2017年01月26日

八木周回3,5kmノンストップ90分★★★★★


image.jpeg

ようやく10日程前に降った雪が溶け、
路面がドライで走れる所ができた南丹市の八木周回練習へ。



道中、通称ガレリアおじさんに遭遇して立ち止まってご挨拶。
普段、自転車先生と一緒の時やLSDの時は擦れ違い際に手を振り合うだけなので、
年末年始のご挨拶を含め近況報告で10分ほど立ち話を。
おじさんは71歳だが元気にロードバイクを乗り回していて、
『あんまり若くないお春に負けれられん!打倒お春や。』
っと、有難いことにいつも私を目標に走ってくれている、
若くないは余計だが熱心に頑張っているそんなおじさん。

そんなおじさんが昨年は膝を故障してあまり走れなかったそうで、
年間走行距離12,000kmだと聞かされる。(十分やん)
年末から血尿が出てっというので、ゆっくり休んでくださいよ。
っと言っても私が走っているのを見ると『ワシもやっぱし頑張ろう〜』っと、
颯爽と消えて行った(血尿、血尿…病院行ってくださいよ)




image.jpeg

八木周回では、
『ノンストップ90分』を目標にした。

チームルパンの新年会で教えてもらった、
『腸腰筋ではなくてお尻とハムストリングスを使う』ことを意識して。

なかなか一人で同じ所をクルクルクルクル走るのはメンタル的にしんどいもの…
走り出して最初は3周回のセットにしようか?とか、
3周が過ぎると今度は5周回のセットにしようか?とか、
5周を過ぎると更に10周回のセットにしようか?…
ケイデンス重視、重いギア掛けて、ダンシング縛りとか…
メニューを組んでやりきった振りをする言い訳ばかり考えてしまう…


1セットのうちに何かメニューを組んで楽に走れる手段を考え出すが、
きっと自転車先生ならどう走れと言うかなっと一番しんどいと感じる、
ずっと決められたタイムを刻むというメニューを目標に90分。
ケイデンスを上げることや、重いギアやを踏むことは、
毎周回同じタイムを刻むには風向きに対してどう走るのか?
などを考えながら走ればその都度練習できること。


一時間経過すると集中力が増し、しっかり走れて90分走完了した。
終了して即、自転車先生が合流してくれるというので、
それまで走って待ってるように言われ、結局120分走完了w疲れた…
最終周は車で駆けつけてくれた自転車先生に後ろから追走されていたので、
向い風上り基調もしっかり踏んでいってたら誉められた〜。


image.jpeg
頑張ったご褒美に今季初、季節限定の『いちご大福』を買って、





image.jpeg

やっぱりコレコレここの苺大福が好き。
明日も頑張ろう〜

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
いつも応援クリックありがとうございます^^
posted by 桃春momoharu at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック