどういう訳か必ず70,5度に近い物を選ぶという不思議な感覚や、
自転車の知識は全く無いのに曲がりやすいとか、真っ直ぐ走るとか、フラフラする、
クランク一回転の距離が進む、とか、なんじゃこりゃ?!等々の
ど素人の感覚をメカニックはとても大事にしてくれる・・・







走った記録のデータをパソコンに落とし、うーんうーんっと考えてみると、
実際に走った距離よりも走行距離の記録がかなり少ないことに気付いた・・・
これってもしや??????・・・





20120219_124227.jpg

そうなんです、そうなんですw・・・
サイクルメーターを新しい物にしたのですが、
珍しく機械音痴の私が自分で設定したのですがどうやらそれが間違っていたようでして(滝汗)
メカニックにメーターの設定をやり直してもらい、


翌日、普通の主婦は再チャレンジしに行きました。










前日と同じ平坦コースを前日と大体同じ時間に走る。
風は前日よりも強く横風だったり向かい風。
楽に走れないので追い風ではない・・・。


そんな条件のなか単独走で,

48、1km/h

昨日の回復走がてらだったのと、条件が良ければ50km/hは越えそうな予感。
ん?これはもしかしてサイクルメーターのサービス設定か?と思いましたが、
走行距離が合っていたので間違いないでしょう〜〜〜・・・
やれやれ一安心です。


てか、『このホイル、か、か、買いますっ!』笑・・・




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつもお騒がせな奴ですみません〜・・・
貴方の有難い一票を頂いた分だけ、今後も恥を書き捨てていきます^^;
posted by 桃春momoharu at 17:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

テストライダーとしてモガキ倒す極普通の主婦★


今シーズン早々、NEW自転車サーベロR5VWDに乗り換え周囲には、


『どうして乗り換えたの?・・・』っと問われます。

時には、
『KOM=キングオブマウンテンじゃなかったの?・・・』っと問い正されたりなんかして・・・





その度に、『アタシの場合、KOM=ノックアウトマウンテンでしたw・・・』

っと何度答えたことでしょう(−−;)・・・

顔では笑っておりますが、心の中はグッサグサ凹でしてよw(笑)

いっその事、『パチンコで大勝しちゃいましてね』っと大嘘でもついてみようか・・・





初めてKOMに乗り山を上った時は物凄く軽く感じたのに、
その軽さに身体が慣れ楽を覚えたのでしょうか?・・・この怠け者め。
最近は山の上りで、『後ろに誰か乗っている?』と疑うほどに重さを感じていましたw
ステムを伸ばし前乗りにしようが、サドルの前に座ろうが何をしても重いwww・・・
本気で幽霊が乗っているんじゃないかと疑うほど重かった(−−;)




しかし、KOMの好きな所は、
40km/hあたりの巡航がとても快適でグングン加速すると感じていました。
だから、この貧脚の私でも時には速い男子にもついていけたのだと思っています・・・
ミラクル走法が出来たのもKOMのお陰だと。
(あくまで自分の中の感覚ですよ・・・)






20120219_124227.jpg

サーベロのR5VWDに乗り換えて、
上りが抜群に軽くなり幻の幽霊とサヨナラでき喜んでいましたが、
今度は軽すぎて、『平地の伸びが足りない』っと生意気にほざいてみましたw・・・
(ええ、勿論自分の中の感覚ですから〜)




更に、
『ヒルクライムにはR5VWDを使い、
平地のみのクリテリウムにはKOMを使いたい』っと生意気にも言ってみた。ほんと小癪な奴だ。
(えぇえぇ、ほんと自分の中だけの感覚ですから〜)





そんな時、

『普通だと言い張る主婦なら何キロくらいで走れるのか乗ってみて!』

っとカーボンホイルを渡された^^;




CA391316.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


このカーボンホイル、クリンチャーなんですって・・・




私の場合、ハイトがあると風に煽られ回せませんよ!
記録更新なんていう期待には応えられませんよ!
っと色々とお断りする理由を並べてみたが、
それでも構わない。期待されてるなんて図々しい!・・・(−−;)
と、いうことだったので、それではっと厚かましくも履いてみることにした。





期待していないと言われれば、余計に頑張りたくなる単細胞です(ハハハ)
それなりに良い記録が出て驚かれるんじゃないの〜なんて思ったり(笑)

っがしかし、自分でも大きな期待に胸を躍らせて乗ってみると、
24、5km/h巡航が目いっぱい?・・・
30km/hがなかなか出せない?・・・
こんな事じゃチーム練習では終始置いてけぼりやん・・・
冬の間の特訓は全く無意味だったんだろうか?・・・


『このままでは帰れなーいw・・・コ・ノ・ヤ・ロー!』
っともがいてもがいてモガキ倒して最高速が34km/hってどうよドウヨ!(ガーン)








『んんん??何かおかしいな?』


今までに経験した事がないくらい脚はパンパンなのにー・・・
疲れた疲れた。本当疲れた。もうヤダヤダ・・・



そんな時、
あなたなら何を疑いますか?・・・
あなたなら何のせいにしたくなりますか?・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつも応援クリック感謝しております^^


posted by 桃春momoharu at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

三度目のヒルクライムでシングルフィニッシュ★★★


今シーズン最初のレース参加は、

ヒルクライムから始まりました・・・


振り返れば、初めて参加したヒルクライムは、
今からさかのぼる事一年半前の自転車に乗り始めて3ヶ月の頃でした・・・


大会の一週間前に一人で山を登り、下りの練習中に後輪をロックさせてしまう。
今思えば、ブルンブルンと後輪が左右に揺れていたあの瞬間、
このまま行けばガードレールに突っ込むか、対向車線の先にある崖下に落ちるか・・・
っという思いが脳裏を過ぎり、危険回避の為に咄嗟に自分から転んだのかも知れません・・・

後輪がブルンブルンッと左右に振れてそれを止められなかった恐怖の時間がとても長く感じられた。

その落車から一週間後のドライブウェイを走るというヒルクライムは、
『下りが恐い』・・・という思いから一度は参加を止めようと思いました・・・


でも、ここで止めればずっと下れないかもしれない・・・
このまま自転車に乗る事を止めてしまうかもしれない・・・
そう思うと、記録よりも下りの恐怖を拭い去るために
『恐くない、恐くない』と、自分自身の心の中で戦っていました・・・
結果は下から数えて5番目位でした。




二度目のヒルクライムは、自転車一年目の頃。
専属コーチに出ろと言われて渋々出たような・・・
必死で上って、真ん中よりは上の順位でした・・・




そして今シーズン最初のレースの、
3度目のヒルクライムの結果は、初のシングルフィニッシュでした・・・


昨年の秋、上り講習会に参加したとき講師の方に、
『水泳をやっていた、マラソンが速かった以外の人は上位になるには4年はかかります』
っと言われてからはずっと山を上り続けていました。

私はどちらかと言えば、
長距離をなぜ速く走ることができるのか不思議でたまらなかった。
要するに、『長距離が大嫌い』でした・・・
4年後には自転車を止めているかもしれませんが?
それはそれでどうなるのか楽しみだ。



大会当日は、
自分のローラー台を持ち込むことも、
現地周辺でのウォーミングアップも禁止されていたので自走しました。



20120226_122637.jpg






集合場所だった小学校の体育館にはたくさんのローラー台が設置されていて、
みなさん決められた時間に交代で使っているようでした。

20120226_122717.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




女子が懸命にローラー台を回す姿から、
『男子よりも女子の方が間違いなく熱気を感じます!』
っと司会の方もおっしゃっていましたがまさにその通りで、
どの大会でも上位陣の方々が集まる女子の中に知っている人がいたのに、
殺気を感じるほど恐れ多くて声を掛けることすら出来ませんでした・・・

そんな時、一人ポツンとしていると、
『頑張りましょうね』っと声を掛けてくださった方がいて、
走ることに対することよりも他の緊張感が随分和らぎました。
上位の人は心の余裕も違うのか?
私もそんな気配りのできる人になりたいと思った・・・。


20120226_122652.jpg


希望に満ち溢れ・・・たい、




20120226_125205.jpg


いざ、スタート地点へ。


スタート地点には、パナソニックレディースの豊岡英子選手と、
TeamUKYOの辻善光選手が私のすぐ横にいらして、
知人に『みんながバラケタ最後にスタートすればいいから』っとアドバイスしておられ、
速い人の後ろについてスタートする予定だった私も、
そのアドバイスを実践してみることに・・・。


小学校のグラウンドでクリートに砂が噛み、
なかなかクリートが嵌らない女子全員がスタート地点を越えてから追いかける。
みんなより随分遅れてからスタートしたので、
みんなに追いつこうと飛ばし一気に心拍は上がり、
終始190bmpくらいで走っていたようです。


目の前に居る人を一人ずつ一人ずつ抜いていく・・・
何人か抜いていくと、目の前に誰もいなくなり、
目標がなくなるとどうすれば良いのか分からなくなり、気付けばゴール目前。
今回も速い人はどうやって上っているのか見れずに終わってしまいました・・・



出し切ったのか?っと問われれば、
『ムムム・・・?』なのです・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつも応援クリックありがとうございます^^


posted by 桃春momoharu at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

NEWアイテム導入、『やってみなくちゃ分からない』★★


周りには、



『無理でしょう〜・・・』






とか、


『いやいや、長すぎるって〜・・・』


っと言われるのですけどね・・・。




自転車に乗り始めた頃、165mmのクランクを使っていて、
170mmのクランクを試してみたときに、
前に進む距離が大きいのかな・・・?
短いクランクはたくさん回さなくちゃいけないから心肺が苦しい・・・
っと感じたのでそれ以降170mmのクランクに変更したのですが、



『だとすると、もしかして???』


という期待が大きく膨れ上がる・・・。





お友達の172,5mmのクランクの自転車を試乗させてもらうと、
『無理じゃないかも知れない・・・!?』と感じたので、



20120224_112221.jpg

172,5mmのクランクを導入してみることに・・・
ちょ〜っとサバ読んで、股下80,5cmでは無理でしょうか?・・・









CA391333.JPG

そしていよいよ、憧れの11−23Tのカセットを導入です。







CA391328.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


シューズを新しくしたら気分一新で回せないかな〜〜〜(笑)








えぇ。無理だったら、即ヤ●オクに出品すればいいのです・・・(汗)
どうなるか分かりませんが、





『やってみないと気が済まないのです・・・えへへ』

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつも応援クリックありがとぅございます^^
posted by 桃春momoharu at 00:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

立ち漕ぎしばり、『もうサドルなんていらない』★★

久々にサイクリングロードを走ると、犬の散歩をしていたおばさんが目の前に・・・
犬の傍を通る時はいつも減速して徐行をするがドキドキして気が抜けない。
この日もドキドキしていると、
突如犬のリードがビローンと伸びて目の前に犬が飛び出してきた。

飛び出してきた犬に向かって咄嗟に、


『ワンッ!!!』


・・・っと吠えてしまった・・・あぁ。


しかも中型犬の雑種に勝とうとでも思ったのか?
大型犬になりきって吠えてしまった自分が情けない・・・またやってしまったうぅ。
誰かと一緒ならガハハと笑って済ませられることも、一人では恥ずかしすぎて笑えない・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



さてと。
一昨年の春先、自分にとっては険しい山の下りで寒くて寒くて凍えた事があった・・・。
これは早く下ってしまわないとやばいな・・・と思っていた矢先、
目の前がボヤーッと白くなり、漕いでも漕いでも進んでいないのか?
スピードもちゃんと出てるのになかなか麓に辿りつけず、
『どこに連れて行かれるんだろう?・・・この道こんなに長かったっけ?』
っと不思議な、まるで狐につままれたような感覚になった・・・。


やっとの思いで麓まで下るが今度はいつも通っていた道なのに、
思考回路停止でこの先の道が右か左か分からず、慌てて家に電話した・・・


その体験は『低体温症』というものだったと後になって知る。
それ以来私の場合、冬場に負荷のかかる山を上って膝などを故障するという恐さよりも、
『低体温症』が恐くて、人がいない険しい山へは決して一人では上らないようにした・・・


女子会のときも、山の下りで寒さに振るえ体に力が入らなくなり低体温症を起こしかけ、
みんなより着込んでいたのに更に上着を一枚お借りして助けてもらった・・・。




そんなこんなで、
自転車に乗り始めた一昨年の冬は寒さを理由に殆ど野外を走らなかったら、
暖かくなった春にみんなについて走るどころか、
集合場所までで心拍が最高値に達してボロボロでした・・・。


『集合場所で点呼をとったらとっとと帰りたい・・・』
ほんと情けないけど正直そう思っていた。





で、自転車二度目のこの冬は『LSD』を基本に、
私の場合、負荷を掛けれるほど踏めない貧脚なのを良いことに、
安全で雪のない山を上り倒していました。
お腹と腰にカイロを貼り、シューズの上と底にカイロを貼り、シューズカバーを履く。
シューズカバーの中にはゴアテックの布を仕込み、
レッグウォーマーは2枚重ねで脚には保温性のオイルをぬって、冷え対策は完璧に。
これだけしていても殆ど汗はかかない・・・。


山へ行かない日は、

CA391239.JPG


ここの平地で『立ち漕ぎしばり』とやらを・・・
最初は、30メートルくらいしか出来なかった立ち漕ぎが、
10キロしばり、20キロしばりと次第に距離が伸びてきた。



CA391240.JPG



ズドーンと真っ直ぐ伸びた道で与えられたメニューをコツコツと・・・


ゴルフ場のコースの横を通るこの道で、

CA391236.JPG


『ファー』という楽しそうなゴルファー達の横を立ち漕ぎで通り過ぎる。



サドルに座っちゃうと自分に負けた気がするので、
休憩もペダルの上で絶対にサドルに座らない。
気を抜くとサドルに座っちゃうので強制的にサドルを抜いて練習に(笑)
サドルが無いことを忘れて座っちゃたらお尻の●が痛ててて・・・w


CA391208.JPG

ここは、本当にゴルフ場のコースの真横を通る楽しい道。
雪と雨の日以外は殆ど毎日走る・・・。
寒さに強くなったのか?単に脂肪がついただけなのか?・・・



そうこうしてると、日に日にバランスが取れだしたのか?
・一瞬しか出来なかった両手放しが数十メートル出来るようになり、
・実は最近までUターンが出来ずに、
 いちいち両足外して股の下で自転車を担いで方向転換していたのに、
 思った所でUターンが出来るようになったり、
・立ち漕ぎのまま、スラロームができるようになり、
・下ハン持った立ち漕ぎのまま、コーナーを曲がれるようになったり、
・立ち漕ぎで山を下ったりと、
今まで出来なかったことがアレコレとできるようになってきた。


3度目の次冬は、

CA391260.JPG


私も泥まみれになってるかも知れません?・・・(ないないっ!)

CA391259.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつもクリック応援ありがとうございます^^




posted by 桃春momoharu at 02:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする