2015年09月30日

YONEXで魚沼TTに参戦しました★★★★★


image.jpg
三国川ダムのスタート地点より撮影

開催日: 2015年9月19日(土)
開催地: 三国川ダム特設コース【個人TT】6.8km(新潟県南魚沼市清水瀬)
■スタート地点:三国川ダム 管理棟前
住所:〒949-6741 新潟県南⿂沼市清水瀬686-59
■ゴール地点:三国川ダム 管理棟反対側

結果:6位

image.jpg


使用機材の制限はしないが、コースの特性上
(前半はコース幅が狭い、直線が少ない、コーナーが連続するなど)
から安全を鑑みてノーマル機材での出走を推奨します。
(DHバーについては十分に検討したうえで使用の判断をすること。)

レース前にJBCFより上記の大会特別規則が発表されており、
走ったことのないコースだったのでそれに従いロードバイクのYONEXで出場を決める。


image.jpg
アタッチメントバーを付け、


image.jpg
後輪はディスクホイールを使用。



金曜日の夜19:00に出発し片道580kmを車移動。
深夜3:00頃に到着して仮眠を取り5:30起床…
小雨が降るなか6:00からの試走を一周する。
周りは平地だと言うダムの周路が私にはどう考えても上りにしか思えない。
甘く見積もっても上り基調としか思えない…


スタート地点までの1kmくらいの上りで既に心拍も90%まで達する…
みんなは道幅が狭くコーナーが連続するテクニカルコースを心配するが、
私は上りをディスクホイールと25Tのカセットで足りるのだろうか?
っと不安いっぱいである。


自転車先生が軽く上ってくれていましたが千切れずに着いていこうとすると、
試走で既に心拍が最高値とか、アップなんて不必要だわー…
道幅は狭い所もあり、もし曲がりきれずに飛び出せば、
50cmくらいしかない柵からダムへと落下する?のだろうか…
柵の高さがあまりにも低く恐怖で下を見下ろす気にもならない。
注意すべきコーナーにはオレンジ色のネットが掛けてあった。


試走して、上りの強い選手が有利だと思った…
上りの苦手な私は下りの速度を殺さずに上り返し、
まーまー得意だと思っている下りで稼ぐしか望みはない。
って、最下位脱出方ですよ…。



image.jpg
スタート時間までは地元の方が握ってくださった、
魚沼産コシヒカリのおにぎりを頂きました。



レースは、自転車先生と私のスタート時間が20分差程だったので、
駐車場から離れたスタート地点まで一緒に移動しました。
試走後に雨はどんどん強くなり土砂降りになり、
履いていたシューズカバーも濡れて重くなったので脱いだ。


スタート地点にて自転車先生とダムの対岸を繋ぐ橋を、
往復3分くらいかけて軽く脚を回していたが、
いよいよ自転車先生のスタート時間まで残り3分を切ったので、
スタート地点へ移動した。…。…。…。


image.jpg


ら、先程スタート地点へ見送ったはずの自転車先生がスタート召集に居ない…
係員に何度も名前を呼ばれるが居ない…
近くのトイレや辺りを探すがどこにも居なーーーーい!!!

どうやらスタート時間を読み間違えて再度アップに行っていたようで、
自分の名前を呼ばれているアナウンスが聞こえて慌てて戻ってきた。
着ていた合羽をその場に慌てて脱ぎ捨てて、て、て…


あぁ、首にはタオルを巻いたままスタートしてしまったよ…

TTのスタート時間に遅刻するなんて、
もしかしてダムの底に落ちたんだろうか?なんて心配して、
自分のレースでは滅多に緊張しないのにドキドキでした…
ワンピースにTTヘルメットとタイムトライアル用にと、
風の抵抗を考えられた姿格好は完璧なので、
アァどうか、首に巻いたタオルが写真に撮られてないことを祈りますw


私の結果はといいますと、
オレンジ色のネットがしていないコーナーで、
アウトに膨らみすぎてこりゃダム底へ落ちたかも?と
慌ててブレーキ。思い切りブレーキ…。

上りでは確実に遅れていると思ったので下りで全開〜。
にしたいが、全開になっても直ぐに上りがやってきて、
思うように下りを攻めれなかった…。が、
下りの速度は下りが得意な自転車先生と2km/hしか変わらなかったので、
やっぱり上りでの大幅な遅れを下りで随分取り返せたのかな?…
と、そんな魚沼TTでした…。


帰りは、金沢市へ回転寿司を食べに行きました。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

回転寿司のレベルを超えている。金沢市で暖簾を潜ったら一体?…

と、そんな往復約1200kmの遠征でした…。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリック押してくださりありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

YONEXにディスクホイル、ガーミン520★★★★★



image.jpg
日頃はパワータップ付きホイルで練習していますが、



image.jpg

YONEXにディスクホイルを履かせてみました。




image.jpg

YONEXと同じオレンジ色の耕運機と…



image.jpg

青空の下を走るのが気持ち良い…




image.jpg

軽快に走っていてふと気付くと???…
YONEXとディスクホイルの組み合わせが楽しいからといって、
この数値はいくらなんでもオカシイ…




image.jpg
ガーミンに表示される数値は怪しさ満点でしたが、
おかしいなりに記録更新が楽しくなり走りこむ。



image.jpg

補給食には自作のジャムこっぺぱんを。




image.jpg
『巨大マシュマロか?』っと思わせる都会育ちには不思議な光景も。


そして、ガーミン520がやってきた…

image.jpg
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリック押してくださりありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

JBCF舞洲クリテリウム★★★★★


JBCF舞洲クリテリウムに参戦して来ました。
開催日: 2015年9月13日(日)
開催地:舞洲スポーツアイランド イベント広場内特設コース 周回/約850m 反時計回り
住所:阪市此花区北港緑地2丁目 舞洲スポーツアイランド内イベント広場
レース距離:フェミニン(女子)25周回

レース結果:8位
image.jpg



image.jpg
アップは心拍の上がりが悪くいつもより長く行いました。
気負っているのか体の動きが鈍く体調は昨日の方が良かった…



image.jpg
スタート地点に並んでも


image.jpg


image.jpg
心拍計が故障しているのではないか?というくらい心拍が低い。



image.jpg

スタートして序盤は前の方で走るが、



image.jpg
特に動きも無く少し疲れて後ろへ下がる。




image.jpg
レース中盤、前方でローテをしない選手に後方から、
『みんなで回そうよ』と声を掛ける選手がいたが上手く回らず、
次第に『どうして回さないのー!』っと声を荒げていた。


女子は同チームで出場しているチームは少ないので、
チームプレイではなく個人プレイをしている人が他チームとの協調性は取れるのだろうか?
逃げ集団での同調はできるのかも知れないが、
女子は男子と違ってプロやエリートクラスが一緒に混走しているので、
ローテをしたくても走力が違いすぎてしたくても出来ない選手もいるだろう…


そもそも、レース以外の場所でのコミュニケーションは取れているのだろうか?
と思いながら自分は冷静に走る。



image.jpg


image.jpg



25周回のうち8周回毎に3回あるスプリント賞は全て捨てていた。
明らかに走力が強くて逃げていた選手を追走で吸収したのではなく、
チームの支持により集団へ戻ってきてくれた感じなので、
最後は先頭集団8名によるラスト一周となる。
序盤、ラップした選手も先頭集団にツキイチしていたので+6名?



先頭集団に残っている選手を見渡すと、どう見ても自分の部が悪い。
バックストレートの向い風区間は他選手よりも非力だと感じていたが、
それでも3番、4番を狙って走っているわけではない。
ラスト周回で『上がれ上がれ』っという指示を聞き、
追い風区間のホームストレートでスルスルーっと前に上がっていく。


上がって行った勢いを使ってスピードを殺さずそのまま先頭に出る。
1コーナー、2コーナーを曲がり、強風向い風のバックストレートは、

『グハーーーー』

っと物凄い風圧を感じた…


それでも日頃から、
行くときは誰かの後ろではなく自分で行くんだと教えられているので、
後ろには下がらずに行けるところまで行こうと決心。
バックストレートで声援を送ってくださる皆さんの歓声が勇気を生みました。


しかし、バックストレートの最後で失速…。…。




image.jpg
序盤でラップした選手も先頭集団の後ろにツキイチしている状態のままゴールスプリント?




image.jpg
(シルベストサイクルの店長さんと記理子さんと)


レース後は、応援してくださった方や、
見ていてくださった方々に『かっこ良かった』とお声をかけて頂き、
皆さんの応援のお陰だと改めて思いました。

しかし残念なことにレース後、成績が悪かった事を他人のせいにして、
暴言を吐き捨てる選手を見かける場面もありました…
今までにこの選手による暴言は二度目なので次は容赦しません。



image.jpg
自転車先生は、チーム員のtakuさんとの連携プレイで2位でした。
ゴール後、真っ先に名前を呼ばれたのは自転車先生でしたが、
写真判定では僅差での2位だったようでとても悔しがっていました。


image.jpg
(この夏、am5:00からの朝練を頑張ってきた3人で)




image.jpg
チーム員みんなで頑張った舞洲クリテリウム(秋)でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリック押してくださりありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 15:21| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

JBCF 渡良瀬タイムトライアル★★★★★


JBCF渡良瀬TTに参戦してきました
開催日: 2015年9月6日(日)
開催地: 渡良瀬遊水地内⾕中湖北ブロック(5.3km/1周)
住所:栃木県栃木市藤岡町内野(河川区域内)


京都市内から片道630kmを高速道路が深夜料金の時間帯に移動し、
前日土曜日の早朝に到着。


image.jpg
コースは、ハートの形をした湖の、


image.jpg
北ブロック外周を走ります。

朝食を食べ、TTバイクでコースを軽く一周し、
5,3kmの距離感と目標物からの残距離等を体と頭に叩き込む。
2周目からはギアをかけコーナーと上り返しの確認など。
3周目から少しペースをあげ残りの周回は目標タイムをイメージして走る。


TTバイクでの試走の後はロードバイクに乗り換えて練習を開始するが、
右足の股関節と、右脹脛に筋肉の張りがあり少し痛かったので早目に切り上げ、


image.jpg
しっかりご飯を食べ、ストレッチと早期回復に努めた。


夜は降雨。昨年も一昨年も同大会前夜は大雨だったことを思い出す。
暴風にならないことを祈りつつ就寝。


翌日は曇り空。時々小雨が降るが自分のレース時間はドライで走れました。


昨日痛めてしまった股関節と脹脛は回復している様子。

image.jpg
長めにアップして車検、スタート召集へ。



image.jpg
渡良瀬TTは三度目なので緊張することもなくスタート台へ上がる。
スタートしたらゴールまで全力で走りぬくだけ…

スタート直後から目標タイムよりもマイナスタイムで良い感じだった。
3km付近の橋の手前で向い風になり少しペースを落としてしまうが、
それでもまだ目標タイムを稼げていた。
が、直角コーナーから向い風に変わり、
上り返しを含む1kmで貯金を使い果たしてしまう…



image.jpg
そこからゴールまでは出せる力を全力で踏みました。



結果は昨年のタイムを7秒縮めましたが、
目標にしていた他選手もタイムを更新していたので6位となりました。


image.jpg

来年は目標設定タイム今回よりも上げて挑みたいと思います。
タイムトライアルを走ると上位選手との走力の差が分かるので、
そこを埋める為にまたトレーニングに励みます。

レース当日は心温まるご声援やメールを頂き感謝しています。



レース後は、レース開催に協力してくださっている地元の皆さんへの感謝を込めて、
屋台で販売されている飲食物をいつも購入するようにしています。

image.jpg
今回、初めて見て食べた『ポテト』が美味しかったです。


SAでは、

image.jpg
一串2,500円のステーキを…



image.jpg



image.jpg
自転車先生が買っていました…
そ、それは幾らなんでも高いやん…

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリック押してくださりありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

回復走のはずが超高速巡航で漲る★★★★★

フルイチ未遂の翌日は雨の合間をぬい回復走へ…
のはずが、自転車先生は元気です。
琵琶湖をAvg30km/h位でのんびり180kmくらいじゃ脚の疲れなんてそりゃ無いわ。
私の脚はずっしり重いんですが…
えぇ?これインナーだったのか?ってくらいズッシリ重い。


そのずっしり重い脚を引きずるように湯の花を上りだすと、
重さが力になり良い感じで踏めるわけでして。山頂6倍とか余裕。
湯の花からの下り坂は追い風でもないのに速度が乗る…
脚の重さが良い感じに踏み回せるようになる。


心拍も160bpm台で安定していたので、
40km/h〜45km/hの巡航を自転車先生の後ろをツキイチ。
そこそこ頑張り私が千切れないので更にペースアップされる。


自転車先生の『これでもかー』っていう心の声を聞きながら、
●●km/hの超高速巡航を体験しました。
私、どうしたんだろうか???少し余裕を残して最後まで耐えました。




その翌日の土砂降りの大雨が嬉しかった…
完全休息して頑張ってくれた筋肉を休めてあげました。

そしてその翌日は一人で『美山』へ…。
週末に参戦するタイムトライアルチャンピオンシップをイメージしながら走る。


image.jpg
すると、美山までのアベレージが32km/h台をマークする…
自転車先生とローテーションしながらでもなかなか出せない数値なので、



自転車先生に写メールで報告したら、

『めっちゃ追い風やったんちゃうか!?』っと突っ込まれ、
『帰りも32km/hが出せたらほんまもんやな』…と言われる。



はははーん。私、褒められると頑張る子です!
帰りもゴリゴリ頑張って走る。
『自分のライバルは自分だー』とかいうムサクルシイ言葉が、
背中に浮き出ていたかもしれません…(んなアホな)



image.jpg
いつも数値を計る最後の場所でAvg32、1km/h
単独ではもう二度と出せないかも知れません。
つか、レース前に漲りすぎてしまった感がしてなりません…
今日がレースだったらと思うと…。

この日は、心拍域も終始175bpmをキープしていました。
本来なら150〜160bpm台で走れると理想ですが、
私の場合、厳しいトレーニングで鍛えた高心拍域を持続できることが、
得意とするところでもあります。
ずっと体調不良で皆様にもご心配をおかけしていましたが、
お陰様で完全復活と言えると思います。

ご報告とともに応援してくださっている皆様に感謝しています…
皆さんまた一緒に走ってくださいねー。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリック押してくださりありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 22:05| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする