2017年04月11日

好きじゃないし大嫌いだし苦手だけど★★★★★


先週はまだ蕾だった桜の木が二日間程で一気に満開となりました。
自転車先生との練習会ではゆっくりお花見をさせてもらえないので、
練習会の待ち合わせ時間までに一人でお花見サイクリングをして来ました。


image.jpeg


image.jpeg

image.jpeg


この時季にしか味わえない桜並木を堪能できて良かった良かった…



いつも、自転車に乗ってて度々思うこと…それは。
突然目の前に現れる上り坂に『嫌ー!!!』と拒絶してしまうこと…
知っている人には分かると思いますが、
岐阜県で開催される平田クリテリウムのド平坦のコースには、
2コーナーから3コーナーまでの間に上り坂があるっと言っていた私ですw
そのくらい上り坂は好きじゃないし大嫌いだし苦手です。



京都の嵐山から木津川市まで平坦で片道40kmも続く『サイクリングロード』が、
自分にとってどれだけ天国ルートだと思っていたことか…
懐かしい話ですが、
サイクリングロードの淀にある13%10mの坂道が最大の難所でした。


でもしかし、全国を走っていて上り坂の無い道なんてありません。
二年前からはその天国ルートであったサイクリングロードから、
亀岡市や京北町、篠山方面に練習拠点を移したので嫌でも上りを避けることはできないので、
それなりには上っていますがきっと誰よりも上ってない気がします。
それではいけないので、これからは暫く上りメインのコースで練習することにしました。


【以下、チームメイトtaku君のぐーたらチャリ乗り日記を引用】


1周25kmのコース。
紅葉峠→日吉ダムというコースだがかなり良いコース。

何が良いかというと、
・10分以上のインナーに入る登坂、
・アウタートップ振り切る下り、
・アップダウンの連続して登り返しはダッシュしないとアベレージが稼げず、
・その後はビッグギアを回し続ける高速巡行区間と、
ロードレースに必要な要素が全て揃っているコース。
しかも信号にほぼほぼ引っかからない。

==========

このコースを、周回します。

普段からよく走るコースでしたが周回なんて一度もしたことはありませんでした。
新紅葉と旧紅葉峠と神吉峠のループを周回するという練習はしたことがありましたが、
上記のルートは下りは全て休憩していましたし。

チーム練習会のメニューである
・ミヤサン『亀岡〜美山3周=240km』
・ノンストップ八木周回120分
に次いで厳しいものになりますでしょうか?…




私はこのコースを自転車先生と一緒にレースで逃げていることを想定して走るとか、
単独なら『一時間』で走るという目標を立てて走るようにしました。
また、新紅葉峠の山頂と麓で合流すれば弱い人の底上げもできると思います。
もし私が新紅葉峠をtaku君に着いていければ、
先日、伊吹山ヒルクライムのショートコースを34分台で優勝した、
元オリンピック選手の唐見選手の背中が見える位置で走れることになります。
やっぱ唐見さんって凄い人なんですね〜…

いまのところ、チームの中ではそこそこ上れるtaku君やダイキさんに、
着いて行けるなんて到底思えないので只管悶絶させられる姿しか想像できませんが、
大嫌いだけど頑張ろうと思えるうちに努力してみようと思います。




先日、一人で周回してみた記録は、
一周目【1時間3分6秒】
二周目【1時間3分7秒】
二本目の新紅葉峠は一本目よりも1分遅かったので下りからペースを上げて、
最後のゴール地点まで必死でもがいて一本目に合わせにいってのタイムw



昨日は自転車先生と一緒に走りました。
新紅葉峠のトンネルで千切れて山頂で回収してもらい、
その後は上り返しで400wで悶絶し、下りで前に出され60km/h、
また上り返しで悶絶しながら400wと、書いているだけでも気持ち悪いw
平坦向い風は30km/hオーバーでゴリゴリと。一周目ゴール地点で【57分】
一周で出し切ってしまい二周目の新紅葉峠はヨレヨレでした…
新紅葉峠だけでみると現在より体重が3kg軽い二年前には、
今より3分速く上っていたのでそこまでは頑張ります。



練習を頑張った帰りにも、お花見に連れて行ってもらったのでその写真を…


image.jpeg


image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg


さてと、この新紅葉峠〜日吉の周回コース名前を考えなければ…。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする