2014年10月29日

大星山ヒルクライム★★★★★


【JBCF大星山ヒルクライム】に参加して来ました。
開催日時:2014年10月25日
開催地:大分県熊毛郡平井町 大星山特設コース 
コース詳細:全長約8q(標⾼差428m、平均斜度5.1%)

ふーん。ふーん。なるほど。なるほど。

平均斜度5,1%か・・・


この記載された平均斜度の数値に、
騙されちゃった人が多かったのではないでしょうか?・・・

ネットで色々調べてみると、
後半4kmは上りしかないだとか、
残り1,5kmは勾配が22%や、
最高勾配25%を記録したとかいう情報が・・・

この情報を知ってた人はエントリーをしなかった人もいたのでは?
私、エントリーしちゃったものは仕方ないw・・・
練習するしかないでしょう・・・orz
上り切るしかないでしょう・・・orz




このコースをフェミニンは、
制限時間37分で走りきらなければなりません・・・
上りが苦手な私にとってはそれはそれは一大事。

前日夜中に車の(後部座席)でコース下見をすると、
そんなに勾配がきつく感じず、
半分の4km地点までは下り基調にさえ感じました。
でも全体的に道幅の細いコースで、
下りからの直角コーナーが多い。
ゆっくり走ってもらったけど、半分地点で車酔い・・・orz
山頂まで上り、下りで助手席に移動したもののリバースorz・・・
そんなコースです(ははははは・・・)



比叡山や、伊吹山、富士山あざみコースを走ったことのある私は、
なぜ、このコースが選ばれたのか?と不思議に思いました・・・



スタートして半分の4km地点までは、
なんとー。先頭集団で走れていました・・・。
今までは、ヒルクライムを先頭集団で走ったことも無かったし、
どんなスピードでどうやって走っているのかを見たことも無かったので、
とても良い経験ができました。


YONEXの効果発揮!!!




半分の4km地点まで先頭集団で走れていたのは、
心拍のデータを見れば一目瞭然でした。
普段、レース中の心拍域がずっと180bpmを越えてしまう私。
一度上がっても休める所では下がるという理想である心拍域。
しかし、少し長めの上りで400wを踏んだ後に千切れてしまいました・・・


ohhoshiyama.jpg



後半4kmは、ずっと心拍を180bpmから落とせず苦行域。
このデータから、苦しみ続けた様子は想像できますよね?


いつ脚切りをされてしまうんだろうかと、
後ろから迫ってくるバイクの音に、
相当ビビリながら必死で上り続けました。
残り1km・・・

残り500m・・・


残り300m・・・


残り100m・・・


最後は、

『あとちょっとです!!!がんばってください・・・』

という女性の震えた温かい声援を聞きながら、
ゴールラインを踏みました・・・。


いまの私にとっては、
ヒルクライムのゴールラインを踏めるということが、
とても嬉しい。完走できたことに満足・・・。





ゴール後、心拍がようやく落ち着きふと見上げたら、

目の前には、


DSC_1121.JPG

このコースが選ばれた理由にも頷ける
素晴らしい景色が広がっていました・・・



DSC_1124.JPG

『あさひ』の選手とお喋りして、
練習方法や、レース中の秘策を教えてもらったり、
記念撮影をして下山。また来年も上るかな?・・・







後半4kmの勾配を知りたい人は、自分の脚で確かめてみてください(笑)


DSC_1115.JPG

自転車先生と一夜付けで上った、


DSC_1117.JPG

勾配13%が続く山練習の効果があったようだ。
このところずっと上っていて、
上りのタイムが毎回詰まるので楽しい・・・
ま、それだけ上れていなかったという事ですな(笑)

ずっと上りが嫌いで上りを避けてきたけど、
平地を高速巡航で引きずり回された後に、
スプリントで顔面蒼白で白目をむくまで追い込まされるよりも、
上り基調を上っている方がマシだなぁ・・・(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

恐怖の夜練習★★★★★

自転車を始めた頃の私の上りの速度は7〜8km/hでした。
もう、少しでも勾配がつけば7〜8km/h…
自転車二年目に、10km/hを切らないように上る事を目標にしていました。
上りの才能は微塵も見られなかった…。今もないけどw…


そんな私ですが、このところ20km/hオーバーで上れる所が増えてきました。
パワーで表すとずっと4倍が踏める距離が少しずつ少しずつ伸びてきている…
距離が短くて頂上が見えていれば、
時に5倍、6倍、7倍の出力を発揮することもあるようです。
女子のトップ選手は5倍を踏み続ける練習をしているようなので、
まだまだこれからです…が、私も日々成長しているようです。



最近は、先生との夜練習は『老いの坂』を上っています。
坂なんですが、3年前は自分にとってはずっと峠だと感じていた場所。
そこを、先日は先生にずっと良いペースで引いてもらってベスト更新をしたので、
今回は、自分が先頭固定で上りました。


先生は、『サラ脚でアタック』だと言うのですが、
スタート地点までに上り基調の道を先頭固定で上っているので、
私にとっては『もう十分です…』と言いたいところですが、
ここからがTTのスタートなのです…。


スタート地点で大きく深呼吸をして開始…
ずっと暗い山沿いを走るので、
時々『ガサゴソッ!!!』と何かが茂みに隠れる物音がしてビビル…

怖くてその場から逃げ出したいけど平常心を保つ振りをして上り続ける。
目の前を、空を、見上げるようにして踏み続ける。
ケイデンスが85rpmくらいに落ちてきて、
重たくて今にもギアを軽くしたいけれど、
今、私は踏み回す事を練習しているので、
90rpmを切らないように踏み回す…。


苦しくてもう止めてしまいたいっと思ったときは、
チーム員と一緒に上って苦しかった時の記憶が脳裏に蘇ります。
『コーナーまでに追いついて』
『コーナーまでに追いついて』
『そら、行け。』
っと何度も何度もチーム員の声がする…。


長い直線の上り坂の最後で苦しくなるが堪え、
一本目の歩道橋の辺りで更に脚が重くなるが堪え、
ギアを固定したままケイデンスを85rpmから落とさないように堪える。
最後の歩道橋が見えたら脚を回せるだけ回してゴール。


『−3秒ベスト更新』



そして、ゴール後は休憩無しで下り始めます。
下る速度が遅くて、先生に後ろから押されますw…
夜の下りを先生に後ろから押される怖さときたら半端無い…

『コ、コ、コ、コ、コココ…』
『コーコココココ、コーコココココ…』


あ、ニワトリじゃないです。
怖いと叫びたいのですが怖すぎて声に鳴らないのです。

夜の茂みの物音なんて比じゃない。
信頼関係が築けてなかったら、
その場で自転車を降りて怒鳴りつけてると思います…w

恐怖の夜練のお陰で最近はグッスリ寝付けています…。



DSC_1033.JPG

シューズを新調してもらいました…
ロード用と、シクロクロスに使用する物。

雨天や川遊びをした日は必ずジャブジャブ洗うので、
同じシューズを1シーズン最低2足は必要になります。
カーボンソールで36インチのあるメーカーが少ないのが悩みです。
shimanoの36インチは受注生産なので、
それが入荷するまではこのシューズを履いてみようと思ってましたが…
思っていましたが…。…。…。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

鉄分を増やす★★★★★


幼少期の頃からお肉が苦手で、
今まで食べれる肉類といえば、ハンバーグとウインナーのみ。
粗引きソーセージじゃなくて安価なウインナー。
『あ、鶏肉が食べられる』『シーチキンが食べられる』っと言ったら、
それは鶏肉じゃないっ!っと真面目に突っ込まれたw・・・



厳しい練習をしていく中で、鉄分がどんどん減少していき、
貧血を何度も起こしてドクターストップが出て以来、
練習前も、練習後もちゃんとお肉を食べるようにしています。



DSC_0684.JPG


DSC_0834.JPG


DSC_0881.JPG


DSC_0887.JPG


DSC_0909.JPG


DSC_0996.JPG


DSC_1012.JPG


DSC_1013.JPG


DSC_1030.JPG


DSC_1054.JPG


DSC_1077.JPG


DSC_1079.JPG


DSC_1083.JPG


DSC_1080.JPG


DSC_1084.JPG


DSC_1108.JPG


DSC_1100.JPG


DSC_1109.JPG


せっかく増えた鉄分を減らさないように心掛けています。
『良い練習、良い食事、良い睡眠』の三大要素は大切ですね・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

開拓上りコースに人多し★★★★★


予定ルートは、
『開拓上りコース〜美山〜嵐山』・・・。

上りが苦手な私が、上りルートを先頭固定なのである。
お天気の良い日曜日には、上る人が多いのか?
それとも私のブログを閲覧してくれた人がルートを辿っているのか?
単独の方や二人組みの方、
合わせて20人くらいは擦れ違ったような・・・




この開拓してもらった上りルートは、
自転車先生と二年間で何度か走ったルートを繋ぎ合わせたコースなので、
『一度走っただけでも覚えられる』
という考えは甘かった。です。


新紅葉を上りきり最初の曲がり角を間違え、
『オイッ!』っと指摘され、

その次の右折するところを、
うろ覚えで不安だったのでソロリ〜と左折しかけて、
『オイッ!』っと突っ込まれる・・・。




さすがに三度目の間違いには無言で先行される・・・(滝汗)


50kmで900m程上るコースなのですが、
私と先生の二人の会話は、
先生が喋ったこの『オイッ!』の二言のみである・・・。

それだけ必死で上る自分には喋る余裕なんてのは無いのです。
ただ、この『必死感』どこまで本気なのだろうか?・・・
実際、上りで過呼吸や、脳貧血や嘔吐をするくらい追い込んでいるのですが、

もしかして、
上りに対しては平地よりも追い込めてないのでは?・・・
もっともっと追い込めるのでは?・・・
『いや、どうやって???』



自分にとって、『無駄な力』について考えながら上ってみる・・・




新紅葉を上っても、
越畑を上っても、
前回とタイムが殆ど同じだったので、

ヒルリピート二度目の越畑は、
全体的に1km/hだけで良いから速度を乗せることを意識して上る。
『1km』・・・

でもこのたった1kmが、上りではとても重要なんだと思った。
1回目の上りよりも二度目は20秒短縮できた。20秒もだ・・・。



DSC_1102.JPG

半分の25kmを上り、トイレ休憩のみ。


DSC_1104.JPG

後半の25kmを上り切った後にはヘロヘロだったので、



DSC_1105.JPG

美山へは行かずに10km上って、
10km下る保津峡ルートへ変更。




DSC_1106.JPG

保津川下りを見学したり、乗船客に手を振り、



DSC_1107.JPG

六丁峠を上り嵐山まで。


これだけ上ってから更に老いの坂を上る。
先生が前で坦々と良いペースを刻んでくれるので、
そこから千切れないように食らい付く。
脚は、『もうダメだー』って言うんだけど、
脳内には、『まだまだここからー』っと言い聞かせ。

後半の真っ直ぐ伸びる上りがキツイこと・・・
山頂で千切れかけるのを堪えて、ラストは回せるだけ回す。

『5分49秒、ベスト更新』



『上れないのは、上れる脚質じゃないから仕方ない』・・・
っという御意見を崩せないかな〜っ?・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^










posted by 桃春momoharu at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

単独でAvg30km/hを目指して★★★★★


せっかく先生に開拓してもらった上りコースを走ろうと思ったが、
とても天気が良かったので単独で美山まで。往復で90km程。


先生からは、『独りでもアベ30km/hで』っと言うミッションが・・・。



せっかくの休日っだったので、
たまには独りで美味しいパン屋さんに挑戦してみようかな?とか、
知らない道を開拓してみようかな?という思いは打ち砕かれ、
サイクリングや、ポタリングという楽しみは奪われるw・・・

ま、どっちにしろ孤独走なので、
何かとミッションを与えられる方が練習になって良いのですが(とほほ)


で、独りで『45km走ってAvg30km/h』ってどうすれば?・・・
色々考えながら踏めるところはしっかり踏み、
でも独りで帰らないといけないので省エネ走法も試みる。
追い風区間でスピードを稼ごうとするも、往路は殆ど向い風?・・・
トンネルを抜け、下りで稼ごうと思ったら強風向い風。
全然面白くな〜ぃ・・・


反対車線を、4名の楽しそうなグループと擦れ違い挨拶を。
実に楽しそうだーーー!!!
えぇ、えぇ私は必死で坂を上り顔面滝汗が流るるる・・・


必死で走っているのに心拍計は、
電池を変えてリセットするのを忘れたせいか?
ずっと120bpm台〜130bpm台。ありえない・・・
最後の最後にゴール地点の美山道の駅まで出し切ると、
心拍が206bpmまで上がる・・・ん?・・・

先生と走っている時よりも平均心拍が20bpmも低いってどうよ?・・・







DSC_1094.JPG



『アベ30km/h出なかった』と報告すると、
『帰りは殆ど追い風だから頑張れ』ってどういう意味ですか?


あ、あ、サイクリング〜サイクリング〜♪・・・いとかなし。




DSC_1099.JPG

独りでピクニック気分で補給を摂る。
丁度良い量のカッパ巻き。



DSC_1097.JPG

独りで道路に寝そべって、



DSC_1096.JPG

記念撮影をしている姿は危険ですよw




復路は独りでもちゃんと九鬼が坂を上る。
追い風を期待して走るが、速度が乗らない・・・
もしかして往路は向い風じゃなくて追い風だったのか?
と疑ってしまうほど良い風に乗れない・・・
それでも、稼げる所は踏み回して回して回して。
ってやっていたら腿の筋肉が痛くなりだす・・・


ここからだよ。こーこーかーら〜〜〜。
っと独りで叫んで、仮想の敵を追いかける。
残り10km程を残して完全に脚が終わってしまう・・・。


残り10kmはトボトボ帰ったと報告して、
怒られることを予想したら、
自転車先生も、監督にも褒められた・・・。


最近、今まで痛くならなかった筋肉が痛くなるので心配していたが、
それだけ踏めてるってことなんだと思うとちょっぴり嬉しかったり。


そんな休日でした・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^



posted by 桃春momoharu at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

上り三昧コース開拓★★★★★


『上り三昧コース』

を先生に開拓してもらった。
一人でも練習できるようにとリピートができるコース。


新紅葉〜
→越畑
→日吉ダム3段坂
→越畑
→R477山頂アタック

DSC_1088.JPG



50kmで900m上る。


DSC_1085.JPG

ベッキーちゃん?にも会えるよ。
つか、後ろの勾配の方が気になるんですが・・・


上りは苦手だけど、
もしかして苦手意識が強すぎるだけなのではないか?・・・とか、
上りに適した筋肉を持っていない。と言われても、
やはり、せめて人並みには上りたい・・・という気持ちは大きい。

YONEXに乗って、
何度も何度も上る中で、
『フッ』と軽くなり脚が回る所があることを見つけることが出来た。
これを継続することができるように沢山上ってみようと思う・・・。

上りに関しては最下位の女王が、どこまで這い上がれるか。
これはこれで、上がるしかないので楽しみであるよ・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 21:56| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

脚の付け根が痛くなるまで★★★★★

ハンガーノックでダメダメな走りをしてしまった次の練習日は、
練習前に1000kcal分を食べてくるように言われる・・・。

たまたまパスタの準備をしていたので、


DSC_1066.JPG

パスタ300kcalと、
スティックパンが1本103kcalなので4本を皿に並べてみる・・・





全て食べたとしても700kcalちょっと。
食が大事だと分かっていても食べられない・・・スティックパン2本残す。
練習前に、『千切れたら残したパン二本分な』っと先生に脅され走り出す。



必死で踏んで踏んで踏んで踏み回す・・・。・・・。

あれ?・・・普段、踏めない踏めないって悩んでる私、踏めるやんっ!!!



美山まで片道40km。強風向い風の中、もがいてもがいてもがき。
上り返しも必死で先生に張り付いて。
上り坂区間も必死で踏んで上って、
先生から千切れずに上り切るとトンネルの中でモワーッと涙が溢れそうになった・・・。


ゴールである美山道の駅まで、あと少しの所は美山ロードのコース区間で、
川沿いから山沿いのジワジワ上る区間、
距離は短いが短いからこそ先生のペースも落ちずに、とてもしんどい区間、
ジワジワ上る大きな橋の上がいつも千切れてしまう箇所だが、
ここまで来たら最後まで千切れずに走りきりたい・・・。


どーしても、どーしても走りきりたい・・・。
そう思いながら必死で走る。
帰る脚がなくなる事なんて考えずに必死で走る。


涙を流しながら走る・・・。
鼻水はとっくに出まくっている・・・。


ゴール地点の、美山道の駅に到着した時には、
『もう帰れない・・・』っと呟いていた。



DSC_1064.JPG

前回の練習を反省して、ちゃんと補給を摂ることに。
でも、おにぎり3個のうち一個はポケットに・・・



出し切れる時に出し切らないと、先生は怒る人だ。

もし、帰れなくなったらその時に何とかすれば良い・・・。
一人じゃないんだし何とでもなる。
きちんと出し切ると認めてくれるし、褒めてくれるから私も伸びる。






練習ではよく泣く・・・。
悔しくて悔しくて悔しさを隠せずによく泣く・・・。


復路は、スプリンターの先生に、
スプリントのコツを教えてもらう。
『●●は曲げたまま』・・・
言われた通りにやってみると、
案外直ぐにでき調子に乗って何度もやってみた。


軽くスプリントしただけなのに、いつもの最高ワットを記録していて、
『誰にも教えちゃダメだよー!』っと得意気に、
嬉しくて何度も何度もやってみた。
調子に乗り過ぎたんだなきっと・・・。



先生とのスプリント勝負に負けて、
『なんで抜かれるんよー・・・』って鼻水と涙を流して言ったら、
『あほか。俺はE1やぞっ!』っと笑われる・・・

爆笑と共に、鼻水がドッと噴出して更に爆笑するんだけど、

『悔しい・・・』

こんな日がよくある。毎回毎回、悔しいの積み重ねだね。




DSC_1065.JPG

帰りには、お肉屋さんのコロッケを食べに。
ご褒美だなきっと・・・




翌日は、腿の付け根が痛くて自転車を跨ぐことができなかった。
それなのに・・・
自転車に乗ってしまえば痛みもなく漕げたので乗ったのね。


で、で、出ました、


『二日間、自転車禁止令』


自転車禁止令の二日間は台風で、じっと大人しくしていました・・・。


しかし、3年目にしてやっと、『踏む』ことが出来るようになるなんて、
私きっと、まだまだ強くなれるんじゃないかと思う・・・きゃはは。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

引きずり回されハンガーノック★★★★★


チーム員のN田さんを引きずり回した翌日、
天気予報は午後から雨だったので、そう遠くへは行くまい・・・
と、思っていたのは自分だけでした・・・。


『今日は何処を走るのですか?』という質問はあまりしません。
いえ、3年掛かってやっと道を覚えた最近は聞いているかも知れません。
以前は、聞いても分からなかったので聞くことはありませんでした・・・

今、振り返ると結構同じところをクルクル回っている事があったり、
同じルートを逆走していることもあったんですね〜・・・あぁ今更・・・



で、先生とN田さんを引きずり回した翌日も、
天候とルートからして、これはもしかしてきっと、
『二日続けて美味しいパン屋さんに向かうのですね〜』
と心の中で浮かれていると・・・、


パン屋さんの手前で左折・・・
はい。美山方面へ・・・

『えええぇーーー!!!』


行き先は美味しいパン屋さんだと思って、
20km程の向い風を出し切ってしまいましたょ。orz・・・
それでも必死で、日吉ダムの前の坂道を6倍の力で踏んで、
上り返しも息絶え絶えになりながら食らい付き、
『もうダメだ・・・』と諦めかけると先生のペースが一瞬緩み救われる・・・


美山まであと少しの所で小雨が降り出し、
自販機休憩でアクエリアスを一気に飲み干し、Uターン。
雨がきつくなりゆっくり走っていられず先を急ぎ、
日吉ダムまで戻ると雨が上がっていたので休憩を。
最後に102%の心拍を振り絞った後、心拍上がらず・・・



DSC_1063.JPG

もう、帰りたくないほどグッタリしていました・・・

なのに、
『平地で帰るのと、3段坂の上りを帰るのどっちが良い?』と聞かれ、
このまま平地を帰っても追い込めないので、


『上りでお願いします・・・』

って、お願いしなくても良いのにお願いしてしまった・・・(何故に?)




もう、踏むなんて出来なくてクルクルクルクル回すのみ。
先生が見てない隙に脚を付いてしまおうかと思うほど苦しい。
普段なら70km/hオーバーで下れる下り坂でポターリw


先生の背中に張り付く力さえ無く、
高速巡航できる道を先生に押され、
押されるのも辛く脚をシャーシャーと止めてしまう・・・
『ゆっくり帰るから先に帰って・・・』
と呟いてしまう程完全にグロッキーでしたorz・・・

心の中では何度も何度も『N田さぁん・・・』と泣き叫んでいました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

幽霊部員のN田さんを引きずり回す★★★


自転車に乗るのが2ヶ月振りのチーム員のN田さん。
自転車先生と3人で胡麻町にあるパン屋さんまで・・・



DSC_1055.JPG


往路の向い風区間は先生が先頭で引き、
パン屋まで残り5kmの所で私に先頭交代要請が出ました。

『TT選手権全国3位の桃春さん引いてください〜』

『ヨ〜シ。任せて!!!』・・・


とは言ったものの、

・・・。


風、キツ・・・



・・・。

『ダメだこりゃ・・・』


先頭交代をして200mで交代を求む・・・。



なんという失態を・・・orz




『そんな日もあるさ・・・』



DSC_1062.JPG

美味しいパンと、




DSC_1061.JPG

三人でピザを分け合って、




復路は追い風(にやり)


先生が先頭を引きペースを作ってくれ、
N田さんと二人で着いて行く。

残り10kmで私に先頭交代要請が出た(にやり)


今度は追い風に乗り、40km/hくらいでしっかり引く。
後ろの人への愛情を持って引いていく・・・



しかし、信号待ちからのダッシュでペースを上げすぎてしまい、
+10km/hでN田さんはサドルにお尻を突き刺していたらしい・・・



解散場所まで帰って来ると、幽霊部員のN田さんは顔面蒼白でした・・・
たまにはこんな日があっても良いだろう〜。
あ、また可愛い女子部員を遠ざけてしまったかしら?orz・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^



posted by 桃春momoharu at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

一人で美山★★★★★


自転車先生と美山を走った翌日は、一人で美山まで走った。

前日は何が駄目で踏めなかったのか?考えながら走る・・・
しんどいのに心拍が上がらなかったので疲れてたということかな・・・

往路は、前日と同じく向い風。
30km/h前後で力強くグイグイ走る。
アベレージを聞かれることを考えて、しっかり踏んで回す。
前日はインナーでしか上れなかった坂がアウターを踏めた。



DSC_1052.JPG

日吉ダムをスルーしてノンストップで美山到着。




DSC_1048.JPG

一人寂しくお好みパンを半分食べ。残りはポケットへ・・・



復路は、雨が降りそうだったので急いで帰るつもりが、
先生よりスマホへ連絡があり、

『九鬼が坂を三本上れば良い』


という指令がwww・・・




『嫌よ・・・』と返事をしたものの、
何故だろう〜・・・

ちゃんと3本上っている自分がいました・・・

1本目:シッティングで
2本目:ギアを掛けてシッティングとダンシングで
3本目:アウター、ダンシング縛りで



八木町の高速巡航区間は、
ビュービューと風の音が聞こえる強風向い風w
必死のパッチとはこういう事だろうか?とか考えながら踏みまわすが、
25km/hがなかなか出せずに苦戦。
前日の自分に負けないように、仮想の敵と対決しながら走るがヘロヘロだ。


家に帰るとポケットに入れたお好みパンが、もんじゃ焼きと化していたw・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

シクロクロスにデビュー★★★★★



DSC_1034.JPG

朝から美山までロードで90km走った。

往路はずっと向い風。
先生長め、私2kmくらいのローテーションをしながら走る。
上り返しで全然踏めなくて、
神楽坂で千切れ、美山ロードのコースの上りで千切れ、


復路は追い風区間でビュンビュン飛ばす先生に必死で張り付き、
最後のトンネルの中の向い風で千切れてしまった・・・

今日は千切れまくり駄目な日でしたが、





午後からは、



DSC_1037.JPG

メカニックさんに組んでもらったシクロ車で、





DSC_1046.JPG


シクロクロスにデビューしてみました・・・



ロード車を使って、
自転車に飛び乗ったり、飛び降りる動作が上手く出来なくて、
監督や自転車先生には心配され、大笑いされていましたが、
自転車から降りなきゃ良いんだね?・・・(笑)



DSC_1044.JPG

葦の枯葉の上や、砂、芝生でダッシュ、土手を駆け上る、
キャンバー走行、シケイン・・・


予想に反して、それなりに乗れていたらしい・・・





『ヤバイ〜〜!!楽しい〜〜〜』





DSC_1045.JPG

仕事場の前が河川敷という環境・・・




『玄関開けたら5秒でシクロッ。』


今シーズンのロードレースが終わったら、
シクロクロスのレースにも挑戦してみようと思います〜。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^



posted by 桃春momoharu at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする