2017年05月06日

佐々里峠周回80km×2★★★★★


先週、近江さんにバイクペーサーをしてもらったコースを、
早速、チーム練習会でも走ってみました。
ルートは京北町にあるウッディー京北をスタートし、
〜美山の道の駅ふらっと
〜茅葺の里
〜5,5kmの佐々里峠
〜ウッディー京北がゴールになる約80kmの周回を

2周回w…ササ2?(佐々里峠2周回)

前回、1周回でそこそこシネルと言ってたのに何故に2周回も?!


image.jpeg

今回はGWとあって休みの都合が合うメンバーが7名集まった。

image.jpeg

前回にこのコースを自転車先生と一緒に走りこのコースのしんどさを知っている私は、
集まったメンバーの顔を見て(みんな強くなりたいんですね?)と含み笑いをしてしまう…


メニューは、二班に分かれて先行組と、
7分後にスタートした追走組とでゴールを競うというもの。


先行組(既に終っている組らしい)
前日にほぼノンストップビワイチをし既に脚が終っている自転車先生、
前日に八木周回でボロ雑巾化しているtaku君、
数年振りに実業団復帰をし集合場所までのR162の上りで既に出涸らしの上田さん

追走組(多分?元気もりもり組)
F井さん、
ナカータさん、
ダイキくん、




前回はウッディー京北から美山の道の駅まではパレードランでしたが、
今回はウッディー京北からレーススタートだと言うと、
前日に走り過ぎて脚が終っているので美山までパレードランをと嘆願する
taku君の意見が通り、美山の道の駅までパレードランでそこから本スタート。

『それでは、皆さんに頑張ってもらいましょうー』

私は、一周目はサポートカーの運転手です!



image.jpeg

美山の道の駅までは25km/hくらいで安全に気をつけながら走る。
私は車に予備ホイルや工具、水、補給食等を積載し追走組の後ろに待機し、
もしもの時に備えてサポートカーを走らせていました。

元気もりもり組みは3人で30秒くらいのローテーションで、
ゴリゴリゴリゴリと先行組を追いかける。
向い風のアップダウン区間は辛そうだが力強かった。

image.jpeg

佐々里峠に差し掛かると、上りの強いダイキさんを先頭に二人が続く。
少し遅れたF井さんもカーペーサーを断り自分で頑張ると言うので見守る。


image.jpeg

天気も良く、上りでは車を停めて撮影を楽しむ余裕さえある…


image.jpeg

佐々里峠にはまだ桜が咲いていましたよ…



image.jpeg

山頂に到着して記念撮影をする余裕も。


image.jpeg

二本目に自分が自転車で上って来たときには撮影する余裕なんてないだろうと、
取りあえず記念撮影を。



image.jpeg

山頂にはこんなに大きな木もあったんですね


image.jpeg

へ〜こんなにも桜が咲いていたなんて先週は気付いてなかった…


image.jpeg

佐々里峠を下り、前回大使くん達がこっそり自販機休憩をしていた場所を通過し、
先行組の様子を見に行くとゴールまで5km付近で追走組とは約1km差。
最後の下り基調から上り返しまでの皆の走る姿を見ているだけで熱くなれる。
何度も何度も水を飲む姿を見ていると必死感も伝わり、
だんだん気持ち悪くなってきて自分も一緒に走っている感を味わえたw


image.jpeg

一周目を走り終え廃人化した皆と昼食はたこ焼きを。
2周目に備えてみんなしっかりとお弁当を食べていました。


image.jpeg

さて、いよいよ私も走る2周目のスタートですが、
ウッディー京北から美山の道の駅まではダイキさんの先頭固定でパレードラン。


image.jpeg

終始とても丁寧で安定したペースで牽いてくれたので深見峠でも遅れることなく走れた。


image.jpeg

2周回目の車は自転車先生が運転してくれて(なぜに自撮り?)
私一人だけがカーペーサーをしてもらい、
私より3分遅れでtaku君とF井さんがスタートし、
その4分後にダイキさんと上田さんがスタートしゴールを狙う。
ナカータさんとはここでお別れ。



私の得て不得手を完璧に把握している自転車先生は、
私が得意な平地ではゴリゴリズンズン、
また私が苦手な上り返しでもペースを緩めずにゴリズンズンw
ゴールまでに出し切れるように高強度で走らされるが、
ずっと安全運転で走ってくれるので集中して走れ、
普段なら回しきれないパワーになっても脚がよく回り楽しかった。



佐々里峠の麓に37分で到着し、さーここから快調に牽いてもらおう!
もう、なんなら車に乗せてもらおうか?なんて考えはやはり甘く、
佐々里峠の麓から一人で行けと手を振られるwww…



image.jpeg

一周目の、みんなの佐々里峠の麓までのタイムが約40分だったので、
3分間のアドバンテージと3分前、追走組からは7分前にスタートしたのを計算し、
23分で上ることができれば山頂までに追いつかれずに済むかな?
と脚を回しながら頑張って上るが、前回近江さんに背中を押してもらった区間を、
一人で登るとこんなにも勾配を感じるんだw…
一人だと25分掛かり、後ろを振り返るとまだ誰も迫ってなかったので、


息を整えながら、GWで車も人もいたので慎重に下り始める。
前に四葉のクローバーマークの車がいて強目にブレーキを掛けた時に、
なにか異変を感じ直ぐに自転車を降りてタイヤを確認すると前輪がパンクw
停まった時の時間を確認してから丁度10分後に男子4人に抜かされた。


image.jpeg

そこから二分後くらいに自転車先生が運転する追走車がやってきて、
直ぐにホイルごと交換してもらい再スタート。
佐々里峠の下りは先行し、下りきってからペーサーを再開してもらう。
この前は向い風だったが今回はかなりの追い風で、
4名のパックとなった男子も速度を増しているだろう…



安全に走りつつゴリゴリズンズンと前を追いかける。
前半にしっかり脚を回せたせいか後半もよく脚が回りこりゃ楽しい。
得意な平地と後半に力が増してきてすごく楽しかった。


下り基調から上り基調になると容赦なくペースアップで、
ゴリゴリズンズンゴリズンズン、ゴリズンゴリズンゴリズンズン。
結局、みんなには逃げ切られて二分後にゴールだった…


私だけペーサーを使っての練習でみんなは自走で2周回。
負荷も疲れも練習内容は全然違うが、
ゴールを一番に目指すということに関しては同じで、
自転車先生も私を一番にゴールさせようとしてくれていたので、
私も最後まで諦めずに走ることができた。


一緒に練習してくれたみなさん、自転車先生ありがとうございました。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック