2017年04月20日

岡山エンデューロ、【7時間男女混合優勝】【トロフェバラッキ優勝】★★★★★



image.jpeg

image.jpeg

先週はSNSではもう皆さんご存知、チームMOJYUMAのメンバーと、
岡山国際サーキットで開催されたエンデューロに参戦してきました。



結果は、


image.jpeg

トロフェバラッキ優勝




image.jpeg

7時間男女混合エンデューロ優勝




image.jpeg

一般レースは全力で楽しもうと、
ふざけたチーム名を付けたのは自転車先生なのですが、
私達のチームはレース開始序盤からずっと1位をキープしていたので、
MCからアナウンスで何度も読み上げられる『オッパシGカップ』…
『オッパシ』『オッパシ』って何十回言わせたことでしょうw…


image.jpeg

事前に優勝インタビューをするのは嫌だ嫌だと断っても許してくれず、
自転車先生の指示で私がマイクを握らされましたが、
『オッパシGカップ』には観客は大失笑でしたよ。ぷぷぷぷぷ…
マトリックスの安原監督がいらっしゃればきっと突っ込んでくれたに違いないwww



さてレースですが、
まず前日は、普段なかなか一緒に走れない兵庫県在住のチームメイトのお宅へ移動し、
一緒に走ろうと計画していましたが空は雨模様…
それでも何とか晴れ間が見えたうちに素敵なカフェに案内してもらいました。


image.jpeg



image.jpeg

自転車先生が注文したスペシャルなランチは、
お皿の大きさにも驚きましたがそのお皿に盛り付けられた、
三人前くらいのカレーピラフに、大きな唐揚げにコロッケ、サラダとテンコ盛り!!!


image.jpeg

私が注文したランチもアーモンドバタートーストに、



image.jpeg

オムレツかと思いきや、玉子の中からピラフが出てきてビックリ!
でも、炭水化物をモリモリ摂取して翌日のレースに備える…
もう胃袋には晩御飯を入れるスペースが無いくらい食べましたが、


image.jpeg

それから数時間後に買出しに行き簡単な物を作って食べる。


image.jpeg

私達のチームはチームメイトと寝食共にするという
仲間と一緒に過ごす時間も楽しみます…




そしていよいよエンデューロですが、

私は過去、ロードバイクに乗り始めて間もない頃に個人で5時間エンデューロと、
3人で10時間エンデューロの二回しか経験がないので、
エンデューロに関する戦略や知識はなく、

7時間を単純に、
自転車先生90分間、
taku君90分間、
コバさん90分間、
チュウ太君90分間、
私60分間、
男子は90分間、女子は60分間、
という大まかな時間配分での計算しかしていませんでしたが、


今回5名で7時間男女混合エンデューロに参加したメンバーのうち、
走力では一番頼りになる自転車先生はなんと今回が自転車暦20数年にして初参戦。
鈴鹿や播磨中央公園他でのエンデューロ参戦の経験が豊富なtaku君や、
岡山国際のエンデューロやブルベを走ったことのあるチュウ太くんに、
個人で10時間エンデューロを完走したことがあるというコバさんもいるので、
私としてはとても心強かった…。
女子が走らなければならない規定周回数は設けられていないので、
男子は全員一回で90分間に女子は60分間。
この作戦が予想以上に上手く行けば、
チーム最年長の私は1周だけ走れば良いんじゃないっ?!と、
余裕満々でいたのですが、が、が、がががががが、




そう、余裕満々のはずなのですが…、



image.jpeg

まず、第一走者はチームのエースである自転車先生から。



image.jpeg

スタート地点に並ぶ我がチームのエースは流石に余裕の表情。




image.jpeg

先導のマトリックスさん達の直ぐ後ろに並ぶことができたので、




image.jpeg

レースがスタートしてからの30分間くらいは、



image.jpeg

先導のマトリックスさんのトレインにツキイチで周回を重ねる…




image.jpeg

ホームストレートに戻ってくる集団はとても安定した走りで一見スローペースに見えますが、
綺麗に縦一列になっていて、速度はアベレージで43km/hは出ていました…


image.jpeg

コーナーワークも流石ですね〜。
予定通りの90分を難なくこなしてというよりも、
この後のトロフェバラッキのアップに上手い具合に当てられた様です。
交代のタイミングなどを上手く駆使してライバルと1周回の差をつけてくれました。



image.jpeg

エースの自転車先生が危なかったといえば、
借り物の自転車のブレーキが自分の物とは左右逆になっていて、
フロントブレーキを思い切り握ったつもりがリアブレーキで、
リアホイルをロックさせながらピットインしてきたことでしょうか…



image.jpeg


image.jpeg

計測チップの付いたリストバンドを取り外す人、取り付ける人、
次の出走者の後ろを押す人など、全員で協力して走者を安全に送り出す…
近くのピットではピットイン後に立ちゴケする人も頻繁に見られたので、
声を出し合い前後の安全を確保しつつスムーズに送りだす事も重要でした。


image.jpeg

普段、走ること自体には慣れていますが、
初めての経験や不慣れなことに緊張しました…


image.jpeg

そして第二走者はエンデューロの経験が豊富な『taku君』です…
taku君も自転車先生同様に90分間をトロフェバラッキのアップに当ててもらう予定でした。




先頭集団で安定して90分間走り続けていた自転車先生がピットインし、
その後、ダッシュでピットアウトし先頭集団の先頭に上手く乗れるところは流石のtaku君ですが、
走っていた他のチームの方に、『7時間ロードですか?』っと聞かれ、
本来なら私達は男女混合なので、『NO』と答えなければいけないところを、
『ロード』と『男女混合』を間違えて『Yes』と答えると、
そこから激しい戦いの振り落としが始まったそうで、
taku君が何度も何度もアタックに反応して先頭集団はバラけ始める…


image.jpeg

自転車先生とtaku君はトロフェバラッキにも参戦するため、
レース7時間のうち残り4時間はエンデューロを走れなくなるので、
残る3人で4時間を走りきらないといけなくなる。
その為に少しでもライバル二位との差を稼いでくれているのだと思い、
taku君の勇ましい走りに声援を送っていたのですがどうやら違ったようでして、


なんとここで、大誤算発生!!!

taku君が、ノルマ90分間のうち30分で交代要請してきた!!!

交代要請が早すぎてtaku君の走っている写真すら無いわ、
第三走者のコバさんが急いで準備して交代に備える…


image.jpeg

もう脚が攣りそうで危なかったというtaku君も無事にピットインし、
予定より時間は短かったもののライバルとの差を二周回まで稼いできてくれました。


image.jpeg

過去に一人で10時間エンデューロを完走したことがあるコバさんも、
本来なら90分間を走る予定でしたがそれに加え、
taku君の失態をできるだけ拭えるように頑張ってきてっと送り出す。
ピットアウトし7時間の先頭集団に無事に乗れたのですが、
三周回目には先頭集団を離脱し、4時間のクラスの先頭集団に乗ったりしながら、
ライバルとの二周回の差をキープしてくれていたのですが、
途中、4時間クラスが終了するためにピットが封鎖されてしまう、
その時間を読み違え60分足らずでピットインして来ちゃうー…


image.jpeg

第四走者はコバさんから、
エンデューロは得意そうなイメージのチュウ太君へとバトンが渡される。



image.jpeg

走力的に先頭集団には乗れないかもしれないけれど、
兎に角一人で走らずに集団を見つけて乗るようにと伝えて送り出す。



image.jpeg

彼は個人のレースではいつもとても緊張してしまうのですが、
今回のエンデューロはチーム戦であり、しかも1位でバトンを渡されることに、
責任を感じていつもより輪を掛けて緊張していたように思います…
その彼に私が送った言葉が、
『大丈夫よ。どれだけ緊張しても普段出来てないことは出来ないし、
兎に角頑張って走っておいで。
全力で走ってダメな時は誰かが何とかしてくれるからッ!。』


って、文字にして読むとなんだか人事ですね(笑)



それから次は私の順番だったのでウォーミングアップをしており、
一度目のチュウ太君の走りはあまり見れてないし、
どのタイミングでピットイン要請、またピットインを指示されたのか把握できていないが、
チュウ太君も60分くらいでピットイン。


男子は全員が一人90分間の予定が、

自転車先生以外は全員大誤算じゃわいっ!


image.jpeg

さて、いよいよ第五走者である私の出番ですが、
男性陣が一時間を走りきるのがやっとだったので、
私にはチーム監督から5周回を走るように指示される。
当初の予定では7時間のうちのゴールに向けた残り一時間を任されたはずでしたが、
私が走り出す時点で、『あとまだ3時間残ってますがぁぁぁぁぁ…』



image.jpeg

どうすんだよ、これ…はははw

自転車先生があと30分間くらい走ろうか?っと申し出てくれましたが、
taku君との優勝をかけた大事なトロフェバラッキがあるので遠慮してもらいました。




image.jpeg

コバさんがピットロードの安全確認をしてくれて、
自転車先生が計測チップをチュウ太君から取り外し私に取り付けてくれ、
taku君に背中を押してもらい、
監督にはカメラのシャッターを人一倍多く押してもらい、
みんなに見送られてコースへと出て行きました…。


image.jpeg

楽しそうだ…、


image.jpeg

残りあと3時間もあるというのに実に楽しそうだ…。



自転車先生に小さくてもいいから必ず後ろから来る集団を見つけて、
次々と乗り換えていくように。と言われ、

コースに出ると、
集団がいなーい!前にも後ろにも集団なんていなーいw



image.jpeg

で、自分から積極的に声をかけると殆どの方が一緒に走ってくれたので、




image.jpeg

一周目、二周目とどんどん声を掛けては誰かと一緒に走るようにした。



image.jpeg

がしかし、みんな直ぐにピットインしちゃったり、
突然ダッシュしてせっかく出来かけた集団を崩壊させちゃうので、



image.jpeg

そのままのペースを保つように声を掛け、みんなで行こうと誘導しながら、



image.jpeg

5周目にやっと固定メンバーでの集団になったので、
私は予定より一周多い6周回を走った。
一緒に走ってくださった皆さんありがとうございました。
私の反省点は集団を作ることは出来たけれどその集団のペースを上げ切れなかったこと。



image.jpeg

私が走り終えピットに戻ってくると、
トロフェバラッキに参戦する自転車先生とtaku君はスタート待機所に移動していて、
ピットには頼りになる二人の姿はありませんでした…



image.jpeg

チームから参戦した自転車先生とtaku君二人のトロフェバラッキは、
ファーストラップも4分45秒と、どのチームよりも速く、
全10周回は二位と1分40秒程の差をつけての完全優勝でした。



image.jpeg

2コーナーの下りから暫くその走る様子を見ていたのですが、
上り基調は上りが得意なtaku君が先頭を走り、
下り基調は下りが得意な自転車先生が先頭を走るという戦略と、
何といっても安定した走りには感動させられました。


『感動』できたというのもこの二人、
ここだけの話、taku君がチームに入部してきた頃は、
集団のペースは乱すは、真っ直ぐ走らないは、後ろの人の事なんて一切考えない走りで、
結構問題児だったんですよ…(ここだけの話ね)


誰にでも合わせられるあの自転車先生が、『アイツと走るとしんどいから嫌やねん!』
と、その証拠に当初はチーム練習会なんて一切開催されてませんでしたし。笑
トロフェバラッキを組むなら、普段ずっと一緒に走っている私が、
自転車先生の相手に選ばれていたんですよ…


それが、鈴鹿のチームTTを走るために自転車先生とtaku君が一緒に練習するようになり、
taku君に集団走行を教え、taku君の後ろにわざと遅い人をツキイチさせ、
その後ろの人を千切らない練習をさせたり、桃春ライドの先導役を任せたり、
一人で走る走力が十分にあったtaku君にとっては遅い人と一緒に走らなければならないという、
多大なる苦痛を感じていたのではないでしょうか?…


それが、今回自転車先生と息をピッタリ合わせて走る逞しい姿を見て、
嬉しかったし上りで自転車先生を牽く姿はとても頼もしかったし、
本当は、その席は私の特等席なんだよと妬けるほど感動しました…。



さて、話を7時間エンデューロに戻しますが、
トロフェバラッキが開催中も7時間エンデューロは継続中でして、
ここからが本当のエンデューロです。
残りの時間をコバさん、チュウ太君、私の3人でなんとかしないといけません…



image.jpeg

そしてバトンは、私から再びコバさんへ。


image.jpeg

コバさんは4時間の先頭集団に乗ったり、
マトリックスさんとローテーションしたりと、
なかなかの好走で一時間くらいを走ってくれました。

残り二時間を切った頃にはライバルとの差が、
1ラップに詰められたり、2ラップに開いたりを繰り返します。
ライバルチームからは、チーム内で一番遅い私を走らせろ〜という、
プレッシャーも掛けられます(笑)


image.jpeg

ライバルチームが普段、実業団レースでご一緒する方達で、
レース中はずっとプレッシャーの掛け合いが楽しめました…


image.jpeg

最後の1時間はチュウ太君に頑張っ来てと託しますが、
『最悪ピットインしても良いですか?…』っと子犬が怯えた様な顔で訴えてくるので、
一応、いつでも変われる準備はしとくけど私の方がタイムが遅いんだから、
自信を持って走っておいでっと送り出したのですが、
ゴールまで自分が一時間を走りきらないといけないというプレッシャーからか?
途中でピットインすれば私に怒られると思って怖かったのか?


私よりも遅いタイムで周回していてライバルにどんどん差を詰められたので、
ゴールまでの時間とラップタイムを計算し、
私としてはトロフェバラッキが終れば、自転車先生を投入するという、
最後の『鬼的切り札』があるっと思っていましたが、

監督から、『あいつ等二人はもう絶対無理やぞ。』と先に釘を差されてしまったので、
チュウ太君を3周回でピットインさせ、残りをコバさんと私で走りきる作戦に急遽変更しました。



チュウ太君がピットインしてきた時の、

『強制解雇ですか?!』っと言った怯えた顔が忘れられませんw…



しかし、そのチュウ太君を慰める時間もなくレースはいよいよ終盤です。
ここまで来たら落車やパンク等のトラブルに気をつけるように、
と祈る気持ちでコバさんを送り出した後、
私もヘルメットを被りシューズを履き代え、
何があってもいつでも交代できるように準備万端で待機しました。
コバさんからは、最後のピットが封鎖される前に交代要請がなかったので、

自転車先生とtaku君と、チュウ太君と、監督と、私と、
そして京都から160kmを自走で応援に来てくれたダイキさんと、
MOJYUMAのチームメイト全員で一緒にコバさんが無事にゴールするのを、
見守り、拍手で迎えました…。お疲れ様でした。


image.jpeg

また次回があれば、チーム数を増やしての参戦もしてみたいと思います。
今回、会場でご一緒してくださった皆様ありがとうございました。

そして、今回不甲斐無い走りだったとしきりに反省していたチュウ太君ですが、
まだ彼は自転車暦もレース暦も誰よりも浅い初心者です…
彼を反省させることになったのは私達チーム員の責任でもあると思います。
全力を出し切るのは本人次第ですが、
彼がその壁を乗り越える気持ちを持てるように、
また心折らずに走れるようにアドバイスしたり、自転車のポジションを改善したり、
今まで学んできた自転車に関する知識を、
また教えてもらった技術を後輩に伝授していくのは私達の責務だと思うので、
彼がMOJYUMAのチーム員である限り、
この先どれだけ走れるようになるのかを楽しみにチーム皆で、
改善、協力、そして私達も彼と一緒に切磋琢磨していきたいと思います…。


読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

上りで脚が回るのは嘘じゃないらしい★★★★★


昨日に引き続き本日も【上ってみよう練へ】
昨日脚がクルクルと回っていたのはポジションを見直したからではなくて、
たまたま調子が良かったからとか???
まぁ、どれだけ調子が良い日でも上りだけは絶望的だったので、
調子が良かったからではないのは自分が一番分かっているのですがねぇ…。


亀岡市から池尻の池の周りの桜を見てから旧紅葉峠を上ってみた。
序盤にある勾配13%の直線的な上りは普段ならダンシングしてしまうのですが、
まーまー脚が回るので座ったまま上りきる。

その後もクルクルクルクルと自分的には脚が回っていて、
いつもこれが出来なくてどっこいしょ〜どっこいしょ〜っと、
酷いときはケイデンス30rpmとかで上っていたので、
ケイデンス75〜80rpm位でクルクルクルクル回せるのが楽しい。
あらあら不思議…。スパートしたら90rpmも超えてくる。
自分比で楽しいだけであって人並みにはまだまだ遠いのでご心配なく。
なんせ私って、富士あざみヒルクライムを一般女子と争って負けた女ですってば。



image.jpeg

展望台の桜は既に葉桜でした…




image.jpeg







旧紅葉峠の後は日吉ダムのアップダウンを走り美山方面へ。
距離の短い神楽坂を上らずにタヌキ峠を選択している時点で普段の私じゃない。
まぁ一人なのでペースも遅いのでしょうが嫌々上っていないのが楽しい。
クルクルクルクル脚をどれだけ回せるかっと自分自身と対決したり…
あっという間に162号線に突き当たりユリベーカリーのパン屋さんへ。



冬の間は美山方面は雪が多くユリベーカリーへは訪れていなかったので、
ユリベーカリーのおじさんが『久し振りだね〜』と笑顔で出迎えてくれてお喋り。


image.jpeg

ほんのりハチミツの香りがするアンパンを食べ、
ずっと向い風だったのでもう引き返そうかと思ったが、
162号線を上り、深見峠を上って美山へ。



image.jpeg

美山での定点撮影は暴風で自転車が倒れてしまうので急いでシャッターを押す。



復路は暴風吹き荒れる向い風の中、えーんやこらと帰った。
流石に二日続けて上り三昧にするとお尻の筋肉が痛い…。
明日から岡山県への移動が楽しみ。岡山県の桜パトロールに参ります〜

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

ポジション改良で上りが激変★★★★★


この間からポジションを追求しています。
【−17℃、120mm】のステムを使ってから、
下ハンドルでのコーナーリングがとても曲がりやすくなったことから、
もしかしてもっと良いポジションが出るのでは?っと思った次第です…

体重を3kg増量させたことにより自分の中で一番解消したかった『後ろ加重』。
アタックへの反応が遅れるのは加齢による瞬発力の低下なのだと、
サーキットトレーニングに瞬発力を上げれるメニューをと、
取り入れてもらったこともありましたが、
どうやら自分だけのせいではなかったようだ…


またポジションを改め、今日は新紅葉を上ってから美山へ行くことに。
自転車先生からはお花見サイクリングで頑張り過ぎないようにっと言われたが、
新紅葉でここ最近の記録を1分20秒くらい縮めることができた…
いつもより脚が回り、速度も出てる。のに苦しいよりも楽しかった!


日吉ダムまで下りきりそのまま神楽坂を上って美山へ。
おや?いつも持続できない4倍が出続けてるぞ。
もう上りが楽しくてお花見どころじゃなくなりつつ美山に到着。



image.jpeg

美山の桜も満開でした…



image.jpeg

桜には青空が良く似合う…




image.jpeg

定点撮影も忘れずに…





ここでなんと、普段なら来た道を引き返すのですが、
上りが楽しかったので162号線の深見峠を上ってみることに…
いつもより脚が回るので速度も乗っていくし楽しい。
上りが好きだと思える人はこんな感覚で上っているのだろうか?…



いつも、頑張っても頑張ってもどれだけ頑張っても上れなかったのに、
今日の私はいつもとは別人でした…。
そして、あまりにも上りが楽しかったのでそのまま162号線を下らずに、
北桑田高校方面から日吉ダムへ出て、日吉ダムの三段坂を上って帰ることに。



『あ、あ、あ、ありえなーい!!!』…



どれだけ調子が良くても上りだけは、好きじゃないし大嫌いだし苦手だったのに、
熱でもあるのか?っと思われそうな勢いである。
日吉ダムの三段坂は広島森林公園の三段坂に似ているので、
ここが上れるようになれば少しは上りにも対応できると思うのですが、
普段は滅多に上りませんよ。平坦基調の八木から帰ります…


しかし、上ろうと思うときに上っておこうと上り始めると、
やはり普段より脚が回るし速度も出る。
いつもならなかなかやってこない山頂があっという間に見えた!



嬉しかったので、メカニックさんと自転車先生に、
『今日のお春さんの上りはやばかったです!』っと報告しておきました。


image.jpeg

七谷川の桜が益々満開で綺麗でした…



image.jpeg

この先は有料区間へは初めて入りましたが、
毎年、入り口だけで満足していたことが悔やまれるほど素晴らしい桜でした。




image.jpeg




image.jpeg




image.jpeg

桜は綺麗だったし、上りも楽しかったし、
いや〜今夜はいい夢がみれそうだー。

ポジショニングチェックには是非下記ショップもご利用ください。

サイクリストオアシスPEE’S
住所:京都市右京区梅津大縄場町6−30
電話番号:075−861−2333


\7500−から見てもらえます。
私のように身長の低い方や手が小さい女性でブレーキングに悩まれている方にも、
親切丁寧、面白い店長が相談にのってくれますよ。


読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 22:01| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

好きじゃないし大嫌いだし苦手だけど★★★★★


先週はまだ蕾だった桜の木が二日間程で一気に満開となりました。
自転車先生との練習会ではゆっくりお花見をさせてもらえないので、
練習会の待ち合わせ時間までに一人でお花見サイクリングをして来ました。


image.jpeg


image.jpeg

image.jpeg


この時季にしか味わえない桜並木を堪能できて良かった良かった…



いつも、自転車に乗ってて度々思うこと…それは。
突然目の前に現れる上り坂に『嫌ー!!!』と拒絶してしまうこと…
知っている人には分かると思いますが、
岐阜県で開催される平田クリテリウムのド平坦のコースには、
2コーナーから3コーナーまでの間に上り坂があるっと言っていた私ですw
そのくらい上り坂は好きじゃないし大嫌いだし苦手です。



京都の嵐山から木津川市まで平坦で片道40kmも続く『サイクリングロード』が、
自分にとってどれだけ天国ルートだと思っていたことか…
懐かしい話ですが、
サイクリングロードの淀にある13%10mの坂道が最大の難所でした。


でもしかし、全国を走っていて上り坂の無い道なんてありません。
二年前からはその天国ルートであったサイクリングロードから、
亀岡市や京北町、篠山方面に練習拠点を移したので嫌でも上りを避けることはできないので、
それなりには上っていますがきっと誰よりも上ってない気がします。
それではいけないので、これからは暫く上りメインのコースで練習することにしました。


【以下、チームメイトtaku君のぐーたらチャリ乗り日記を引用】


1周25kmのコース。
紅葉峠→日吉ダムというコースだがかなり良いコース。

何が良いかというと、
・10分以上のインナーに入る登坂、
・アウタートップ振り切る下り、
・アップダウンの連続して登り返しはダッシュしないとアベレージが稼げず、
・その後はビッグギアを回し続ける高速巡行区間と、
ロードレースに必要な要素が全て揃っているコース。
しかも信号にほぼほぼ引っかからない。

==========

このコースを、周回します。

普段からよく走るコースでしたが周回なんて一度もしたことはありませんでした。
新紅葉と旧紅葉峠と神吉峠のループを周回するという練習はしたことがありましたが、
上記のルートは下りは全て休憩していましたし。

チーム練習会のメニューである
・ミヤサン『亀岡〜美山3周=240km』
・ノンストップ八木周回120分
に次いで厳しいものになりますでしょうか?…




私はこのコースを自転車先生と一緒にレースで逃げていることを想定して走るとか、
単独なら『一時間』で走るという目標を立てて走るようにしました。
また、新紅葉峠の山頂と麓で合流すれば弱い人の底上げもできると思います。
もし私が新紅葉峠をtaku君に着いていければ、
先日、伊吹山ヒルクライムのショートコースを34分台で優勝した、
元オリンピック選手の唐見選手の背中が見える位置で走れることになります。
やっぱ唐見さんって凄い人なんですね〜…

いまのところ、チームの中ではそこそこ上れるtaku君やダイキさんに、
着いて行けるなんて到底思えないので只管悶絶させられる姿しか想像できませんが、
大嫌いだけど頑張ろうと思えるうちに努力してみようと思います。




先日、一人で周回してみた記録は、
一周目【1時間3分6秒】
二周目【1時間3分7秒】
二本目の新紅葉峠は一本目よりも1分遅かったので下りからペースを上げて、
最後のゴール地点まで必死でもがいて一本目に合わせにいってのタイムw



昨日は自転車先生と一緒に走りました。
新紅葉峠のトンネルで千切れて山頂で回収してもらい、
その後は上り返しで400wで悶絶し、下りで前に出され60km/h、
また上り返しで悶絶しながら400wと、書いているだけでも気持ち悪いw
平坦向い風は30km/hオーバーでゴリゴリと。一周目ゴール地点で【57分】
一周で出し切ってしまい二周目の新紅葉峠はヨレヨレでした…
新紅葉峠だけでみると現在より体重が3kg軽い二年前には、
今より3分速く上っていたのでそこまでは頑張ります。



練習を頑張った帰りにも、お花見に連れて行ってもらったのでその写真を…


image.jpeg


image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg


さてと、この新紅葉峠〜日吉の周回コース名前を考えなければ…。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

2017 二人だけのお誕生日ライド★★★★★



image.jpeg

生年月日が同じ『かずみんさん』と一緒に、
二人だけの『Happy Birthday ライド』に行って来ました。


行き先は、この時季にしか味わえない『お花見ライド』で兵庫県丹波市へ。


image.jpeg

(亀岡市に集合し出発すると全工程約270km)を目指す予定でしたが、
お天気も良くなかったので篠山市まで車載で行きそこから自転車で…。
そして、予定ルートは全無視で!!!




image.jpeg

篠山城跡の桜はほぼ満開で、




image.jpeg

目的だった桜を満喫…




image.jpeg




image.jpeg

でも、お天気が良ければ青空にピンク色の桜がもっと映えたかな…




image.jpeg

昼食は、かずみんさんお勧めの農道沿いにある蕎麦屋さんへ。





image.jpeg


image.jpeg

天ぷら蕎麦を味わい、




image.jpeg

予定していたルートを反れた時に偶然見つけた桜並木が物凄く綺麗で、




image.jpeg

桜のトンネルを走るのがとても気持ち良く、



image.jpeg

プチ撮影会開始…




image.jpeg



image.jpeg

YONEXの自転車と桜を撮影したり、





image.jpeg

まだ慣れない『自撮棒』での撮影は、




image.jpeg

肝心な桜が写ってなーい…





image.jpeg

最後には、最近オープンしたばかりのスフレケーキのお店で、
焼きたてフワフワのマロンスフレを食べてまいりました。




image.jpeg

自転車と桜の構図がかっこ良かったらしく、
インスタグラム用に載せてもいいですか?っと撮ってくださいました。




image.jpeg

普段、ゆっくりサイクリングする機会があまりないのでとっても楽しかったです。


また来年も一緒に行けるといーな。

image.jpeg

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

誕生日プレゼントに欲しい物を手に入れる女?!★★★★★


image.jpeg


image.jpeg


誕生日会の始まり…





誕生日の前日にチームMOJYUMAのトーク欄に、
『明日走ります。一緒に走れる方はどうぞ』というスレが立ったので、

『参加します!わたし明日誕生日な。』っとレスを返すと、

『プレゼントは超高負荷トレーニングで』っと言ってくれた彼…。



いやーん超高負荷トレーニングってドキドキするわぁ〜っ…


ドキドキがマックス最高潮。

脚をクルクル回し、クルクルからゴリゴリに変わり高速巡航〜


さー、




さーここからよっ!!!





image.jpeg


って、
50km/hの高速巡航で先頭交代して前に出てゆっくり加速させたら、
後ろに下がった彼ナカータさんは千切れていましたよー!!!…(おいっ!)

image.jpeg

超高負荷トレーニングに加え、



image.jpeg

お祝いしてもらってありがとぅ。




image.jpeg

普段乗っている同じサイズのフレームをTT仕様にしてもらったところ、
それが、ロード仕様よりTT仕様のポジションの方が乗りやすく、
メカニックさんに相談したところ、





image.jpeg

『これ、ちょーだいっ』ってtaku君の私物を誕生日プレゼントに強引にもらい、
これをロード仕様に取り付けてもらいました。ステムサイズ(120mm/−17℃)
私の身長ではハンドルとサドルの落差をつけ難いのですが、
このポジションが乗れるようになったのは筋肉肥大と体幹もついたのかな?




image.jpeg

いつも悪い癖が出るのは自分のせいだと気をつけて乗っていたのですが、
ポジションで解消されることもあるのですね。
一番驚くのは、私が口にする悩みを聞き、
それを解消できるポジションを計算して作ってくれるメカニックさんの凄さです!
またこれからの練習、レースが楽しみになりました。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

初めて【楕円リング】を使ってみる★★★★★


image.jpeg

今週末は大阪の舞洲でタイムトライアルがあるので、
サポートして頂いているYONEXのロードを使い、
TT仕様の物を組み立ててもらいました。

※楕円リングに関するご質問は下記へどうぞ
サイクルオアシスPEE’S
電話番号075-861-2333




今回の大きな変更点はチェーンリングが楕円になったこと。



最初に乗った印象はペダリングに違和感があり少々気持ち悪い…
頭の中のイメージで言うと、
いつものペダリングが○○○○○○○○○○○○に対して、
楕円リングはVVVVVVVVVVVVVV



ポジティブに考えるなら、
自分が苦手とする『踏む』ということを強制的にやらされる感じがして、
タイムトライアルには良いかも知れない…っと思いました。

が、普段効率を考えて踏まないペダリングを意識しているので、
これはいったいどこで休めばいいのだろ?…と思ったり。



そんなことを考えながらも楽しかったので、
桜並木へ桜パトロールに出かけましたが、



image.jpeg

まだ早かったようで、




image.jpeg

十月桜が咲いているのを見つけて、
周回練習でポジションを出して来ました…。




image.jpeg

暫く、ネオンカラーの物に嵌っていましたが、
ここに来て、『赤』がマイブームです…
自転車に乗り始めた頃に『とんぼメガネ』が流行らないのかな?
っと思っていましたが今になって来てるのかぃ?ぷぷぷ。


読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

先週末はチーム練習三昧★★★★★


この冬の間に筋肉肥大化に成功したようで?!
以前はチーム内のtaku君に見間違えられていましたが、
最近はコバビーさんに見間違えられています…キャー。
チーム内での、体の大きさランクでは下から3番目くらいでしょうか。
私の場合、体重を落とすことの方が容易いのですが、
落としたところでヒルクライマーの素質は皆無なので大きくなってみました!
体幹がヤバイです。笑






【金曜日】
四人で、最後尾からの変則ローテーションで美山へ。

image.jpeg



この、変則ローテーションは無駄に疲れて20km地点で心折れそうになる。
何とか堪えて40km地点のタヌキ峠の真ん中で遂に心折れる…
平地の限界値に比べると上りの限界値が低すぎるw




【土曜日】
暫く体調を崩していたtaku君が25kmの周回練習をしているというので、
激励するために途中合流を目的に一人で紅葉峠を上る。
冬場の紅葉峠には積雪があり上っていなかったので久し振りに上るとしんどくて、
しんどすぎてもうtaku君のことはほっといて途中で引き返そうかと何度か思うw
やっとこさっとこ上りきり日吉ダムまでの三段坂下り、
いつ背後からtaku君に見られても恥ずかしくないようにと、
一人ではなかなか出さない出力で頑張って走るが一向にtaku君は現れず…


そろそろ日吉ダムだしピットインしようかと気を抜いていたら、
スッと誰かに『こんにちは〜』っと紳士な声で真横ビタビタに付けられて怯えるw
あまりにも驚き体が硬直して真横に並んできたtaku君を無視してしまった。ははは。

日吉ダムからの帰りはもう脚がないと言ってたtaku君は、
指摘魔の私が後ろにいるので緊張していたのかどうだか知らないが、
向い風の中30km/hペースで前をずっと牽いてくれたので、
しんどい時こそが練習所だとtaku君の体調を心配しつつ、
心を鬼にしてずっと前を牽かせてあげました。ぷぷぷ。

image.jpeg







【日曜日】


image.jpeg

4人でタヌキ峠から162号線経由で美山へ。



image.jpeg


最後尾から左側変則2分間ローテーションで。
いつもは男子より少ない時間配分でローテーションをしていますが、
この日は男子と同時間の2分間の指示。

ガードレールと列車の隙間を擦り抜ける際に、
ブラケットを握ってみたり、下ハンドルを握ってみたり、
またダッシュしてみたり、ダンシングをしてみたりと色々想定しながら。



タヌキ峠では、二日前に千切れてしまった所よりも長く着いていこうと踏ん張るが、
taku君が先頭に出ると出力が4倍に上がる。苦しい。非常に苦しい。
前を行く他チームの方を見つけ、『あそこまで頑張ろう、あの人を抜いたら千切れよう』
と、そう心に決めて踏んで踏んでダンシングしながら頑張ると、

また少し前に他チームの方が出現するw…
『はぁ…、もう少しだけだからあの人抜くまで頑張ろう…』
先頭を牽くtaku君の強度も4倍一定から緩まないw
二人を抜き、もう絶対無理だから…っと思っていたらまたもう一人出現www

結局、列車から千切れずに3人抜いて登頂しその後の深見峠でも千切れなかった。
上りの速度はみんなにとってはゆっくりでも私にとっては新たな壁を越えたのよ。
上りでは私が最後尾になると諦めて即千切れてしまうので、
それを分かっている自転車先生が最後尾で常に監視見守ってくれる。
みんながいないと出来ない練習は有難い。


深見峠の下りは超高速ローテーションでしたが、
自転車先生に、私の平地での最高出力を出されて千切れるw
私だけ50Tのコンパクトだったしって言ったら自転車先生はインナーだったとかw
軽量級のといっちゃんも必死で脚をクルクル回していました。
下りはやはりDEBUが有利やーんっ…

美山に到着したら、この寒い中髪の毛が汗で絞れましたw


image.jpeg

復路で、ダイキさんと合流し高速域でのローテーション。
最後のスプリント区間までなんとか耐えたかったのに、
50km/hの列車の先頭を牽いた後、列車に乗った後即効で千切れてしまいましたw





image.jpeg


image.jpeg

最後は、久し振りに粉物三昧で〆…

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

2017 JBCF【岬町クリテリウム】二位★★★★★


【JBCF 第1回岬町クリテリウム】
開催日:2017年3月19日(日曜日)
開催地: 大阪府泉南郡岬町多奈川地区多目的公園内特設コース(1 周 3.2km)
天候:晴れ
距離:一周3.2km×8周回
スタート時刻:11:55
エントリー:10名
結果:2位

サポート協力:YONEX株式会社様、ウインクレル株式会社様、ワコールCW−X様
写真提供:MOJYUMA広報部




image.jpeg

今年は開幕二戦目にして早くも表彰台に立てました。




image.jpeg



表彰式でもMCに『なんと二連戦で二位』っとお褒めいただきましたが、
実は、この日の前日は栃木県の宇都宮クリテリウムに参戦していたので、
往復1300kmを移動して土曜日、日曜日の連日ニ連戦でした。
土曜日のレースが終わると直ぐに移動を開始し、
道中は自転車先生が殆ど運転してくれたお陰で、
帰宅して仮眠ニ時間でも疲れもなくレース会場に向かことができました。



image.jpeg

珍しくスタート前に笑顔が消えるw


image.jpeg

レース中の写真ですが私が写っていませんよね?
実はこの中に紛れているのですが、
今回監督に言われたことをしっかり守って走っています。
よーく見るとシューズの色で私を見つけられますよ。




image.jpeg

レースの展開は追い風でアタックする選手がいましたが決まらず、
向い風区間では前に出てローテーションにも加わり自分のペースで前を牽き、
ゴールスプリントに向けて極力脚をためていました。



エントリーメンバーから、あの選手に勝てば優勝できると思っていたので、
勝つ気持ちで走りましたがそこはやはり、
過去に私よりも何度も表彰台に立ったことのある相手選手の方が強かった…
タイムトライアルでも私よりもいつも走力が上である相手、
ゴールスプリントでも相手がトラブルを起こさない限り、
まだ一度も勝ったことのない相手だったので自分が勝つには、
ゴールが上りであろうと、いや自分が苦手な上りであるからこそ、
勝負する相手よりも先にスプリントをしかけるつもりだったのに、


image.jpeg


昨年はこのコースで残400mからスプリントが始まってしまい、
残り150mは垂れてしまったのを教訓に、
『ゴールスプリントは勝負相手以外がかけても我慢我慢』っと思っていましたが、
自分の前でスプリントを開始した選手が垂れてくるのを待ちすぎ、
結局、勝負する相手に一瞬の差で先行されそれを追う形になってしまいました…


レース後に、スプリントを残500m地点で観ていた監督とナカータさんには、
あの位置からだと5、6番手だと思われていて、
私がまさかニ位だったとはっと大変驚かれました…。
(ゴールが上りだったので、みんな私には無理だと思ってたよね?)



残200m地点辺りのピットで観ていたコバビーさんにも、
残150mくらいからめちゃくちゃ伸びて行ったと驚かれました。


自転車先生には、『勝てへんかったのか?』っと問いただされましたが、
差せると思って最後まで全力で踏みましたしゴール後に気持ち悪くて吐いてますし、
これ以上のスプリントはありませんでした。



image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



image.jpeg


image.jpeg



写真を見て思ったのですが位置取りと、
あとは、スプリントを仕掛けるタイミングだけだと思いました。
ゴールスプリントの写真は自転車先生には怖くて見せてないのですが、
きっとこれ見たら怒られるんだろうな〜…あぁぁ。



数々のゴールスプリントを経験しているあの自転車先生が、
なかなか勝てなくてゴールスプリントは本当に難しいと言うので、
きっとゴールスプリントで勝つということは簡単な事ではないのだと思います。



一応私も脚質はスプリンターだと言われているので、
逃げではなく、集団でのゴールスプリントで勝つことに憧れます…。
一つわかったことは、私のスプリントは後半いつもめちゃくちゃ伸びます。
自分でもびっくりするくらいグイグイ加速します。

これは、自分の脚質なのでしょうか?
それともYONEXのフレームの特性なのでしょうか?
それを踏まえてスプリントしていけば良いのでしょうね…。

今後のレースが楽しみですね〜頑張ります。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by 桃春momoharu at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

2017開幕戦【宇都宮クリテリウム】★★★★★


【JBCF開幕戦、第4回宇都宮クリテリウム】
開催日:2017年3月18日(土曜日)
開催地:栃木県宇都宮清原工業団地内
天候:晴れ
距離:一周3km×8周回
スタート時刻:11:30
エントリー:33名
結果:20位

サポート協力:YONEX株式会社様、ウインクレル株式会社様、ワコールCW−X様
写真提供:FABtroni+camera様、MOJYUMA広報部



2017年JBCFのレースシーズンの幕が開けました。




image.jpeg

自分のスタートよりもその少し前の時間に、
自転車先生のゴールスプリントを見ていて心臓がドキドキした私です。



image.jpeg

レースを終えた自転車先生が私のスタートを見送りに来てくれましたが、
ゴールスプリントで5位だった自転車先生はとても悔しそうでした。




image.jpeg

代わりに私が自転車先生の分まで頑張ってくるよっとそんな気持ちで挑みました。




image.jpeg

ポジション取りに注意しながら、




image.jpeg

アタックやコーナー開けのインターバルにも気をつけていて、





image.jpeg

調子は悪くなく、寧ろ余裕を持って前で走れることに自信を持てていました。
昨年の夏に体調を崩し不安になった時期もありましたが、
47歳のおばちゃんがまだ成長し続けていることに、
我ながらしぶといなっと感心していました…。



過去の宇都宮のレースでは死に物狂いで走っていたのに、
今まで練習してきたことを忠実に守り自分で考えながら走っていて、
沿道で大きな声援を送ってくれていたであろう、
自転車先生の檄が一切聞こえて来ないほど集中していました。


これはいける。今回は強豪勢とのゴールスプリントに持ち込める。
昨年はゴール前の落車で足止めを食らったので今回はついに。
その時が来た〜それしか考えてなかったのですが、
レースが残り2周回になった時にそれは突然起こりました…



パンク…心肺の…



単純にエネルギー切れでしょうか…w



image.jpeg

私の開幕戦は先頭集団でのゴールスプリントが出来ずに終ってしまいました…orz
エネルギー切れの原因はわかっているので今後は気をつけたいと思います。


応援してくださった皆様ありがとうございました。
今シーズンも頑張っていきますので宜しくお願いします〜。

読まれた後に↓ここをワンクリックしてくださると、
ランキングに反映されますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


posted by 桃春momoharu at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする