2017年06月07日

如何に少ない距離で標高を獲得するか★★★★★


『上りは登った分だけ速くなる』
と、以前に何度も言われたことがあり自分なりには上っているつもりで、
『上っても上っても全然速くなんてならないではないかッ』っと口答えすると、
『月間3000kmを三ヶ月走ったのと同じくらい上ったか?!』と問われた…


そこで、

このところずっと新紅葉峠~日吉ダム~八木~新紅葉峠、
という峠を含むアップダウンのあるコースを走っていましたが、
一周回の距離が25kmで新紅葉峠(3,6km/230mUP)を独りでそれを4周回すると、
新紅葉峠を上る為に他の区間で休もうとするので練習にならないという事で、

『如何に少ない距離で標高を獲得するか』というコースに変更されました。
要するに、『もっと上れ』ということですね…。


新紅葉峠3,6km(230m↑)×2本
日吉ダムの三段坂2km(150m↑)×2本
越畑峠周回(150m)×1本

これを最短距離でリピートすれば、

image.jpeg

『33kmで標高1000m獲得できる』
(ガレリアから新紅葉までの移動距離10km含む)

一日に1000m上るという目標を立てるとサボりそうなので、
『一日に1000m上ったら帰っても良し』という約束事を決めることにした。

1000m上れば今の私には距離は必要ないっと言われて喜んだが、
実践してみて言われていることがよく分かった…。
うんうん、1000m上った後の走行ときたらサイクリング以下だw…

そして、新紅葉峠は必ずいま出来る全力で、『タイムアタックで上ること』



image.jpeg

…。

…。

・・・・・、

・・・・・。


少しタイムが縮まってきた…

image.jpeg

また明日も来るね…。


そして翌日もまた、

image.jpeg

一日1000mアップ、新紅葉峠TT。



image.jpeg

最近は毎日青空が見えていたのにねずみ色の空…
寒がりの私は山へ行く時には、インナーシャツは長袖を着ています。



上っても上ってもどうしたら二年前のベストタイムが出せるのか分からない…
というブログを観て下さった小原さんから、『ギアが一枚軽いのでは?』
というアドバイスをもらい、いつもよりギアを一枚掛けて上ってみました…。

重くて重くて心折れそうになるのを我慢し、
ケイデンスが落ちそうになればダンシングで素早く対処して上る…
何度も何度も、独りでよくこんな事してるな~と泣けてくるが頑張るw


一つ目のトンネルの入り口でいつも出せなかったタイムが出ていたので、
トンネル内も休まずにダンシングで速度を上げていく…
トンネル出口も、二個目のトンネルの入り口、出口も好タイムが出ていたので頑張るw


image.jpeg

『やったーやった~』…
二年前のベストタイムまであと1分を切った。
少し光が見えてきた…
あぁ、美山ロードの時にこれぐらい上れていたらな…

『広島森林公園の三段坂は、日吉ダムの三段坂に似ている』っと私が言うと、
自転車先生は必ず、日吉の三段坂では強度が足りないと言っていましたが、
私もやっと日吉の三段坂が緩く感じるようになってきて不思議。
気がつけば、『あれ?もう頂上だ』っと思えるようになってきた。


image.jpeg

決して汗やヨダレではありません…


image.jpeg

『頑張ったはるね~』っと、
たこやき屋さんのおじさんがたこ焼き3個と、


image.jpeg

たこ焼きを間に挟んだ、



image.jpeg

たこ焼き煎餅をサービスしてくれました…

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは( ´ ▽ ` )ノ登りはケイデンスが低くならないようにダンシングで対処するのがいいんですね( ´ ▽ ` )ノ登り遅いから参考になります( ´ ▽ ` )ノ
Posted by atsushi at 2017年06月07日 19:15


>atsushiさん
上りに関しての色々な参考書や、雑誌でもヒルクライムの上り方などという特集が組まれたりもしていますよね。
ダンシングは全身運動になるからなるべくしないっという説を、
どこかで聞き、ずっとダンシングはしないようにしていたのですが、軽量な女子はシッティングだけではパワーが足りないのでは?
と言われ色々と試しています。
athushiさんも頑張ってくださいね(o^^o)
Posted by 桃春momoharu at 2017年06月08日 21:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック