2012年12月30日

2012年の総走行距離と、振り返ると感謝の気持ち★★★

29日は天気がよく、ここ最近の寒気が嘘のよう。
サイコンの平均気温は14℃。陽が落ちてからも素手で走れるくらいの気温でした。
京都、八幡、木津サイクリングロードは大盛況。
ざっと数えて20名くらいの集団列車にも遭遇した・・・

一人で走るときは殆ど休憩しないが、
イートインと、清潔なトイレのコンビニは格別。
シャキシャキレタスのサンドイッチが美味しかった。

DSC_0588.JPG

年末だし、何となく早目に帰宅しようと思っていたら、
サイクリングロードで二人組の男子にブッシューと抜かれ、
その二人組みを追いかけていたら、
またすぐ後に別の男子二人組みにブッシューと抜かれ、男子4人をまとめて追いかける・・・
ギアを2枚掛けてケイデンス100rpm以上キープで、
脚をグルグル回して追いかけるが差は縮まらずw
抜かれた瞬間の差が全く縮まらない。が広がることがないと言う事は同じ速度域か?・・・。


そのうち最後尾の男子がヒラヒラと落ちてきたので、
ここぞとばかりにもう一枚ギアを掛け、少し重めの脚で踏み回すと距離がどんどん縮まるが、
10km程の道のりを必死で追いかけ、一人練で結構追い込んだ。
のに、勝手に決めた上りの頂上で追いつきそうだったのに逃げられた(笑)

DSC_0589.JPG


そんな事をして遊んでいたら、早目に帰るどころかメーターを確認すれば、

DSC_0591.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
帰宅する頃には100kmを越えてしまう・・・w・・・



==================

さて、

2012年の総走行距離は、

明日の大晦日にも走るので、それを含めれば、

15、200km強になるかと・・・


昨年の2011年は、一ヶ月に多い月で500kmほどしか走ってないので、
いや〜よく走ったね〜本当にいっぱい走ったな〜っ・・・


今年は、我がチームでの練習会は少なかったものの、
ブログを通じてお知り合いになった方と一緒に走って頂いたり、
レース会場で声を掛けて下さった方々や、熱き声援を送ってくださった方、
みなさんのお陰もあり、楽しく充実した自転車生活が送れました・・・。


その中でも、『自転車に乗る』から、『自転車で速く走る』という事に、
自分の中の意識を大きく変えてくれたのは、
今年の1月に当ブログにコメントをくれた方との出会いがきっかけです・・・。
1月に初めてコメントを頂いてから実際にお目に掛かれるまで約4ヶ月。
レース会場という大勢の人の中から、私を見つけ出して声を掛けてくださった・・・
まぁ、女子クラスは参加人数も少ないしすぐに発見できたでしょうが(笑)


ブログに頂いた、『琵琶イチなら25km/hで前を引きますよ』っというコメントに、
その頃のチーム練習は30km/hの巡航に必死でついて走っていたので、
『25km/hなんて余裕じゃーん』と、安易な気持ちで余裕をかましていたら、
なんと、このお方がその時にJBCFのE1クラスの総合ランキング一桁の方でして、

『まじビビル・・・www』

『25km/hで引きますね』っと言ったら、走行後のアベレージが本当に25km/hでした。
この方はサイコンをつけていないのに、
なのに平地も、ちょっとした勾配も、山の上りもずっと25km/h・・・。
当然、山では上り始めて即効で千切れるのでペースは合わせてもらいましたが、
常に25km/hというのは、平地のみ30km/h巡航よりもしんどかった。



『主婦でも教えてもらえる自転車学校みたいなものはありませんか?』っと聞けば、

『一日に70km、一ヶ月に2500km走ってください』っと言われ・・・

その日から、その方が私の自転車先生となった訳ですが、
速い人の言うことをきちんと守れればきっと強くなれそうな気がする・・・


そんな気持ちで一ヶ月2500km走行のノルマを実行しようとするが、
それまで一ヶ月にローラーを含めても500km弱しか自転車に乗っていなかったので、
どのペースでどのくらい走れば達成できるのか検討がつかず、
一日に70km走るのが精一杯だったら半月を過ぎた頃から、
毎日最低100km以上走らないと2500kmを達成できなくなってしまい、
それはそれは大変だったw


それでも目標を達成しようとヒーヒー言いながら頑張っていると、
後半は熱は出ないものの、水さえ受け付けないほどの胃腸炎を起こし、
毎日フラフラになりながら100kmを走っていると体重が一ヶ月でマイナス6sほど落ちたw
その一ヶ月間は、走れる日は先生がずっと一緒に走ってくれて何とか2500km/月を達成〜。



それからだ。
一ヶ月最低1000kmという距離よりも、走れる日は走り続けるようになり、
最近では、『止まれば死ぬマグロやなっ』っと笑われるようになったw・・・
自慢できることと言えば、先生の練習会は一日も休まなかったことだろうか(ふふふ)
レースではスタート地点に並ぶと必ずと言っていいほど、
シマノ鈴鹿で優勝した時の、先生の青いボルト姿が目に浮かびモチベーションが上がる。
いつかきっと、いつかきっと・・・っと。


厳しい練習をする中で得るものは大きく、
どんな些細なことも見逃さないように家に帰れば記録をする。
いまだにデジタル人間ではなくアナログ人間なので鉛筆と消しゴムを使って(笑)



レースのスタート地点に並ぶことが気持ち良くて、
日程調整をして出れるレースはどんどんエントリーした。


・ヒルクライムで初のシングル
・ワールドサイクルクリテリウムで逃げを追いかけ追い越しずっと二人での勝負に負け二位。
・競輪場を走る事が楽しくてシリーズ戦に挑戦し賞金GET。
・伊吹山HCで20番台だったが走っていてHCの楽しさが全く分からず。
・月一開催される平田クリテでは実業団女子と混走で自分の実力の無さを思い知り、
・いけると期待された美山ロードレースでは周囲の期待を大きく裏切り最下位w
・シマノ鈴鹿のチャンピオンジャージを獲るための厳しい練習が始まり、
 4種目走り、初めての集団ゴールスプリントに加わるが7位に終わる。
・『けいはんな』では今から振り返るとその日の調子が悪かったのかも知れない?
 ずっとずっと悔しい思いを引きずりつつ次のレースを走る日々。

・キャットアイクリテリウムでクラスを上げ、C4でデビューウィン。
・長良川クリテリウムでもクラスを上げて女子優勝で長良川三連覇。





厳しい練習が続き、1つのレースが終わると、
・たまにポタリングと称した美味しいパン屋さんにも連れて行ってもらったり、
・今年年初に掲げていた、200km/日走の達成に付き合ってもらったり、
・琵琶湖一周をしたり、淡路一周をしたり、兵庫県までうどんを食べに走ったり、
・人生初の川遊びで急流で溺れそうになったり、山の湧き水を初めて飲んだり、
・以前は一日1つの山しか登らなかったのに獲得標高が1000mなんて当たり前になったり、
・実業団チームの練習会に参加させて頂きモチベーションが上がったり、
・関東遠征でフェミニンのレースを観て興奮したり、
・そのついでにヤビツ峠に上って富士山を見て感動したりw
・途中泣きながら往復400kmの鳥取砂丘に挑戦したり、

自転車生活で健康的になったのか?●●は風邪をひかないというのは本当なのか?
熱を出して寝込む日が一日もなかった。

2013年に向けての目標を掲げてから自分のやらなければいけない事に只管進んだ年で、
挑戦して、『無理だった』はあるけれど、
挑戦する前に、『無理』は無いような気がしたそんな一年間でした。
来年の2013年は、また新たな二つの挑戦をしようと思う。


一年間を通じて、桃春ブログへ温かいコメントをくださった、
★前を走っていたコルナゴさん
★家鴨さん
★一発屋の息子さん
★真っ赤なタイムさん
★小豆さん
★natsuko♪さん
★ヴィダルさん
★ボンちゃん
★ひろさん
★コムタカさん
★銭形警部さん
★airさん
★UZさん
★komatyan(dottensya)さん
★ノッチさん
★ぼるぼさん
★しんのすけさん
★ハンガーノックンさん
★ルパンさん
★Chickenさん
★natsuko♪さんのまさひろさん
★もりぞーさん
★栗本さん
★sunzoku2号さん
★sunzoku5号さん
★sunzoku1号さん
★へえたくりんさん
★genzi555さん
★みらかけさん
★つねきちさん
★燕さん
★たぐちゃん
★初心者COLNAGOさん
★tac-phenさん
★yukottoさん
★かわぐちさん
★トミーさん
★ポテ・ポテトさん
★はったんさん
★悩めるターボさん
★guranさん
★軽量ホイールの彼さん
★クロネコさん
★たけさん
★ズランさん
★tomo5034さん
★タイムに乗ってた人さん
★栗秋さん
★次はアルミバイクを買う人さん
★よしぞ〜さん
★ひる太郎さん
★きんちゃん
★パンク修理できない人さん
★冷蔵庫が潰れた家の人さん
★鮎酔さん
★落車ポイント分からなかったさん
★兵士その1さん
★山頂で先に逝っちゃうさん
★ボトルノ水が腐ってたさん
★首があがらなくなった人の相棒さん
★イタリア人の感性にビビってるさん
★ノコノコさん
★登りケイデンスが・・・さん
★通り過ごす河童さん
★QUOカードしか見えてないさん
★QUOカード獲れなかったさん
★連覇した人さん
★福田誠さん
★美安木 好之介さん
★青いボルトさん
★よねさん
★谷間の侍さん
★銀色のヘルメットさん
★ガノー乗りの長男さん
★汁侍さん
★でっち小僧さん
★ぴかりんこさん
★充電切れさん
★きゃうちゃん
★シマさん
★come-onさん
★FUJI男さん
★アカーンさん
★白いKOM-EVOさん
★ヒイロさん
★決勝ズル休み侍さん
★PistonBoysさん
★かずみんさん
★アンカーさん
★めばる君
★higさん
★yamanoさん
★王様に差された侍さん
★あんちゃん
★ライムさん
★新車が組みあがらない侍さん


非公開コメントをくださった方々、
ブログ村ポイントをクリックして応援してくださった方々、
一緒に走ってくださったみなさん、

『ありがとうございました・・・』

以前より、『桃春ステッカーをください』っと言われていましたが、
初めて本当に作ってしまいました^^;

DSC_0560.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
一枚500円^^;


DSC_0562.JPG

あなたの自転車にも勝手に貼り逃げしてたらごめんなさい・・・(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
また来年もヨロシクおねがいします・・・





posted by 桃春momoharu at 20:00| Comment(12) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

クリスマス、年末もまだまだ走る★★★

このところ一段と寒さが増し平日のサイクリングロードでは、
ロードに乗った方を殆ど見かけなくなった・・・。

DSC_0578.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


時間帯にもよるのだろうが、柳谷観音はいつも一人寂しく上り下り・・・


でも、
クリスマス・イブの前日は寒の冷えが和らぎ、
ケイデンス100〜110rpmで100km越えをタンタンと、一人黙々と走る・・・。

DSC_0575.JPG



24日は、クリスマス寒波到来で雪予報だったけど快晴〜。

DSC_0581.JPG



この半年間で、自分が参加した練習会開催率は95%を越えているのではないだろうか?・・・

DSC_0580.JPG



クリスマス・イブの日も練習会だなんて、どんだけ〜とか思ったけど、
京都・八幡・木津川サイクリングロードは大盛況だった。


先生と、先生の相棒さんと、私の3人でサイクリングロードを南下する。
そこから、緩やかに上ったり、下ったりのルートへ・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ちょっとした上りで、【頂上ゲット】のアタックが何度も何度も出きるので、
自分的には結構追い込めるし、とても楽しいコースだ。
そのコースで、三週間振りに走ったという先生の相棒さんが、
ガンガン攻めていると撃沈したようで、その隙に逃げてやった(笑)
どんな状況であれ、自分よりも強い人に勝てるとは嬉しいもんだ〜



三週間振りに走ったという先生の相棒さんは、
寒さに耐えられずに指先が痛いと、何度も腕をブンブン揺さぶっていた・・・
30km程走って、『寒さに耐えられない。もう我慢の限界だ』という申告を受けてから、
そこから5km走り、ファミレスに入った時には顔面をグーで殴られたんじゃないかと思うほど、
おでこの辺りが真っ赤で、笑っちゃ失礼だと思えば思うほど笑いが込み上げてきて大変だった・・・


普段、寒がりの私が大丈夫だったのは日頃の鍛錬のお陰か?・・・
先生の相棒さんは、後日慌てて防寒対策用の強力なグローブを手に入れたそうだが、
それで指先の寒さは防げても、顔面グーパンチ?は防げるのだろうか?・・・
とか考えるだけで含み笑いから、更にプーッと吹き出してしまう(・・・)
年末の走り納めで、強力グローブの威力が楽しみだ!

30日にお時間の合う方がいらっしゃれば是非ご一緒に如何ですか^^

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^



posted by 桃春momoharu at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

初めての体験【バーテープ巻き】と・・・★★★

レースで思うように走れなかったとき、この次は・・・この次は絶対・・・
っと縋る気持ちで、自分が乗る自転車に愛情を注いでみようとする(笑)
神頼みよりも効果的だろうか???・・・


普段、自転車のメンテナンスは、洗車以外は全てメカニックにお任せだが、
『バーテープ巻きを教えて欲しい』っと嘆願する。
っが即答で、『嫌だ!!!』っと断られたw・・・


理由はこうだ。


『めんどくさいッ!!!』


確かに・・・そうかも知れないが・・・この縋る気持ちはどうすれば・・・。


『二人でやれば半分の時間でできるじゃーん』っとか、
『教えてよ・・・教えてよぉ〜・・・お願いだから教えてよぉ〜〜〜・・・』っと甘えてみたり、
興味の無いことにはビックリするくらい気の短いこの私が、
『バーテープ巻きをしたい』という気持ちを5分も掛けて頼み込んでみた(笑)

たったの5分で、
次のレースはどうしても勝ちたいという気持ちが伝わったのだろうか?・・・



結局、渋々教えてくれることになったのですが、
一番最初の巻き始めを、ハンドルバーの先に綺麗に収め込むのが難しくて悪戦苦闘w
それだけで30分くらい掛かってしまい、その時点で半投げやりw
おまけに巻き上がるとどうも赤が主張しすぎて気に入らないwww・・・


そんな時は・・・


そんな時は・・・




そんな時は・・・『やり直しますw』




一時間以上掛けて巻いたのに、

DSC_0537.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



解く時間1分w
DSC_0538.JPG



今度は、真っ白のバーテープを選んで巻き始めると、
DSC_0535.JPG



テープが軟らかくて良い感じにスムーズに巻き出せる・・・
なーんだ、上手く巻けなかったのは自分じゃなくてバーテープの硬さのせいか?!
と、自分自身を慰めてみたり(笑)


スルスル巻いて完成・・・

DSC_0543.JPG

左側:桃春作


DSC_0542.JPG

右側:メカニック作


どうだ?見た目はそう変わらないんじゃない?(笑)
でも、ただ巻くだけではなくて、
ブラケットの付け根が手首に当たって痛くないようにとか、
どの部分を強く、どの部分を薄くとか、滑らないようにとか、引っ掛からないようにとか、
バーテープを一本巻く中にも様々な工夫をしてくれていたのだと改めて感謝した・・・。

明日からは、バーテープ巻きのスペシャリストを目指そう(目指さないよ)
ネイルショップみたいにバーテープ専門店とか開業するか(しないよ)



それでは皆さん、今夜は素敵な夜を・・・『過ごします』(笑)

『メリークリスマス・・・』
DSC_0570.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

『乗りたくない日』と『乗れてた日』★★★


ジャージに着替えて、準備万端だったのに窓の外は雨が降ってきた。
ほんの2,30分で雨は上がり十分走れるのに乗りたくない・・・

自転車に、『乗りたくない』という気持ちが勃発した・・・。

寒いからとか、しんどいからとか、面倒だとか、特に理由もなく単に乗りたくない・・・
『やーめた』っとあっさり自転車に乗らなかった日があったが、
自分で乗らないと決めたので、乗れば良かったという後悔は微塵もない(笑)
今シーズンの最終レースが終わり、燃え尽き症候群なのか?



DSC_0534.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山へ行っても、こう寒いとTTのタイムが更新されるどころかどんどん落ちる・・・
そんな時は、寒くて体が硬いからだと自分に言い聞かせてみたり(笑)

今の時期はLSDとかやるのかな?・・・と思いつつ、
普段から全く踏めていないというより、自ら踏んでいないので、
山で、『踏む』という感覚を覚えようと、アウター縛りを敢行する・・・
え?この時期に?とか思われそうだが普段全く踏んでいないので(汗)


とりあえず、いつもの柳谷観音をアウター縛りで登ってみた。
途中で絶対に脚を付くか、立ちゴケすると思っていたが、
【ダンシングとシッティングを取り混ぜる】と予想外にも登れた・・・

その翌日は、【アウター縛りをシッティングのみで】登る。
脚で踏まずに腕で引き、腹筋に力を入れてグイグイ登る・・・
普段、本当に脚で踏んでいないのだと思う。

DSC_0533.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


そんなこんなで、アウターに縛られることに嵌っていた時、
実業団チームの忘年会にお招き頂いた。
その場で、『自転車の何が面白いんや?しんどいだけやろ〜?』っと聞かれたが、
初対面の方に、『しんどいのが面白いんです』なーんてドM的なことは言えなくて、
『えーっと、自分の脚で行ける行動範囲が広がって楽しいです』とか言ってみたり(笑)


自分の事を、ローラーを2時間やった事がある自称、『ローラー女王だ』っと思っていたら、
な、な、なんと、
ローラー台を4台所持し、5時間やったことがあるという『ローラー王子』がいたり、

ヒルクライムのスペシャリストさんがいたりで、
自転車の事を語ってもらったら、
どれだけ時間があっても足りないくらいあっと言う間に時間が過ぎる・・・



そんな有難い話を頭の中から何1つとも零さないようにと、
アルコールを飲む手が止まる(笑)
ためになる話の中から、一番簡単で分かりやすく胸にズドーンときたのが、
『平地が走れるのに、山が遅いのは根性が足りないだけや』っというお言葉。


翌日は、朝から山へ登りたくて登りたくて仕方がなく、いそいそと山へ向かう。
とりあえず、アウター縛りで根性出して登ってみると、
3分30秒くらいタイムが縮まり、根性が無かったことを自分で証明してしまう(笑)
それから一週間、毎日アウター縛りで登ったらタイムがどんどん縮まり、
アウターに縛られることが楽しくなってしまう(笑)・・・


アウターに縛られることを楽しんでいたら、
先生と京都府の山城にある、【大正池】をアウター縛りで登る破目に・・・
大正池と言えば、自転車に乗り始めて2週間した頃、最後にガツンと登る所で脚付き二回w
一度外したクリートが嵌められなくて、支えてもらい背中を押してもらいやっとの思いで登った山w

あれから二年経った今、速度はノロノロと遅いがアウター縛りで上り切った。
最後の上りは、『ぬぉーーーーーッ』と、訳の分からない雄叫びが木魂しそうだった(笑)


先生に、『自分で好きなように乗ってみて』っと言われると、
そこからは、どういう訳か?何が乗り移ったのか?調子が良く、
ちょっとした勾配もクルクル脚が回るし、川沿いもグイグイと前を走り、
50キロオーバーでどんどん加速させ先生の前を走ることができ、

『乗れてるね〜』っと何度も褒められた。

褒められると成長する主婦は最近調子に乗っている(笑)・・・


先週の土曜日は、
実業団のヒルクライムのスペシャリストの方が走りを見てくださると言うので、
上りが少しでもましにならないか?とその日まで毎日柳谷観音を登るw

当日は、【大正池】と【犬打ち峠】を登る。
『踏み方は知っているのに全く踏んでませんね』っと即効で見抜かれた(笑)
『どうして踏まないのですか?』っと問われると、
『だって、脚が太くなりそうで』(既に手遅れだが)
っとこの場に及んでそんな言葉を平気で発する主婦であるw・・・

それでも、個人練習の成果があったのか?それとも本番が強いのか?
自分的にはなかなか良いペースで上り、褒めてもらう。

【犬打ち峠】は、絶対に自転車を押して登ると予想されたのに脚付き無しで登る。
最後は、『頂上はどこー?』っとヨレヨレになりながら登り切る・・・
一人だったら間違いなく途中で脚付いて押してますな(笑)

へへへ、今日の柳谷は激遅でしたぜ(滝汗w)



普段、全く踏んでいないので、少しでも踏めるようになれば

『もしかしてめっちゃ速くなるんじゃないの?』


果してそんな日はやって来るのだろうか???・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 22:25| Comment(11) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

3戦3勝の長良川、【冬の長良川クリテ2012】動画UP★★★

先週の、平田クリテで負けた翌日は、
いつも苦手な京都府亀岡市にある湯の花温泉の上りを、
先生に先行するように言われてペースを上げて登ったら頂上手前で失速w
そっと背中を押してもらうのですが、悔しくてその温かい手から逃れようと、
脚を回して必死で逃げようとして加呼吸で悶えまくるw・・・


頂上を上り切った後の下りで、ペースを落とさないように我慢しようとしましたが、
我慢に耐え切れず、『自転車を降りたい降りたい』ってその場で倒れ込むw


しばらく、ヒーヒーギャーギャーと、

【桃春の乱】 でございましてよw・・・

『お前は子どもか〜〜〜ッ!!!』っと自分で突っ込んでおきました(うぅ・・・)
ビニール袋を片手に息をスーハー吸いながら走ればもっと楽に走れるんだろうか?・・・
それともそれは、●●●−中毒者に間違えられて連行されますか?・・・


=============


今回の、冬の長良川クリテは先週のレースの反省を踏まえて、
『絶対に勝ちにいく』という気持ちを強く持って走りました・・・


昨年ビギナーUクラスに参戦して2勝しているので、
今回はクラスを上げて【ビギナーT】でエントリーしたら、
参加女子が2名しかいなかったw・・・

女子2名の熱き戦いw


女子クラスの別表彰があるのでココは絶対に落とせません。
もし負けたら何を言われるか?
レース翌日に敗因どころか、どんなメールが飛んで来るのかと想像したら、
それはもう怖くてコワクテ何がなんでも負けれません・・・笑





女子優勝も狙っていたけれど、
それよりも40名もの男子に混じって走り、男子にどこまで着いていけるか?・・・
『怖がらずに前でレースをしておいで』っと男子混走のレースに投入されても、
本人は鈍感なので正直あまりよく分かっておらずw

試走は、先生とチーム員のノッチさんと一緒に走ってもらい、
ゴール前のスプリントを予想してインターバルをすると、
最大心拍が98%まで上がったので調子は悪くないと思いました・・・



IMG_0141.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スタート前は、緊張感を高める為に集中しますが、
集中している振りをしているだけなのでしょうか?・・・
いつものことながら、心臓がドキドキとか全くしない(汗)

整列していると、茶臼山女子部のnatsuko♪さんと、まさひろさんに、
『頑張れ〜!!!』と熱い声援を送ってもらいました(感謝)
うーん・・・レースよりも滅多にお会いできない面々とゆっくりお喋りがしたかった。



DSC_0039.JPG

ガラパさんの、『10秒前・・・』というアナウンスが好き・・・
是非、携帯の着信音にしたいと願うくらい大好き・・・
でも、『10秒前、10秒前、10秒前、10秒前』って連呼する着信音は、
他人には聞かれたくないかな?(笑)

では、
『10秒前』っという声を目覚まし音に設定したらどうだろうか。
10秒間長く眠れるだろうか?・・・
それとも眠いのに、『10秒前、10秒前、10秒前、10秒前』って連呼されたら(笑)



さて、レースは、
スタートして直ぐに前に上がり、7、8番目辺りを走っていました。
自分の位置取りが決まるまでは左右隣の人が接近してきますが、
そんな時は両肘を開いて場所確保。自分の場所は絶対に譲りません(笑)・・・
集団に埋もれてしまうと自分一人の力では、きっと前には上がれないのでなるべく前へ前へ・・・
最終コーナーを立ち上がって少しペースが上がっても今の自分は昨年よりも強くなっていた。
ホームストレートを一列列車の7、8番目辺りで走る。速度は46、7km/h。


2周目の1コーナー、2コーナーを男子について周り、
2コーナー出口はダンシングで加速させる・・・
男子から千切れることなく走る。今の自分は何かが違う。


裏ストレートでは、茶臼山女子部でお友達になった、
なっちゃんと、えり。ちゃんの温かい声援が毎回しっかり聞こえていました。
キャッキャと盛り上がって応援してくれていたお二人の姿にも応えたくなりました(ありがと〜)

DSC_0001.JPG







そして、このまま行けば最終周まで集団の前で走り、
狙うは男子との集団ゴールスプリントや〜ん!!!


裏ストレートでは先頭交代が順に回ってきて、
『よーし。掛かってこいや〜〜〜』っと怖気づかずに先頭交代をやる気満々で構えていると、





先頭を走るマトリックスの方が、

『イキマスヨーーー!!!』っと雄叫びをあげる・・・


と、その瞬間に3コーナーに向かってインターバルが掛かるwww・・・



『ちょ、ちょ、ちょ、ちょーーーッと〜〜〜〜〜www・・・』



っと思うが、今の自分は何かが違う・・・
ダンシングで加速させ最終コーナーからの加速にもついて行く。
『いけてるいけてる』



『自分イケテルデ〜〜〜』


っと思っていたら、最大心拍が100%を越えていたようでして、

3周目のホームストレートで大失速して後続男子にどんどん抜かれる始末・・・
一列列車で一人ずつスルリ〜スルリ〜、スルスルリ〜〜〜・・・
またスルリ〜っと抜かれるのでヒョイッと飛び乗れば良いものを、
完全に力尽きましたwww・・・終わってしまいましたw
こんなとき、同チーム員がいてくれたら肩を借りたり背中を押してくれたりするんでしょうか?
(チーム員募集=私をアシストしてくれる男子に限る・・・へへへ)


ジワジワと上がる加速には50km/hを越えてもついていけるのに、
ガツーンと上がるインターバルには48km/hで千切れたようですw・・・
それからは、必死で前を追いかけ半周ほどを一人で走ってしまい完全グロッキーw
それでもめげずに、レース中の心拍はずっと92〜96%で走っていました。

もう少し心拍を落として走ることができればもっと強く走れるのだろうか・・・
レース中、男性の心拍ってどのくらいで走っているのでしょうか?・・・




ラスト周回は、
『我慢して前の集団に追いついて』っと先生に言われ、
前の男子にダンシングで何とか飛び乗る。
もう、ここでこの男子群を逃したら終わりだと思い必死で走る。


先生やチーム員、夫や、メカニックさんは、
レース中に後ろを一切振り返らない、というか振り返れない私に、
相手のポジションや、走るペースを指示してくれるのでそれを信じて走る・・・
体と目線は前進することに集中し、耳は仲間のみんなに傾ける。
勿論、『頑張れ〜』という温かい声援は一番の頑張るエネルギーになる。
でも、頑張れ〜と言われているときは大丈夫だという意味で、
走りながら風力で大事な言葉や指示を聞き逃さないように集中する・・・





すると、

『すぐ後ろに女子おるぞーーー!!!』

っと言う荒々しい声が聞こえたので、気を引き締めて逃げていると、
最終コーナーの出口で女子にさされた・・・
直ぐに抜き返すと、また直ぐにさされたので、
ここは慌てず焦らずどこで前に出れば勝てるのか?を冷静に判断し、
試走でゴールスプリントの開始位置を試した、
テニスコートとテニスコートの間までは、行きたい気持ちをグッと堪えて我慢します。


ちょっと早いかも?っと思いましたが、
前の男子が掛けたので自分も行くしかありません・・・
目や体は目の前に見えるゴールラインを切ることに集中するけど、
耳だけは、ゴール前で見守ってくれている仲間の指示に傾ける。


すると、夫の、

『踏め踏め踏め踏め踏め踏めーーー!!!』


と言う声が聞こえたので、すぐ後ろには女子がいるんだな?
っと気配を察知して必死で踏み続けゴールラインを切りました・・・


レースを初めて一年目の時は、兎に角どんなときも、
『行け行け〜〜〜もっと回して回して〜〜〜』だったのが、


最近の仲間の指示は、私の先行したい気持ちを抑えさせる為に、
『良い位置やぞ。そのままキープや』とか、
『前に出るな。そのまま、そのまま』とか、
『まだ行くな、落ち着いて冷静に』とか、
『いーよ。いーよ。凄くいい〜』と、名カメラマン並みに褒めてくれる(笑)
でも、何度も何度も褒め殺しにされ、
毎回最大心拍100%超えで寿命が縮まっている気がするw


しかし、気分屋で褒められると伸びるタイプであり、
やる気を失くすような言葉は掛けないように随分気を使ってもらっているな〜
っとつくづく感謝するのでありました・・・汗


IMG_0149.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いや〜〜〜・・・
しかし寒い一日でした・・・
チームジャケットの下にダウンジャケットを着込んでも、
汗をかいたレース後は更に寒くて震えが止まらず、
コロコロモコモコのまま表彰台に立ちました。

表彰式でガラパさんに、『どうでしたか?』っと聞かれ、
『兎に角寒かったです』っと言ってしまったくらい本当に寒いレースでした(笑)
日頃から寒さには弱いのですが、老体には相当堪えましたw・・・

寒さで血色悪い顔色になり、決してサングラスを外すことは出来ませんw
えぇ、表彰台にはヘルメットにサングラスをつけたまま上がったのに、
なのになのに、マトリックスの安原監督は表彰状を手渡しながら耳元で、

『可愛い顔してほんまに〜』っと囁きます(笑)

心の中で、
『えー?!顔見えてませんやんっ!』っと突っ込もうとしましたが、
『ええ、サングラスは無敵です!!!』っという突っ込みに変えていました(笑)


そしてこの日も、
『桃春ブログのファンです』っと言って握手を求めてくださった方がいたのに、
失礼承知でサングラスは決して外しません。てか、残念なので外せません(笑)
ネットという画面上で写真の顔を覆い隠し、
自分で自分のハードルを上げてしまっているのでしょうか?(ガハハハハ・・・)

過去、普段着でレース会場を歩いていたら気付かれなかったくらい、
の、変装ぶりの時にもう一度お目に掛かりたいです(イヒヒヒヒ・・・・・)




YouTube動画アドレス
http://youtu.be/VABZAlbRKJ8
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
レースで応援してくださったみなさんにも心より感謝しています・・・


posted by 桃春momoharu at 18:20| Comment(12) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

平田クリテ、『勝つ気がないならやめてしまえ』★★★


DSC_0506.JPG

新調したシューズの記事でも書こうかな〜なんて言うと、
『え?この前の平田クリテの記事は?』っと言われますw


自転車仲間さんから、『平田クリテはどうでしたか?』っというメールを何通も頂き、
返信する文章を打つのに戸惑う(笑)・・・



DSC_0515.JPG

もう、気ぐるみでも着てスタスタと逃げ出したい気分です(笑)
が、前進する為には反省することが一番大切だと思うので・・・



先週日曜日に、
岐阜県で毎月一回開催されるシリーズ戦の【平田クリテ】に出てきました。

DSC_0520.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



平田クリテの女子クラスは実業団の女子と一般女子が混走なので、
今年の3月に初めて出た時に、とてもレベルが高いと思いました。
一周2,1kmのコースを4周回で競うのですが、
スタートして、なんと半周で千切れ残り周回は下を向いてポタポタとなんとか走り切りました。
寒さのあまり体が動かなかったのもあったけれど、
ちょっとやそっとの練習では、『到底無理だ!』っと凹んだのを覚えている・・・


そして、7月に二度目の出場をしたときは、
2周目の2コーナー出口で軽いインターバルが掛かり、
そのスピードに乗り切れずこれまた惨敗でした・・・。
メカニックには、『前回よりはついていける距離が伸びたな〜』っと慰めてもらうが、
悔しくて帰りの車では、助手席で半べそをかきながらそのまま口を開けて寝てしまうほど、
全身の力も気力も使い果たしていた・・・。



そして、今回が3度目の挑戦となったのですが、
このクリテリウムは、6位までに入賞しなければ結果表に名前すら残らないので、
DNSなのか?DNFなのか?さえ分かりません・・・。
走ったのに結果が残らないのは更に悔しさが増すばかりw


で、今回の結果はレディース3位で、
やっと初めてリザルトに名前を残すことができたのですが、
実は、自分的には【駄目な3位】でして・・・。・・・。・・・。


ゴール時、先頭の二人から遅れた距離はわずか数メートルで、
しかも3人で3位争いをしての勝者だったので、
今までの3月、7月の二度のレースよりは結果も出て、
同行していた先生とメカニックにはレース直後に、
『半年間の練習の成果は十分に出ている』、なーんて褒められたのですが、


実は実は違うのです・・・・・・・wwwwwww
まぁ二人とも私の結果を見て大いに盛り上がっていたので、
反省したい気持ちを言いだせず、へらへらと笑って誤魔化すw


帰りに寄った回転寿司屋では反省を忘れて、
中トロや、ぶりトロ等の高額皿に手が伸びる伸びるw
トロサーモンなんて●●産と、▲▲産の二種類を食べ比べたり、



DSC_0522.JPG

DSC_0523.JPG

デザートも、二種類注文しちゃって、

とても回転寿司だとは思えないほどの金額を支払うほどの元気っぷりw




お腹がふくれれば、『いつ言おう?いつ話そう?・・・』
っと小心になっていると車の助手席でまた口を開けて寝てしまい、
結局その日は、言い出せず・・・。
レースで疲れたのだろうか?それとも寝てしまおう作戦か?・・・
アァ、駄目な3位だということはいつバレルんだろうか?・・・



っと思っていたら、早くも翌朝先生から、


『平田クリテの動画見たよ』


というメールがやって来ました(ちーんw)


『見たよ』としか書かれていない妙に怪しいメールに、
恐る恐る、『私も見ました』っという一言だけ書いて返信すると、
次のメールには、ドバーーーーと敗因が書かれていました(滝汗)
全てお見通しなので言い訳なんてできませんw


最終周回の2コーナーの出口で優勝候補が目の前にいたのに、
逃がしてしまった理由は、最終周回までまさか自分が残れると思っていなかったので、
アタックが掛かり、自分の前の人が先頭から千切れたのを他人のせいにして、
そこで自分が先頭を追う気持ちが切れてしまったことを正直に話し反省しました・・・



ハッと気付いて前に出て、二人を追いかけた時には時既に遅しで追いつくはずもなくw
おまけに最終コーナーでは疲れ果て最下位まで落ちるwww・・・
前者二人と同じ脚の回転では一向に差が縮まらずこのままでは帰れないっと、
リアを2枚掛けて苦手な踏み脚で、
最後の最後に我慢比べに勝ってギリギリの3位・・・


しかし動画って悪いところがよーく分かって反省のし甲斐がありますね(うぅ・・・)


http://www.youtube.com/watch?v=9pCkjxm8SaA
↑動画です。興味がおありの方はご覧になってください。
撮影をしてくださったdougadedougaさんありがとうございます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^

posted by 桃春momoharu at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする