2013年11月29日

道を覚えない奴なのです★★★


DSC_0864.JPG

寒い日には、桃カフェの『豚汁』で温まってね^^
※12/1(日)は桃カフェ、自転車店PEE’S共にお休みを頂きます。

=========


一年半、自転車先生の後ろをずっとツキイチしてきて、
ドラフティングスキルは抜群に上達したのは良いけれど、

いつも先生のお尻ばかり見てるので〜
困ったことに道を全く覚えていない・・・


『今更?・・・ふざけてるのか?・・・』


と、言われても仕方が無いくらい酷い話です(ヘラヘラ・・・)




いつも先生と走るルートを一人で走ってみたら、
なんと、日吉ダムと、胡麻のパン屋さんと、園部の道の駅の3点が、
全て直ぐ近くにあったなんて・・・
今更先生には怖くてい、い、い、言えない・・・。



DSC_0866.JPG

日吉ダムに、



DSC_0865.JPG

温泉があるなんて幸せ・・・いつも足湯しか浸かれないけど。




DSC_0867.JPG

足湯、『貸切』・・・幸




DSC_0869.JPG

あちこちウロウロしてたら、アベレージも下がるよね〜ぇ・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

TTバイクで100km★★★


このところ、京都の美山町までよく走る・・・。





DSC_0847.JPG


っが、まさかTTバイクで100km走るとは予想外ですぜよ〜。







DSC_0849.JPG

長閑な気分と・・・




DSC_0848.JPG

美味しいパン。







DSC_0857.JPG

グングン走って、





DSC_0851.JPG

あっという間に、美山に到着・・・





帰りは、美山で偶然出会った『ガレリアおじさん』と一緒に走る。


70歳のおじさんの引きがグイグイ強くて、こちらも真剣に走る・・・
先生が見守る前で、おじさんと私のローテーション開始。

おじさんに、私の後ろは走りやすいっと褒めてもらえて嬉しかった。



ちょっとした上り返しは、今では私の方が上れているようで、
少し踏んだらおじさんが千切れてしまい、そこでグイグイ逃げてみた〜


っと、後ろから突進してきた先生に捕まり、

『今の走りは0点だな』・・・と叱られました・・・。





この日の教訓は、

『前を走る時は、愛を持って引きなさい』でした・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^






posted by 桃春momoharu at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

一人で110km〜秋色散策★★★


周りのみんなが、オフシーズンに入っていくなか、
今頃、『自分の体が仕上がっている』と感じる私。(ははは・・・)



休日に、自転車の聖地だと言われる『美山』を一人で目指した・・・。
往路は、上り基調の周山街道〜美山まで50km。
復路は、日吉ダム〜亀岡〜老いの坂の、約60km


『体が冷えないように、なるべく止まらずに走り続けなさい』
というアドバイスをもらったので、淡々と。

いつもは先生の後ろを必死で着いていくのが精一杯で、
周囲の景色を見る余裕がなーい。
毎度毎度、先生のお尻や先生のリヤタイヤばかり見ていて、
先生のお尻が少し大きくなったんじゃないか?っと思えば、
2sくらい増量していたり(笑)



アベレージを気にしながら淡々と走っていて、



DSC_0832.JPG

横目に入ってき景色に思わず引き返した・・・




DSC_0826.JPG

急いで写真だけ撮り、
また、アベレージを上げることを意識しながら走り、






DSC_0833.JPG

上り基調で片道50km。道の駅に到着。






DSC_0834.JPG

黒豆大福を飲み込むように急いで食べたら、
黒豆ケーキはポケットに入れ、体が冷えないうちに再出発・・・




いつもは休憩をする日吉ダムを止まらず通過し、亀岡市内まで走る。





DSC_0837.JPG

いつか一人でも行ってみたかった自転車屋さん・・・





DSC_0839.JPG

いつも親切にしてくれるオジ様とこっそりお茶をしようと思ったら、





DSC_0836.JPG

『NO−−−−−!!!』笑・・・




DSC_0840.JPG

DSC_0842.JPG

DSC_0841.JPG



夏には、この上り基調の道で23km/hほどしか出せなかったので、
目標の25km/h達成〜。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^



posted by 桃春momoharu at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

632km/週、走った★★★

うちのチームは、一週間の走行距離を報告し公開しています・・・。
自分にとっては、モチベーションを保つ上でも大きな糧となる。

一週間で500km走るのはそう簡単ではない・・・


しかも、今は毎回の走行アベレージをチェックされるので、
距離だけを稼ぐという訳にもいきません・・・


走行距離や、
最高速度や、
消費カロリーや、
獲得標高よりも、


平均ケイデンスと、
『アベレージkm/h』を重要視される。



先週は、あと数キロ足りずに週間賞を逃した・・・
『あぁ、チームメイトを自走させずに送迎していれば勝てたのに』笑


で、録画していた新城選手のビデオを火曜日の夜に鑑賞し、
『毎日100km走る』と言ってたので真似てみた(笑)



夜練は冷え込み、トイレが近くて50キロもたない・・・
寒いとエネルギーの消耗が激しく20、30キロ毎に自転車を漕ぎながら補給する。



向い風の中、43km/hの巡航を
もういつ千切れてもおかしくない位にグイグイ走って、
ヒーヒー言ってると、


『本気で引かないと、練習の質を下げてしまう。っと他チームメイトが言ってたから』・・・


っと鬼引きされましたw・・・





DSC_0816.JPG

そんな日は、大きな饂飩でしっかり補給する・・・
この饂飩が完食できる胃袋になれば、きっと強くなれるんだろうな・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^







posted by 桃春momoharu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

チーム練習会で空へと羽ばたく★★★


今年度から新チームを発足し、練習会を設けたのは今回でまだ5度目だろうか・・・
チーム練習会と言っても、我がチームの選手は全員で7名なので、
日頃はそれぞれが個々に練習していて、何かのイベントを兼ねて集結する・・・







今回のコースは、上記を参照ください。




このコースを初めて走った今年の5月には、
何度も繰り返す上り返しで千切れまくり、何度も助けてもらいました・・・


ガツンと上る山は無いけれど、100キロ走って獲得標高1200強って、
上りが苦手な私にとっては十分に『上り基調だ』っと思っていた。



が、あれから半年後に走ってみると、以前よりも手応えがありました・・・。
嬉しい事に、自分自身でも成長を感じ取れる場面が幾つもありました。







男子列車の巡航に食らいつき、そこへ後ろから上がって来た男子に飛び移る。

『おいで・・・』
という合図をもらい、私が後ろについた事を感じてもらい、
ピタリと後ろにいる事を息遣い、全身で送り続ける。
気持ちに気持ちで応える・・・。
苦しくても1つになりたくて必死で応える。


それから心拍が95%まで一気に跳ね上がるが、
千切れてしまわないように苦しみながら耐え続ける。
最後のゴールの手前までしっかりアシストしてもらって、


『最後まで上り切れっ!!!』という祈りと共に、空へと飛び立つ・・・。


愛を心で受け止め、その愛に応えようと必死でモガク・・・。



これがチームプレイというのか・・・。




心拍は99%・・・


『気持ち良いー!!!』




まだ自分の脚をよく分かっていない時に、
自分の脚質はスプリンターだと言われたのですが、
いまだにゴールスプリントはした事がありません(笑)
スプリントにたどり着くまでの力が無いからです・・・。




次は、もっと上手く飛び立ってみたいと思いました・・・。




DSC_0803.JPG

DSC_0800.JPG

DSC_0798.JPG

DSC_0797.JPG

DSC_0795.JPG

DSC_0794.JPG

DSC_0793.JPG

DSC_0804.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^


チーム1、脚が太いと言われても平気です(笑)

走行距離:83,74km
獲得標高:1004m
平均速度:27,0km/h
最高速度:71,1km
平均心拍:78%
最高心拍:99%
平均ケイデンス:82rpm



posted by 桃春momoharu at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

スプリントでE1選手から逃げ切り成功。乗れてた日がやってきた★★★



だいたい自分の場合、
『めちゃくちゃ乗れてる日』ってのは年間何度あるのだろうか?・・・
っと記録しておくことにする。
『乗れてない日』を記録するときりが無い・・・。


『2013年11月15日(金曜日)』=乗れていた日


自転車の先生との待ち合わせ場所まで、21kmの距離。
待ち合わせ場所までには、『老いの坂』を越えなければいけない・・・
自転車に乗り始めた3年前は、老いの坂が大嫌いだったな。
当時、時速7km/くらいで上っていて、10km/hを切らずに上るのが目標だった・・・


私にとっては十分に山であり、峠であった『老いの坂』・・・
周りのみんなは名の通り、峠じゃなくて『坂』だと言ったっけ。


最近やっとその、『老いの坂』を、19km/hくらいで上れるようになったが、
チームメイトの男子が23〜24km/hで上っているというので、
なんとかそこへ近づけようともがいてみた・・・。


22、3km/h・・・
22、5km/h・・・
22、8km/h・・・


9号線は信号も交通量も多く、自分にはなかなかAve25km/hが出せなかったが、


DSC_0784.JPG

遂に出た。

『Ave25,3km/h』





その後、湯の花温泉の上りを上る。
先生は、平坦も上りも速度が変わらない・・・
上り始めが23km/hなら、そのままの速度をキープして山頂まで23km/hだ。


心拍は上り始めて直ぐに160台、そこから一気に180まで上がり、
苦しいがそのまま180台をキープして、千切れずに着いていく為に粘る・・・。
前回の練習では最後まで着いていけたので、もし今回も着いて行くことができれば、
『まぐれではない・・・』そう言い聞かせ粘り続けた・・・。
成功した・・・。




この、湯の花温泉の上りを、先生から千切れずに着いて行くのに、
何度も何度も苦しくて、
何度も何度も悔しくて、
何度も何度もサングラスの下で涙を流した・・・






しんどい時は、自転車を漕ぎながら休め。下りで休め。っと言われる・・・
上りで遅れた分を、下りで取り返さなければいけなかったので、
下りで休むなんて自分には出来なかった。
ペダルを外すな。吐くなら自転車を漕ぎながら吐けと言われる・・・


夏には、湯の花を上り切った後の下りで過呼吸を起こしかけて、
たまらず自転車を降りたこともあった。
そんな時でも、『大丈夫か?』なんて優しい言葉は一切無し。
苦しくて嘔吐した時に、『良くやった』っとニヒルな笑顔で褒められるって、
どれだけ鬼なんや(笑)・・・。




湯の花温泉の後は、372号線の一本山側にある民家の上りを上る・・・
ここも、いつも同じ所で千切れてしまうが、
どうすれば千切れずに着いていけるのか考えながら上る。
苦しくて苦しくて苦しすぎるが、この上りが最後なので出し切る。

『・・・着いていけたやん・・・』




(もう全て出し切った)やれやれ。っとホッとしていると、
いつもは上らない峠を上りだす先生・・・。



『もう、ムリ〜〜〜・・・』

先生に置いてかれ、ヘロヘロになりながら暗い峠を一人で上る寂しさと言ったらw



ゴール目前の、スプリント勝負もいつも相手にはならないが相手してもらう。
巡航速40km/hオーバーからのスプリント。
何度やっても、先生のアタックにはついていけなかったのに、
先生の後ろに張り付いて、自分がゴールまで持つ距離からアタック開始。
苦しい・・・。逃げ切れるのか・・・。
自分がここからだと決めたアタックは、自分でゴールまで踏み切るしかない。

成功・・・。
つか、きっと見逃してくれたのでしょうが成功で良いのである(笑)



DSC_0785.JPG

家まで、集中力を切らさずに帰った。


次の日は、お尻とハムが張っていて、
ここは休まなければ翌日のチーム練習に差し支えるな。
っと20キロだけ走って退散した。


==============


今日は寒かったので、
桃カフェでは、おにぎり&豚汁セットをご用意させていただきました。

DSC_0787.JPG

おにぎりと豚汁が、大きいサイズで驚かれてしまいました(笑)

11月20日(水)は臨時休業をいただきます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^




posted by 桃春momoharu at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

何色のフレームにしようかな?★★★


DSC_0016.JPG

三年間で乗り継いだロードバイクは、
・LOOK566
・KUOTA(KOM)
・cervelo(R5)
・AVEDIO(ヴィーナスα)
・FELT(ZW1)


その中でも一番長く乗ったのが、AVEDIO(ヴィーナスα)・・・
また次のフレームも、今のところAVEDIO(ヴィーナスα)になると思います。

カラーが選べるところも魅力だと思っていますが、
うーん。悩む・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^

posted by 桃春momoharu at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

白いタイツを脱いで上って来ました★★★


昨日までは寒くて、ムチムチの白いタイツを履いていると、
町中の人の注目度が半端無い(笑)




確かに、白馬の王子みたいである・・・
確かに、古すぎるがガッチャマンみたいに戦いそうである・・・
確かに、後ろ姿はバレリーナみたいに踊りだしそうである・・・

にやにやしている人は、もしかして、
ステテコみたいだと含み笑いをしているのか?・・・



どうあれ、自転車に乗っているときは、
自分が真っ白のタイツを履いていることなんてすっかり忘れている・・・。
いいねんいいねん。ちょっぴりセクシーやねん(笑)



よく、関西一、関西弁が下手だと言われるが、
自転車の先生の影響か?、
最近、ネットやメールの文章に関西弁をよく使うねん(無理矢理w)



今日は暖かかったので昨日より薄着で。
・レッグウォーマー
・ネオプレーン素材のシューズカバー
・冬用インナー
・ネオプレーン素材のジャケット
・ウインドブレイク(ポケットに)


DSC_0777.JPG

ここから見下ろす景色すきやねんっ!




DSC_0360.JPG

二ヶ月前とはぜんぜん違う色やねん・・・





DSC_0779.JPG

陽が差して黄金色やったで〜





うん。やっぱりなんか変な関西弁やな・・・とほほ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^

posted by 桃春momoharu at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

ムチムチな白いタイツのデビュー★★★


先日は、サイクルモード大阪を楽しんで来ました・・・。
何が一番印象に残ったかと言えば、
自転車仲間さんにお会いできてお喋りしたことと、

まんま亭のパパさんと、ママさんが笑顔で声を掛けてくださったこと・・・

DSC_0765.JPG

いつも声を掛けて応援してくださる皆さん、『ありがとうございます・・・』





さて、
このところ急に寒くなり、京都嵐山のお天気も不安定・・・
雨がザーッと降ったかと思えば、陽が射してあっという間に路面が乾いたり、
で、走り出そうと思えばまたザーッと雨が降る・・・。
でも、500m先は降ってなかったりっと・・・。


桃ライドも、山を避け、
路面が乾いているところを進む、進む・・・。
濡れてない所、『無いやん!』・・・。




今日は、ほんとに寒い〜。
私は、ほんと寒がりなので、


DSC_0776.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


チャンピオンシステムさんで作ってもらった、
白いネオプレーン生地のタイツを履いてみました。
このタイツで、寒がりの私も頑張れそうだ。



DSC_0505.JPG

そー言えば、私に比してとっても元気なお二人さん・・・



DSC_0511.JPG



今日、残念ながら来れなかった皆さんも、
またご一緒してくださいませ〜・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^



posted by 桃春momoharu at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

【リドレー2014】特価車ご紹介&桃ライドのお知らせ★★★


【第1回 桃RIDEのお知らせ】


レースシーズン中は、なかなかご一緒できなかった皆さん、
平日にしかお休みがない方々、是非一緒に走りましょう〜。
(いつも突然で申し訳ありません・・・)



開催日:2013年11月13日(水曜日)

コース:ルートラボ参照

コース変更です。ルートNO.2追記


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


集合場所:桃カフェ(京都市右京区梅津大縄場町6−30)

集合時間:pm13:30

出発時間:pm14:00

解散場所:桃カフェ

解散時間:pm17:00頃

走行距離:約50km

獲得標高 約1000m

最低催行人数:2人

※午後からのライドですので、遠方の方は車載にてのご参加をお勧めします。
桃カフェより一番近いコインパーキングは、松尾橋の西側ファミリーマートの隣にあります。

※『上りたい』っというお客様からのご要望で、行程の半分は上り基調ですが、
上りが苦手な私も上りますのでご安心を!

※※※今回は、自転車先生は不参加ですのでどーぞご安心を(笑)



・イベント参加は自己責任でお願いします。
(落車、事故等が起きても桃カフェでは責任を持ちませんのでご了承下さい)

・きちんと整備されている自転車でご参加ください。
(整備でお困りの点は、事前にお気軽にご相談ください)

・練習ではありませんので、ペースは初心者の方に合わせます。

・ヘルメット着用、パンク修理セット(予備チューブ)持参、前後燈の装着をお願いします。

・保険証の写しを所持願います。

・飲み物や補給食、防寒着、ウインドブレーカー、などは各自で判断ご準備ください。


参加希望、お問い合わせは、桃カフェまで・・・
電話番号075−861−2333
mail:momomo4440@yahoo.co.jp


尚、当日am11:00〜13:00は桃カフェを営業しております。

DSC_0454.JPG

『桃cafeバーガー』の販売も予定しておりますので、
ライドの時間までにご来店くださる方はご予約くださいませ・・・







さてと、
下記は【サイクルショップPEE’S】からのご紹介です。



サイクルモード大阪では、RIDLEYの試乗車の待ち時間が長蛇の列でしたね・・・。

DSC_0768.JPG

2014年モデルの、【NOAH RS】


には乗っていただけましたでしょうか?・・・






DSC_0764.JPG



DSC_0763.JPG



ご購入、お問い合わせに関しては、
下記までお電話くださいませ。
電話番号075−861−2333



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。


posted by 桃春momoharu at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

★★★第1回 桃RIDEのお知らせ★★★


【第1回 桃RIDEのお知らせ】


レースシーズン中は、なかなかご一緒できなかった皆さん、
平日にしかお休みがない方々、是非一緒に走りましょう〜。
(いつも突然で申し訳ありません・・・)



開催日:2013年11月13日(水曜日)

コース:ルートラボ参照


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


集合場所:桃カフェ(京都市右京区梅津大縄場町6−30)

集合時間:pm13:30

出発時間:pm14:00

解散場所:桃カフェ

解散時間:pm17:00頃

走行距離:約50km

獲得標高 約1000m

最低催行人数:2人

※午後からのライドですので、遠方の方は車載にてのご参加をお勧めします。
桃カフェより一番近いコインパーキングは、松尾橋の西側ファミリーマートの隣にあります。

※『上りたい』っというお客様からのご要望で、行程の半分は上り基調ですが、
上りが苦手な私も上りますのでご安心を!

※※※今回は、自転車先生は不参加ですのでどーぞご安心を(笑)



・イベント参加は自己責任でお願いします。
(落車、事故等が起きても桃カフェでは責任を持ちませんのでご了承下さい)

・きちんと整備されている自転車でご参加ください。
(整備でお困りの点は、事前にお気軽にご相談ください)

・練習ではありませんので、ペースは初心者の方に合わせます。

・ヘルメット着用、パンク修理セット(予備チューブ)持参、前後燈の装着をお願いします。

・保険証の写しを所持願います。

・飲み物や補給食、防寒着、ウインドブレーカー、などは各自で判断ご準備ください。


参加希望、お問い合わせは、桃カフェまで・・・
電話番号075−861−2333
mail:momomo4440@yahoo.co.jp


尚、当日am11:00〜13:00は桃カフェを営業しております。
『桃cafeバーガー』の販売も予定しておりますので、
ライドの時間までにご来店くださる方はご予約くださいませ・・・


===以上、ヨロシクお願いします。===

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。
posted by 桃春momoharu at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

E1選手を引きずり回す夜練&特価車ご紹介★★★


このところ、夜練にも励む主婦。
家事もしっかりこなそうと思うと何の時間を削るのか?・・・

はい。テレビドラマを見れませんorz...
ソファーでゴロゴロした〜い・・・
主婦友との会話にも完全に乗り遅れていますorz・・・


昨夜の練習は、サイコンを取り付けた先生のデータと、
自分が先頭の時のデータを見比べるために、
私、主婦が先頭固定でありました。



DSC_0517.JPG

『ふふふっ・・・』


『E1選手を引きずり回してやるわい・・・』








いつも、自分が好きなクルクル回す『ケイデンス103』を、
少し落としてケイデンス90くらいでグイグイ踏み、
ストップ&ゴーもダンシングで加速し、
道中は終始無言で、暗い山中が怖くてちょっぴり会話する。
いつもは風を読めずに『逆風だろ!』っとよく突っ込まれる主婦も、
往路と復路の風を読み、自分でペースメイクした・・・。


結果、


DSC_0761.JPG

E1選手が、aveg32km/hで走るコースを、
先頭固定の主婦の記録は、aveg30,7km/h・・・



『上出来でしょぅ〜〜〜?!』







予想では、

先頭固定のスーパー主婦の後ろで、



DSC_0520.JPG

↑こうなるはずが、




退屈して、主婦の後ろで脚をクルクル回して遊んでいました(ガッカリー)
『ずっと心拍が140bpmだった』とかやかましいわい。(アタシ180台でしたけどw)
『寒くて寒くて・・・』とか言わなくていいよ。(ちきしょー)





さてと、下記は【サイクルショップPEE’S】からのご紹介です。
購入に関しては、お電話くださいませ。
電話番号075−861−2333


DSC_0764.JPG



DSC_0763.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。







posted by 桃春momoharu at 14:27| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

先生のガーミン510&パワーってどれくらいですか?・・・★★★


今までサイクルメーターを使っていなかった自転車の先生が、



ga-min.JPG

サイクルコンピューター【ガーミン510】を取り付けました。





今までならね・・・
今までならな・・・
今までならさ・・・


後ろの私が千切れないようにと常、意識して走ってくれていたのに、
コンピューターを付けてからというもの、
ガーミンの数値とにらめっこして走る先生のパワフルさが凄いのなんのってw・・・




少し前までは上りを、
130wくらいでしか上れなかった激遅だった私が、
平地でずっと3、5倍で踏んでいて、
そこから上り返しで、4倍〜5倍で踏み続け、
先生について行こうとすれば、6倍、7倍以上で踏んでるんですよ・・・。




『マジか!?・・・』


と、自分でも思う・・・。

貧脚だ〜っと思っていたけど、実は違ったりして???・・・
みんなはきっともっと凄いパワーなんだろな???・・・





昨夜の練習【53km/aveg29,0km/h】では、
走り出して直ぐの7キロ地点の上りでプツンッと千切れ、
上り返が何度も続く、最後の山頂手前で悶絶して千切れ、
ゴール直前でまたヒラヒラ〜〜〜っと千切れた・・・。





『いったい、何度千切れば気がすむんだい!?・・・』


っと、問いただしてやりたいw




ヒーヒーヒーヒー言いながら幾つもの上りを耐え、
我慢しきれず千切れた時に、


『ん、もう〜〜〜!!!』




っという雄叫びが木魂していました(滝汗)
(突然山から鹿が飛び出すより怖い雄叫びw)





くそー・・・

『ガーミンちゃんめ・・・』



メディオ域の先生について行こうとすれば、
私はずっとソリア域やん・・・

ソリァしんどいやん・・・うへへへへ・・・




また、新たなポロシャツを作ってみました。

poroshathu.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。

posted by 桃春momoharu at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

おじ様キラー上り三昧★★★


『おじ様キラー・・・』

っと、二十代の人からしたら十分におばさんの私が言うのもなんですが〜、




私から見たら、『十分におじさん』っと上り三昧な日。ふふふ・・・





この日は、二者択一。
一つは、20分前に桃カフェを後にした可愛い女子を追いかけるか?
もう一つは、いつも『あんたらとは二度と走らへん!』っと言うおじさんを誘ってみるか?



『よし、女子を追いかけよう!』っと思いつつ、
おじさんを誘ってみたら、『一緒に走ろう』という返事。おや?・・・
老いの坂を越えて亀岡方面の往復かな?っと思いきや、清滝峠が良いという。あれれ?・・・




おじさんはいつも、『あんたらとは二度と走らへん』と言うのに、


『マジか???・・・』




で、おじさんと一緒に走りだすと・・・、

おじさんは、なんと、




平ペダルやんっ!!!・・・

DSC_0749.JPG

自転車の後ろにも重そうな荷物を積んで、
ドリンクホルダーにはペットボトルだ・・・。



ははは・・・ははは・・・ふはははは・・・
今日は、先生が居ないと思って、


『舐めとんかっ!?』(笑)・・・




完全に舐められていますが(笑)
私を先導してくれるおじさんは、
清滝峠を5分で上り、
六丁峠をフーフー言いながら脚付き無しで上り、

19%の上りを登頂まで先行する私に後方から、
『お春頑張れ〜もうちょっとや!』っと大きな声援を送ってくれた・・・


おじさんが、『いつもどの位で休憩する?』っと聞くので、
50キロくらいで一度ですかね。っと応えると、
15キロ地点で、『そろそろ休憩するか?』っと休憩をし、



DSC_0747.JPG

休憩地点では、笑顔で歴史の豆知識を教えてくれる・・・。




DSC_0751.JPG

神明峠を、



DSC_0750.JPG

汗をポタポタ流しながら上り、
『しんどくて喋られへんわ』っと言ったきりその後は無言。

ヒーヒー言いながらクルクル上り、
『お春どうする?まだ上るか?いけるか?余裕やろ?』
っと私を何度も何度も、何度も何度も気遣ってくれた・・・





DSC_0754.JPG

おじさんは、山頂手前でいきなりガシガシ踏み倒し、
山頂をゲットする度に、『よーし、お春から山岳賞とったぞ〜』っと喜ぶ(笑)
私が山頂をゲットしたら、『くそー、お春に山岳賞取られてしもた〜』っと凹む(笑)



とっても一生懸命に山を上るおじさんの隣で、私の心拍はずっと130bpm台。
どんなにゆっくり上っても、上りでの心拍はいつも170bpm台を越えるのに、
それだけ体調が良いということなんだろうか?・・・

練習で、上り序盤の心拍は130bpm台くらいに抑えてっと言われるが、
言われた時には既に遅しで、いつもなら一気に上がる心拍が、
130bpm台ってこんなにも『楽』なんだね・・・。



上りの山岳賞は、おじさんにいっぱい取られたので、
平地では私が前を引き、総合優勝は私がゲット(笑)


帰りは、暗くなる前に帰宅できる時間を計算して、
老いの坂の麓まで送ってくれた・・・。


別れ際、

『二度とあんたとは一緒に走らへんぞっ!』

っと言いながら、拳握手を求めてきたおじさんの笑顔がとっても素敵でした・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。






posted by 桃春momoharu at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

アワイチ【逃走部隊VS追走部隊】などなど★★★


今シーズンはレース三昧だったので、練習での遠出はあまりしていない・・・


DSC_0716.JPG



今回は、『逃走部隊に扮して、追走部隊から逃げ切る』っというゲーム形式で。

awaji2013-10-27-03.jpeg




(そー言えば、アワイチをゆっくりのんびりと楽しんだことが一度も無いな・・・)



DSC_0714.JPG

逃走部隊は、takuさん、ノッチさん、私の3名で。




追走部隊は、F丸さん、T中さん、evoさん、自転車の先生の4名。



追走部隊から、一時間半のアドバンテージをもらい逃げる。


DSC_0706.JPG

結果は、30キロのAvegで走った逃走部隊が、
Aveg32キロで走った追走部隊から逃げ切り成功〜


DSC_0711.JPG

10分足らずの三度の休憩で、






DSC_0707.JPG

約150キロを5時間切っての逃げ切り。ミッション成功です・・・。




1382954836552.jpg

追走部隊は、全身嘗め回されるほど塩をふきまくっていましたが〜
いつでもリベンジさせてあげますよ(笑)

いやいや、逃げ切れた作戦は、
takuさんの日記や、MOJYMA日記を覗いてください






実業団のレースシーズンが終わってからも、



DSC_0662.JPG

一人で美山まで走ったり、





DSC_0689.JPG

悶絶しながら一庫ダムまで走ったり、





DSC_0693.JPG

悶絶した後は、可愛い弟分の二人に、





DSC_0691.JPG

コスモス畑に連れて行ってもらい癒される。






DSC_0656.JPG

夜でも走れる場所を見つけてガッツリ登坂の練習をしたり、






DSC_0598.JPG

新たな上り坂を教えてもらったり、






DSC_0742.JPG

『あれ?あんな所に滝があるぞ!』




DSC_0744.JPG

っと、山奥を探検したり・・・





DSC_0740.JPG

ふとした休憩時間に空を見上げると、とっても綺麗な青空だった。




休憩時間は、練習で集中して張り詰めた気持ちを、うーんと緩めて、

DSC_0736.JPG

緩めすぎると、
オロナミンCを買おうとしてボタンを押し間違えるw・・・




DSC_0738.JPG

しかもクソ暑い日に、ホットミルクティーってありえへんw・・・
ジャージの色に良く似合っているのが何とも言えんw・・・





DSC_0695.JPG

練習後は、大嫌いな肉を頑張って食べ、





DSC_0735.JPG

足りない物を補う。





DSC_0587.JPG

そー言えば、いわきクリテリウムの時に、
我が子かも?と勘違いするくらい年の離れた男子に、
初めてちゃんと実業団レースを走ったご褒美にと、プリンを買ってもらう。

初めて会ったとは思えないくらい気さくで元気な彼が静かになったと思ったら、
携帯を握りしまたまま助手席で爆睡していた彼。
その携帯動画からは、ラスト一周を知らせる鐘の音がカランカランっと鳴り響いていた・・・


時々思い出す彼は元気にしているだろうか?・・・




DSC_0640.JPG

時には、珈琲ゼリーを買ってもらったり、





DSC_0641.JPG

あ、ティラミスは私がご馳走してあげたやん・・・





DSC_0721.JPG

桃ステッカーを貼った自転車が密かに増殖中であるが、





DSC_0720.JPG

桃カフェ10回の飲食でもらえる『黄桃ステッカー』はまだ誰もゲットしていないよ・・・





DSC_0724.JPG

来シーズン被るヘルメットをカスタムしてもらったり、





DSC_0729.JPG
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

カスタムステッカーは、ヘルメット同時購入で2000円〜ね。






DSC_0696.JPG

時には、






DSC_0604.JPG

ポロシャツを作ってみる・・・




DSC_0701.JPG

Tシャツのデザインなんかも考えてみたり、




DSC_0700.JPG

Tシャツや、ポロシャツはデザイン料、プリント代込みで1着3000円〜ね。






DSC_0602.JPG



小家族には広すぎるので、
光熱費込みで一ヶ月5万円でシェア人を本気で募集してみるか?
それも面倒なので、希望者いたら連絡ちょうだい(笑)


シーズン中は、なかなかのんびり走れなかったけど、
ポタリングや女子会にもまた参加させて頂きたく思っていますので、
お誘いいただければ嬉しいです。
こちらから、突然お誘いされてしまった方はどーぞどーぞ嫌がらないでヨロシク(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。









posted by 桃春momoharu at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

2013年度の実業団レースを終えた今・・・★★★


2013年度の実業団レースを終えてのまとめを書こう・・・
一般主婦が実業団に登録をして1シーズンのレースを走り終えたまとめを、
『書かなくちゃ』っと思いながら、
遅ればせながらデビューしたfacebookとやらを活用しだすと、
あれま、ブログのパスワードとかまた忘れてしまっていた・・・。

=============


実業団のレースの最終戦が台風で中止になった。

最終戦となるはずだった輪島ロードレースでは、
自分はずっとずっと苦手だと思い込んでいた『上り』が、
本当はどれだけ上れるのか?っと今の力を試すためにも走りたかったな。




登録するときに、自転車の先生に言われたことがあります・・・


『登録して一年目は、全戦DNFになると思うが最後までめげずに頑張れ』



そう言われて、

『どんなに辛くても、どんなに失敗しても、最後まで諦めない』っと約束しました。


実業団に登録したと言ったら驚く人もいましたが、
無理だから止めておけ。っと止める人もいなかったので、
少々勇気を出して登録しました。


っがそれからの自転車の先生との練習は、それまでの練習よりもうんと強度が上がり、
練習後は毎回抜け殻の様でした・・・
ガッツリメイクをして行っても、練習途中で10歳老け、20歳老け、
練習が終わる頃には、『ヤバイで(笑)』っとよく笑われました・・・







そして、一年目は失敗する事よりも経験値を上げることの方が重要だと思っていたので、
日程的に出れるレースは、ロードレースだろうがクリテリウムだろうが、
苦手なヒルクライムにも、遠方だろうが兎に角選ばずにエントリーしました。








まず、初戦の幕張クリテが予想外にも完走できて、
初めての実業団レースで初めてのポイントをもらう。
ラスト2周で先頭集団から千切れてしまい、
千切れた3人でローテーションをして最後はパンクしたタイヤでスプリントで勝った。
本当に苦しくて苦しくて、いっぱいいっぱいだった。
『これが、実業団レースか・・・』っとただただ思った・・・。



ゴール後に自転車の先生が、
『よーやった・・・』っと迎えに来てくれたのが本当に嬉しかった。
『ほんとに完走できたの?、本当に完走したの?』っと、
泣きながら何度も聞いたのを覚えている。




二戦目の舞洲クリテリウムは、
積極的に先頭も引き、先頭交代のローテーションにも加わる。
市民レースではなかなか体験できなかったことを経験する。
っが、銀メダリストであるパナソニックレディースの坂口選手のアタックに、
単独でついていこうとして心肺終わる・・・。





伊吹山ヒルクライムは、
『頑張っても最下位だから完走するだけで良い』と何度も念を押されたのに、
指示を無視して、ヒルクライムの女王である金子選手のスピードを知りたくて着いていき、
過呼吸を起こして救護車に回収される・・・。




白浜TTは、強風向い風で思うように速度をのせられず。
翌日のクリテリウムでは、スタート直後のペースアップに心肺がついていかず千切れた。
得意な平地だからと思っていたのに、自分の力の無さに早くも、
『私には無理だもん・・・』っと悪態ついた・・・。



比叡山ヒルクライムでは、伊吹山での反省をふまえ、
本当にマイペースで上るが心肺が辛くて辛くて堪らない。
最後まで諦めないで上るだけで精一杯だった・・・。



3DAY'Sの熊野大会は、チームから一人の参戦となる。
体力的にも精神的にも相当頑張らないといけないと覚悟して挑む。
初日のコースは最後にガツンと上るが、
それ以外は一般道路で緩やかに上る所が数箇所あり好きな感じのコースだったが、
女子がスタートして、直後にスタートした一般男子クラスと混走になり、
いつもより集団は大きく、トンネル内でパンクして止まっている方や、
それに突っ込んで落車する方もいて集中して走った。

脚もよく回り良い感じで走れていたのに、折り返し手前の最後の上りで千切れる。





二日目のコースは、3つ目の上り返しで心肺がいっぱいで千切れてしまう・・・。
援護車の拡声器から大音量で流れる、
『こちらが最後尾です。ご声援ありがとうございます』
っというアナウンスをずっと聞きながら走り悔しかったが、
沿道で温かい声援を送ってくださるのみなさんに何度も何度も励まされ、
最後に苦手なヒルクライムがあったが完走する。

最下位を走っていると、回収車に『もう乗るか?』っという甘い囁きに誘われるが、
首をブンブン横に振って何度も拒否。
『脚切りはしない』っというルールだったので最後まで意地だけで走った。
っがゴールと共に過呼吸を起こして助けていただいた・・・。



この頃からだろうか?・・・
脚は残っているのに心肺が追いつかず、
どんなに練習してもどんなに頑張ってもどうして走れないんだろうか?
っと密かに感じていた不安。
湯船に潜り息を止める練習や、上りでの呼吸法を特訓するが上手くいかず、
泳げないけど水泳か、長距離は苦手だけどジョギングを取り入れようと思っていました。

『根性が足りない』っという人がいれば、『これ以上の根性はどこに売ってますか?』
っと心の奥底でグーパンチしていた(笑)






富士山ヒルクライムのアザミコースは、試走をしに行き22%の勾配にビビル。
エントリーをしてしまったけど、本気でDNSしようかと悩むくらいビビル。
坂の特訓をしても全然足らず、色々調べて24Tのチェーンリングをつけてもらい出場。
私と同じように、24Tくらいの小さなチェーンリングで入賞していた方がいた。


大雨の中、秘策のお陰でなんとかかんとか脚つき無しで完走するが、
一般女子にも負けてしまうほど遅かった・・・。


同行してくださったチームルパンの方々に、
『大丈夫だよ。絶対に完走できるから』っと励まして頂いたことや、
あまりに遅くてなかなかゴール地点に現れなかった私を、
雨が降り寒い中、ゴール地点で待っててくださり、
ヨレヨレの私に駆け寄って大声援を送ってくださったことを思い出すと、
今でも涙がポロポロこぼれる・・・




完走は絶対に無理だと言われた、西日本ロードレース広島は、
女子でも下りが速い人がいて色々学ぶ。
ヘロヘロになりながら何とか完走させてもらうが、
自分の中では最下位の女王というレッテルを張っておいた(苦笑)

いつもいつも『頑張って』『頑張ってるね』っと応援してくださる温かい声援に、
ずっとずっと、いつもいつも、何度も何度も助けられていました・・・。





みやだロードレースでは、スタート1分前に再車検というハプニング。
こんな時こそ、焦らず力を発揮しようと思うが、
慌ててスタート地点に並んだ時点で心拍が160bpm。
一周目の上りで即効千切れたw・・・
しばらく必死で走ったが、赤旗出されて終了〜。
応援してくれた方々と、スタッフ、コースに感謝してレースを離脱した。



暑い夏の練習中に、上りで頑張った後の下りでフラフラになり倒れてしまう。

レースで走りきる自信をすっかり無くしてしまったことを言えないまま、
毎年楽しみにしていた、シマノ鈴鹿も今年は何の目標も持てずに走った。
途中で諦めずに最後まで走るだけで必死だった・・・。




その頃、生理が止まらなかったり、毎日何度も起こる立ち眩み、
シャンプーしたっけ?とか、買い物する物を忘れたりという記憶力の低下。
そして、製氷機の氷を毎日100個とか200個くらい異常に食べていて、
それは暑いからだと思っていたら、氷食症ではないか?と言われ病院で色々検査すると、
赤血球の減少と鉄分欠乏症で、自転車レースにドクターストップが出た。

『レバーと、ホウレン草を食べたら治りますか?』っと尋ねたら、
『そんなレベルではありませんね』っとあっさり自転車レースはドクターストップw





医師に、『しんどかったでしょう〜』っと言われると我慢していた気持ちが緩んだのか、
診察室でワンワン泣いてしまったら、
看護士に、『重い病気で今日、明日どうにかなるんじゃないから』と宥められ、
『ご家族が心配されるから泣き止んでから帰りなさい』っとハンカチを貸してくださった。
っが、家族には重い病気だと勘違いさせてしまう・・・。


自転車の先生に、練習中も一緒に食事をする時も、
『食べろ、食べろ、もっと食べろ』っといつも言われるのに、
嫌いな肉は食べないし、とにかく量を全然食べれなかったので、
自分の体を労わってやれていなかったと反省しました・・・。




自転車の先生と、『どんなに辛くても最後まで諦めない』っと約束した以上、
今シーズンのレースを最後まで走りたかったので、
その日から、投薬しながら大嫌いな肉を食べ、鉄分の多い食品を積極的に食べ続けた。



私の目標は実業団レースのスタート地点に立つことではない。
『最下位脱出からの入賞と、いつかは実業団で表彰台に上がる』
という夢は諦めてませんよ!っと自転車の先生に言ったら、
その日からの練習が更に厳しくなったのは気のせいでしょうか?(笑)
食事の改善で体調も良くなり、氷をカリカリ食べる行為も治まる。



医師からドクターストップが解除され、
TTチャンピオンシップは、泣き脅しをした覚えは無いが、
急遽準備してもらったTTマシンで思い切り走る。楽しかったが悔しかった。
風を読みすぎてというか、考えすぎて出し切れずに終わった。


ずいぶん体調も善くなり、
何の迷いもなく、厳しくなった練習にも集中して取り組み、
過呼吸を起こすこともなくなった。


無酸素域での我慢や根性は相当鍛えられたので、
苦手だった上りがグイグイ上れて、
夏にどれだけ練習してもタイムが伸びなかった清滝TTが、
いきなり1分くらい縮まり、踏み回す力が出せるようになってきて、
自分が物凄く強くなったのではないか?っと思えた。





苦手だった上りや、強度のある練習で追い込むのが楽しくて仕方ない・・・
脹脛の筋肉や、膝の上の筋肉が更に立派になった(笑)
体調が善くなってからのレースを楽しみにしていた。


ら、舞洲クリテリウムは悪天候の為、現地でレースが中止になる。

次戦の、いわきクリテリウムでやっと自分の力を試せた気がする・・・。
調子が良かったので、『スタートで逃げてみたい』と言うと、
『失敗しても良いからやってみ』と言うので本当にやってみた(笑)
ははは・・・逃げれなかったけど、積極的に走って気持ち良かった。

でもその後、今までなら直ぐに千切れてしまうのに、
昨年のポイントランキング3、4位の選手と3人でローテーションを回し、
ずっと千切れないで走る。苦手な上りは前で上り、平地で休み、下りで攻める。
レース中も考えながら走れる余裕が初めてあった。





残り2周になったとき、3位の選手を逃がすものか!!!
っと目の前にいた3位の選手に乗ろうと上りでダッシュすると、
上り切った所のゴールラインで赤旗を振られる???


周回遅れにはなっていないのに、すぐ後ろに先頭が来るというので赤旗。
目の前にいた3位の選手だけ通過して行った・・・。判断が遅かった。
一年間レースに参戦してきたけど、まともに走れたのは今回が初めてだったので、
レースはこういうものだということを知った。
悔しかったけど、ここへ来てやっと、
先生から教わった沢山のことが詰まった引き出しを開けることができるようになった。
っと思えて嬉しかったし今後に期待が持てた。


一緒にローテーションしていた選手に、
『速くなりましたね〜脹脛の筋肉が凄いけど、どんな練習をしたんですか?』
っと声を掛けて頂いたことは大きな自信となった。


この日のレース直後の、先生からの電話は長電話だった。
トンネルで何度も断線する電話に先生はイライラしていた(笑)



この調子で走れば、女子の先頭集団?
若しくは第二集団でゴールできるかもしれない???
っと挑んだ美浜ロードレースでは、
前日の試走でもとても調子が良く、上りでも心肺がヒーヒー言わないし、
大好きな長い下りが楽しくて楽しくて・・・。


レース当日は、チーム員のレースを観戦していて自分のアップ時間の段取りを誤り、
な、な、なんとアップ無しでスタート地点に並ぶw・・・
スタートして一周目はきつかったが、
2周目からは上りで掛かるペースアップにも対応できた。
上りだろうが、下りだろうが、向風だろうが、自分の気持ちは前へ前へだった。
今まで、集団で走れることがなかったので、
元気な自分が嬉しくて、楽しくて、怖がらずに自分のペースで走った・・・。



3周目に、『向い風は集団に潜り込んで』という言葉を思い出し、
集団内で脚を休める・・・自転車のレースはこうやって走るのか?っと、
今更ですが、一般の女子だけのレースではなかなか経験できないところです。

何度かレースを走ると、
危険な場所や、危険なポジションを避けることも、
経験値のうちの1つだと思っていましたが、
上りで、自分の目の前で落車が起こりました。


上りでの落車は予想外でした。それに対応する判断も遅れ、
そこで戦う気持ちが切れてしまいました・・・。
どんな時も最後まで諦めたことがなかったのに、
この時は、自分の中で戦う気持ちがプツリと切れました。



美浜ロードレースでも、
他のチームの方の激励や、応援に来てくれたかたの温かい声援が力になりました。
いつもは、『桃さん、桃ちゃん、お春さん、春ちゃん』っと声をかけて頂きますが、
この日は上りで、『モジュ子、がんばれ〜〜〜』という大声援が聞こえました。
MOJYUMAじゃなくて、MOJYUKOですよモジュ子(笑)

必死で走っていますが、神経は研ぎ澄まされているので、
温かい声援や、たまには野次などもちゃんと聞こえています。




私を応援してくださった皆さん、
練習会にご一緒させていただいたり、
レースに同行してくだり、面倒をみてくださったチームの方々や、
ピラティスで身体の調子をみてくださるチームルパンの監督さん、
いつも祈るように応援してくださる、同じ近畿圏内の黄色いジャージの皆さんや、
赤いジャージのチームの皆さん、

本当に本当にありがとうございました・・・


一緒に練習してくれたチーム員、一緒に走ってくれた皆さん、

いつも何の不安を感じることなく自転車をメンテナンスしてくれるメカニックさん、
身体のことや、たくさん練習できるように気遣ってくれる理解ある夫に、
そして、一年間見放さずに厳しく指導してくれた自転車の先生、

みなさんに心より感謝しています。


今後は、自転車の先生に言われた『良い練習、良い食事、良い睡眠』を心がけ、

来シーズンも、辛いことも、楽しい事も、嬉しいことも、
一緒に感動を分かち合える方々と共に成長していきたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます。




























posted by 桃春momoharu at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする